2007年08月20日

輪廻 #949

優香と香里奈が主演でそれぞれのパートに分かれてる。二人をつなぐのはかつて無差別大量殺人が起きたホテル。その事件を題材にした劇中映画の出演者が優香で、なぜか行ったことも無いそのホテルの夢を見るのが香里奈。どちらも事件となんらかの関係がありそう。

で、優香が(劇中映画の)オーディションに出てた際に、前世の記憶が残ってると言ってた不思議ちゃんが香里奈に急接近。端役なので、殺されそうという予想はすぐに的中!最初の犠牲者となる。

自分の夢と事件のかかわりに気付いた香里奈は事件を追ううちに、そして優香は映画の撮影が進むうちに、世にもおぞましい光景を眼にすることになる・・。

呪怨でよくみた一部の出演者と観客にのみ写る子どもとか、ゾンビ化する人びととか、随所に怖い演出があって、「呪怨」にも劣らない怖さだ。

が、そもそも「何故」そうなったとか、恐怖の原因となるべく理由がほとんど語られてない映画でした。「輪廻」なんでまあそういうことなんでしょうけどね。「リング」におけるビデオテープのようなスイッチ点火の仕掛けがあったほうがスッキリするように思うけど。


呪怨 #3
The Juon/呪怨 #565
posted by 映画のせかいマスター at 06:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

輪廻
Excerpt: [[attached(1,left)]]   '''スタンリー・キューブリック監督の「シャイニング」'''のオマージュ? 其れはさておき..
Weblog: 入ル人ラ
Tracked: 2007-10-14 18:23