2021年01月10日

パラサイト 半地下の家族 #2768

2019年 韓国 132分 アカデミー賞作品賞

半地下とは韓国ソウルにある貧困住宅のことらしい。そこに住む4人の家族、それぞれ能力はあるが仕事がなく学校にも行けていない。友達から紹介されたセレブ一家の家庭教師で長男が高台の家に入り込み、一家の息子の美術教師として妹を紹介、次々に家に取り入っていく。運転手を首にさせ、父が紹介され、家政婦が首にされて母が、、、。こうしてすっかり入れ替わっていくっていうミステリーなんだとばかり思っていたら、まさかの急展開が。

一家がキャンプに行った隙きに、みんなで酒盛りしていたら、首にした家政婦がやってきた。地下室に忘れ物をしたと言う。しかし地下室で見たものは・・!!

そこからなにがなんだかの急展開。セレブ一家に存在がバレるかばれないかっていうスリルを楽しむ間もなく、ラストまで一気に進んでいく。

こんな映画(失礼)がアカデミー作品賞なんて!と、最初は思ったが、いろいろ考察サイト見てると、カメラワークがセレブと貧困を分けるような上と下に区別するようになってたり、伏線っぽい物が写ってたり、なかなか見どころ十分だった。なにせパワーありすぎ!
posted by 映画のせかいマスター at 15:38| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: