2007年11月19日

16ブロック #1038

2006年 アメリカ 102分

ブルースウィルス主演のアクション。いつの間にかおいちゃんになっちゃったなー。最初の冴えない役のシーンはすっかり老けて誰だかわかんなかった。

しかし最近こういう警察の悪事を追う映画多いっす。どこまで現実的なのかわからないけれども、正と悪の見かたがこんがらがってきちゃう。・・で、その考えで行けばウィルスに護送される囚人のモス・デフが良い奴なのか悪い奴なのか、そこでまず頭をぐるぐるさせる。で、刑事のはずのBウィルスが良い奴なのか悪い奴なのか、これもまた怪しみながら見るんだけど、どうやら二人とも良い奴のようだ。ほっ!

とするのもつかの間。

アクションは止まらない。そしてさっきの「ほっ」を覆すような事実が判明。正は悪だった?悪になっちゃう??ラストに向けて正義への戦いは続く〜!

たまにはハリウッドのアクション映画も見なくっちゃと思い直した一本。

posted by 映画のせかいマスター at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック