2007年08月04日

30デイズ 第2シリーズ第5話  #935

無神論者が敬虔なキリスト教徒の家で過ごす30日間。前回の中絶もそうだけど、近代になって改めて生じた問題(というか考え方の違い)だろう。私は今回もまた特に自分の意見を持ってなく、最初はあまり無神論者で「個」に入り込むのもどうかなあ、という平凡な感想程度でした。

でも今回の台風や地震などで被害に遭ったりすると、なぜ自分だけが・・という気持ちになるだろうし、心のよりどころ、落ち着けどころを神に求めてしまうんじゃないかと思う。無神論者はその分強くないといけないし、物の豊富な現代に敢えて強く生きようとするというのは、これまでの共同体的な社会に対するアンチテーゼなんじゃないかと思う。

アメリカではあまり市民権が得られていないそうなのだが、そこまでしてでも、新たな価値観を身につけたい、今までの体質から脱却したいという表れではなかろうか。時代の変化に敏感な先駆的な人びとなのかもしれない。

どっちつかずの私にはある種憧れる反面、このままずっと行けるのだろうか?「死」に直面した時、現実を受け入れられる強さをも持っているのだろうか、、などと考えた。
posted by 映画のせかいマスター at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | モーガン・スパーロック監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック