2005年07月19日

ケーブル・ガイ #389

1996年 アメリカ 96分

サイコ・ムービーってことだったけど、これはコメディですね。しかもジム・キャリー全開バリバリの。

ケーブルTVの取り付け人がストーカーっぽくなっちゃって、付きまとってくる雰囲気は確かに怖いところもあるが、いつもの調子で暴れまわるジム・キャリーを見てると、やっぱりおかしい。髪形が変わってホラーモードって感じではあるけど、あの動きを封印しなくちゃ、ホラー向きじゃないかも・・(笑)

で、そのジムキャリーを動かしているのが、監督であるベン・スティラー。ストーリー的には自分が主演しててもオッケーなんだろうけど、そこを敢えてジム・キャリーってところが思い切ってていいですね。本人もしっかり出演してます。


posted by 映画のせかいマスター at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

この映画は観ていないのですが、
あまりあたらなかったみたいですね。
その反動が、ズーランダーで大爆発!
みたいなことを雑誌の記事で読みましたよ。
なんでも役者は副業なんだとか。

ベンといえばドッジボール、DVDそろそろですね。
たのしみです。
Posted by Jun at 2005年07月22日 23:39
Junさんどうも〜!
ベンスティーラーの本業って何?もしかして映画監督でしょうか^^
新作も順調で、これからもどんどんくだらない映画を作って欲しいものですね。ん?

では〜!
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年07月23日 08:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック