2007年10月31日

新・夫婦善哉 #1019

1963年 日本 

8年ぶりの続編が復活。今回もまたおばはんと呼ばれる淡島千景と森繁久弥のコンビ。この設定じゃないと続編じゃないでしょう。8年経ってるけどキャストもほとんど同じ。現代じゃ考えられないですね。すっかり中年になっちゃって、娘は縁談が来るくらい大きくなった。それでもやっぱり森繁の女癖の悪さは直らなくて、淡路恵子と東京で暮らす。

この続編の設定、妙です。うまい。いかにも8年経ったらこうなってそう。「旦那芸」とも言われる?楽しみ、こういう問屋も現在は少なくなっただろうし、ボンボンも見なくなっちゃった。古きよき時代です。
それでも森繁さんだからこそ現代に見ても古さを感じない。

森繁久彌
posted by 映画のせかいマスター at 05:35| Comment(0) | TrackBack(1) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

三発ヤってきた(笑) 
Excerpt: ツレに教えてもらったんだけど、マジでハメれまくって報酬もらえる(笑) 昨日は一発4まんもらってきた(笑)
Weblog: サカモト武
Tracked: 2007-11-01 01:07