2007年12月28日

大坂城物語 #1072

1961年 日本 95分

丁度大阪城に観光に行ったばかりだったんでグッドタイミング。ロケかセットかわからないけど、城下町の風景は見事だった。川や橋、最後に壊されちゃうんだけど、お金かかったんだろうなあ。

基礎知識がなくて歴史モノは苦手なんだけど、ちょっと調べてみようって気になった。江戸幕府後も大阪城で豊臣家が栄えてたことすら知らなかったからなあ。外国船との取引や、鉄砲の伝来、大阪商人のめざとい商売、そして市川猿之介がやってた忍者とか結構ごちゃまぜにいろんな人が出てくるんですねえ。

また戦いのシーンのあのだだっぴろい野原は現代の日本ではもう存在しないのかも。燃えそうだった大坂城といいどうやって撮ったのかな。歴史モノは懲りずに追っていきます。時代ごとの映画年表にしたいなー。

三船敏郎
posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック