2007年07月23日

ロッキーホラーショー #922

1975年 アメリカ 99分

センスがあるといいたくないけど、やっぱり凄い。現代の文化のほとんどはこの映画から発祥したんじゃないかと思うくらい。もともとミュージカルでそれなりの実績があったにもかかわらず、映画は低予算で作り上げ、最初の評価は低かったらしいのだが、カルトな人気が続き、現在もなお評価を受け続けているという凄い映画だ。Wikipediaによると、「コスプレをした観客が週末ごとに集まり、映画を見ながら全員でお約束のツッコミを叫けんだり、紙吹雪や米をまき散らすといった、パーティ形式の上映が定着した。」ということだそうで、映画のノリをそのまま楽しもうとする最初の一人の客がこの映画の評価を一気に変えちゃったんだと思う。キャラクターデザイン、色彩、設定、驚きの連続!見ればきっと自分の中の何かがはじけそう!

posted by 映画のせかいマスター at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック