2005年09月25日

「仁義なき戦い」と「ダイナマイトどんどん」

先に見てしまったので気付かなかったが、岡本喜八監督の「ダイナマイトどんどん」はヤクザシリーズ全般の最高のパロディ作である。こと「仁義なき戦い」を見ても、キャスティングといいキャラクター設定といい、あのキャストが・・!という出かたをしている。

まずは主演の菅原文太。ダイナマイト〜ではちょっとズッコケの役である。広能の面影は・・無い。そしてライバルが北大路欣也。にくい演出だ。
さらにトーナメント1回戦の敵のピッチャーが田中邦衛、ここもしっかりと溜飲を下げられる。組長が金子信夫、ここでもコミカル。

絶対ペアで見て欲しい。

ダイナマイトどんどん #377
仁義なき戦いシリーズ

深作欣二
岡本喜八監督
posted by 映画のせかいマスター at 19:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 仁義なき戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

トリビアの泉:ヤクザシリーズと正岡子規
Excerpt: ↑拙作です↑1. トリビアの泉:ヤクザシリーズと正岡子規 トリビアの泉で取り上げられたのは、以下の通り:・「ブーム」の語源は蜂の「ブンブン」という羽の音 OxfordDictionaryに載っている。..
Weblog: メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
Tracked: 2005-09-29 16:16