2007年12月31日

風林火山 #1075

1969年 日本 165分

中学校の時の運動会の騎馬戦で風林火山の旗を振っていたことは覚えているけど、歴史的な背景はほとんど知らないまま見てしまった歴史オンチです。NHKの大河ドラマにもなった同じ原作の作品ですが、大河ドラマも生まれてこの方一度も見たことが無いっす・・。ボケたことを書いていたらすみません。

三船敏郎演じる主人公の山本勘助は武田信玄に仕える参謀役。架空の人物という説もあるらしい。武田の勢力を拡大すべく、甲斐の国から信濃へと攻め入っている。

娘由布姫(佐久間良子)を想っているようだが、立場上手を付けるわけにはいかなかった?のか、思いを口に出すことなく、由布姫は若くして亡くなってしまう。

最後はおなじみの川中島の戦い、イコール勘助の死である。上杉謙信(石原裕次郎)は1万3000、信玄も2万の兵を率いて対峙する。数日に渡って緊迫した状態だったが、勘助の献策の失敗によって全軍崩壊の危機に陥ってしまう。責任を感じ死を決意して、敵中に突入、周りから矢を撃たれて壮絶な死を遂げる。

原作の良さもあるだろうが、大作に仕上がってた。

三船敏郎
posted by 映画のせかいマスター at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック