2007年11月10日

帰らざる日々 #1029

1978年 日本 100分

中岡京平の第三回城戸賞受賞作「夏の栄光」の映画化で、フォーク・ムービーの第3弾。アリスの「帰らざる日々」が思い浮かばない方は♪バイバイバイ私のあなた〜っていうバイバイバイがたくさん出てくる歌を思い出してくださいね。アリスの声は素晴らしく美しい。

父の葬儀に向かう列車の中で偶然高校の同級生に出会う。そこで当時を回想。高校三年生の淡い恋や、ライバルの存在、初体験、社会との遭遇、大人たちの中で弄ばれながら過ごす「帰らざる日々」。

永島敏行って濃いイメージがあってあまり好きじゃなかったんだけど、この作品見てちょっと変わった。高校生役、似合います。

ヤクザと知り合いになったり、自殺死体と遭遇したり、憧れの女性が妻子あるプレイボーイ(中尾彬)に持っていかれちゃったり、かつてのクラスメイトと良い仲になったけど、うまくいかなかったり、ほろ苦い青春がたくさん詰まってる。藤田監督の中ではかなり正統派の作品では??

posted by 映画のせかいマスター at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック