2020年12月20日

ノースライト(横山秀夫ドラマ2020)#2763

NHK 前後編

横山秀夫原作の建築士が主人公のドラマ。あえて南ではなく北側に窓を開けることで、暖かい光が差し込めるようにした家をめぐる物語。
主人公の西島秀俊は妻の宮沢りえと別れ、友人北村一輝の設計事務所で働いていた。そこにあなたが住みたい家を作ってくれという依頼人伊藤淳史が現れるが、完成後、その家には住まず姿を消してしまう。消えた住人を追って過去へと遡ると父親にまつわるエピソードが。

主人公が建築士として目覚めていくきっかけとなった依頼、建築士なのに自分の住みたい家を作っていなかった、これを後押しした別れた妻、そして謎の依頼人は、幼いころ主人公の父の死に関係があった。残されたタウトの椅子から、過去に迫る主人公だが、友人が亡くなってしまう。何人かのドラマがありつつ、最後は希望とともに終わる。

人間臭くていいドラマでした。
posted by 映画のせかいマスター at 08:41| Comment(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: