2007年09月14日

天国と地獄(TVドラマ07) #974

黒澤明の名作が2007年、ドラマで復活。かつて急行で現金の受け渡しをした路線には当時は新幹線が走ってなかったり、殺された共犯者の社会的な問題が現代ではそぐわなかったりしていたんで、スルーされた部分もあったわけだけど、その分オリジナルの厚みを感じました。

今では普通、とも言えなくも無くなってしまった展開だけど、TVドラマで見るといい面も悪い面もあって、ちょっと軽く感じてしまったのは残念。仲代さんの役を阿部寛がやってたけど、なんか薄い。犯人役の妻夫木聡はそれなりだったけど、出番がラストに集約されてるから、前半を引っ張っていく展開がもうちょっとあったらよかったと思う。が、オリジナルのそれと比べるのは無理があるかも。なんと言っても不朽の名作ですから!
posted by 映画のせかいマスター at 08:38| Comment(2) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も観ました〜。
改めて、おもしろい話しだなぁって
オリジナルのすごさを実感しました。
今作は妻夫木くんがこぎれい過ぎて、
犯行動機が今ひとつ伝わってこなかったのが一番の残念(*_*)
Posted by 奈緒子 at 2007年09月14日 14:59
私も同じような感想でした。登場人物同士のつながりがなんだか希薄に感じてしまいました。妻夫木は犯人役は合わないかもですね^^
Posted by 映画のせかいマスター at 2007年09月16日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

天国と地獄
Excerpt: 先日、テレ朝でリメイクドラマを放送していました。 映画版はだいぶ前に観たきりだったけど、 映画版も、素晴らしかったから、ついドラマも観ちゃいました。 犯人役の妻夫木くんが残念(*_*) 丘の上の被害..
Weblog: まるっと映画話
Tracked: 2007-09-14 14:53