2007年08月30日

告訴せず #960

1975年 日本 90分

松本清張原作作品。選挙の裏金を持ち逃げしちゃった冴えない中年が、そのカネを元に小豆先物で一山当てる。新たな恋人も出来て万事うまく行くかに思えたが、選挙陣営が追ってくる悪夢からは逃れられない。そして彼もまた金を奪われてしまうが、元のカネの出所が出所だけに告訴も出来ない。そう、彼が告訴されなかったように・・。

青島幸夫の出演作はTVの意地悪ばあさんしかなかったんだけど、映画を初鑑賞。飄々としててなかなかいいですね。もっと表に出ててもよかったのに。社長シリーズとか。この役にもぴったり合ってる。

あと、当時の先物市場の雰囲気が出てて面白かった。モーテルが儲かるから、と経営に乗り出す婦人、何十年かたった現在はラブホファンドが流行してるから、あまり変わってないですね(笑)

登場人物が裏で繋がってて、最後に主人公が。。という点も松本清張っぽい設定で面白かったです。この映画、作られてることすら知らなかった。

posted by 映画のせかいマスター at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック