2021年01月10日

記憶にございません #2767

2019年 日本 127分 三谷幸喜映画

トランプみたいな悪態付きまくる支持率2%の総理大臣が石を投げつけられて記憶喪失に。普通のおとなしい人になって総理大臣を継続することに・・。個性的な大臣たちや、政治家取り巻きの人々が織りなすコメディ。こんなこと実際にあったら笑うのにな、ってのをことごとく写してて笑える。アロハで辞任会見する官房長官草刈正雄とか、総理にめちゃくちゃなことを言うキャスターの有働由美子がウケた。

途中からまともになった中井貴一総理は、理想的な総理に見えるが、そこから敵陣営の攻撃が始まる。ピンチを素直な表現で交わし、最大の敵のスナイパー、、なんとゴム銃で(笑)料理人に斉藤由貴とか、野党党首に吉田羊とか豪華助演陣も飽きさせない。

途中からのまともっぷりが正統派ドラマ過ぎて、もっとハチャメチャなコメディでも良かったような。何も知らない中井貴一がテキトーに言った言葉が実は的を得てるとか、マジックアワーhttp://eiganosekai.seesaa.net/article/120669595.html みたいな感じで。
posted by 映画のせかいマスター at 08:36| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: