2007年10月08日

めぐり逢い #996

1957年 アメリカ 

1939年の『邂逅(めぐりあい)』のリメイク。めぐり逢えたら #15 を見たときに、妙に物分りの良い婚約者、重なる偶然へ違和感を感じたんだけど、この映画を見てたら当然の展開と思えたんだろうなあ。エンパイヤ・ステート・ビルの使い方も良かった。ああ、あのリメイク良かったなー。

と、しみじみ思うんで、この映画も良かったんだろう。船で出会い、フランスに5時間寄港してる間に、母親と会って愛が深まっていくなんて、現代のスピードではありえない気もするが、ゆったりとした船旅も良いなと見直しましたよ。

ケーリー・グラントとデボラ・カーも素敵!

posted by 映画のせかいマスター at 06:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2年前に、数十年ぶりに見た後書いた記事、名前にリンクさせました。

>ケーリー・グラントとデボラ・カーも素敵!

子供心にも、素敵なカップルだなぁと思いましたが、結構なお年だったんですよね、二人とも。
でも、好きな映画です。

それから、お知らせですが、この度ブログ名を「:::テアトル十瑠:::」に変更しました。
中身は相変わらずですが、今後ともよろしくです♪
Posted by 十瑠 at 2007年10月08日 17:35
どうも!なるほど、53歳ですね。
プロレスで言えば天竜が若手の胸を貸す、ってところでしょうか。あ、脱線すみません。

本当はこういう不倫っぽいのは好きではないのですが、テンポや雰囲気が良くって、つい見ちゃいました。

では〜!
Posted by 映画のせかいマスター at 2007年10月09日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック