2007年12月07日

地下鉄(メトロ)に乗って #1053

2006年 日本 

浅田次郎原作作品の映画って多いですねー。映画化率高い!この映画はタイムトラベルもので、最後はほろっとくる作者お得意の展開。

個人的には堤真一の大人っぷりがよかったです。仲たがいして戸籍も抜いて病床に臥している父親の見舞いにも行かなかった次男の役で、父親を慕うシーンがあるんだけれども、その自分もいい大人で、この時ばかりは子どもだなあーというところを感じさせないところがgood!でも最後にちゃんと父親に・・・するんですよねえ。大人はこうでなくっちゃ。

浅田次郎の小説は不倫肯定的で、妻よりも恋人の方と幸せになることが多いんだけども、この映画は運命のいたずらが判明してちょっとつらいラストになります。岡本綾さんもいい感じで大人役ができるようになりましたねえ。

浅田映画、これからもバンバン増えそうなんで期待してます。

浅田次郎原作映画
posted by 映画のせかいマスター at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック