2005年09月15日

イージーライダー #438

1969年 アメリカ 95分

若者の無気力化・無軌道化、人種差別、ドラッグ、など当時のアメリカを風刺した「アメリカン・ニューシネマ」。主題歌の“born to be wild"に乗って広大な大自然をバイクで滑走する2人の姿がかっこ良い。

さすがにこれほどの名画になると繰り返し見て、見るたびに新たな発見があった!とか、最初に見たとき見えなかったものが見えてきた。というような意見を目にする。が、今回の私は全く逆。ああいう旅に憧れて行く先々でいろんな特異な経験をする、ということにワクワクしてた頃は、あの展開もあの映像も非常に興味深かった。ところが旅なんてすっかり現実感のなくなってしまった現在は、なぜかあまりピンと来なくなってしまった。あくまでも非日常の世界であり、現実に起こっていることであってもTVから見ると現実感がないといった情報化社会の弊害がここにもあらわれているのだろうか??否、私自身にピュアな心がなくなってしまったのだろう。ちょっと自分を省みる95分となってしまった。


posted by 映画のせかいマスター at 06:03| Comment(4) | TrackBack(1) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、Jannitaです。
この映画でジャック・ニコルソンがウイスキーをグビリとやり、「キクぜ〜!!」って感じで腕を脇に「ニッ!、ニッ!」ってやる場面がありましたね。
あのシーンだけやたら印象に残ってます。(笑)
ジャックは何歳の映像を見てもあの顔なんでいつもすごいインパクト感じます。
Posted by Jannita at 2005年09月15日 23:01
Jannitaさん、コメントありがとうございます。
文中中身には触れませんでしたが、ジャック・ニコルソンの怪人ぶりはここでも発揮されていましたね。UFOの話はさておき、凄い人には違いありません。
では=!
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年09月16日 06:54
4月に35年ぶりに観てました。

『上の空で観てしまった』ようですね。私は楽しめましたよ〜。
TBしました。
Posted by 十瑠 at 2005年09月16日 19:42
十瑠さん。コメントありがとうございます。
バレバレですね〜。本編より初めて見たあの頃はこうだったな〜なんてことを考えながら見てました。記憶にある部分は早送りしたりなんかして・・^^;
いろんな楽しみ方があるものですね。
それにしても35年ぶりですか。十瑠さんって渋い大人ですよねえ。身の周りのその辺らしき年代の方々は十瑠さんのような記事を書くとは思い当たりません。今後ともよろしくお願いします。
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年09月17日 07:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

イージー・ライダー
Excerpt: (1969/デニス・ホッパー監督/ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン)  「さすらいのカウボーイ(1971)」を観たら、その原点とも言うべきコチラを観たくなりました。なにせ、..
Weblog: ::: SCREEN :::
Tracked: 2005-09-16 19:35