2007年11月30日

7月24日通りのクリスマス #1048

2006年 日本 

電車男のスタッフが送る実質第2弾的な映画。電車男のマドンナ中谷美紀が今度は眼鏡のオタク風の冴えない女性となって憧れの王子様に接近!

化ける女は数多くいると思うが、中谷美紀は美女も醜女も使い分けられるオールラウンドプレーヤー。絶対化けそうと思っちゃうところが逆にマイナス。しかーし、ギャグも展開もあまりにベタすぎて前半で疲れる。劇団ひとりイラネー。

だけどもだっけど(小島よしお風)。ベタな中にロマンがあって後半少しずつそれが活きてくる。佐藤隆太の役どころとか。上野樹里とか。こういう路線はまだ続いて作られるんだろーなー。

posted by 映画のせかいマスター at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック