2008年01月03日

悪魔の手毬唄 #1078

1977年 日本 

市川崑監督

の横溝正史シリーズで唯一未見だった作品をようやく見れた〜。リンク先のイエローストーンさんオススメの意味が分かりました。

一番印象的なのは風景。金田一が鬼首村を歩いて移動する時のカットとか美しい!それから見立て殺人。死体も怖い。そりゃ最近のCGなどに比べたら劣るけど、手作りの良さを感じる。小さい頃見てたらトラウマ必至!^^手毬唄に見立てた殺人もまた本格推理っぽくて面白い。手毬唄に合わせた老舗のお店が存在してるってのも昭和20年代の田舎の村を象徴してて興味深いです。

そして磯川警部。若山富三郎の刑事役は飢餓海峡みたい。
飢餓海峡(ドラマ1-4話) #990
飢餓海峡(ドラマ5-8話) #991
警部の想いがこの映画のもう一つのテーマでもあるのだが、主役を食う活躍。相手の岸恵子もお美しい。もちろん加藤武さんも立花警部役でしっかり出てます。

さらにおなじみメンバーや「光GENJIへ」の北公次などキャストも豪華でした。1961年版はかなりストーリー端折ってましたねえ。

横溝正史映画
市川崑監督
悪魔の手毬唄(1961) #138
posted by 映画のせかいマスター at 06:34| Comment(2) | TrackBack(1) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございま〜す。
『まるっと』の奈緒子です(*^_^*)

岸恵子さんは本当におきれいですよね〜。
ライフスタイルも含めて憧れの女性です!

私は、ここのところ都合によりしばらくお休みしていたんですが
ニューパソと共に戻ってまいりました。
でも、ブログのほうは
もうしばらくお休みしようと思っています。
ホームグラウンドはなくなりましたが、
外野から、やいのやいのと遊びに来ようと思いますので、
本年もどうぞよろしくお願いします♪
Posted by 奈緒子 at 2008年01月09日 19:13
奈緒子さんコメントありがとうございます。ブログ閉じちゃったんですね。ま、いろいろありますからねえ。私も今年は眼を労わらないといけないんで、少し更新を考えようと思っています。まずはCSを1月で辞めることにしました。ここも時々更新にしなければ・・。

さて、岸恵子さん、やっぱりいいですねー。寅さんのマドンナの時はそこまで感じなかったんですが、この映画は特に・・!
Posted by 映画のせかいマスター at 2008年01月10日 06:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『悪魔の手毬唄』(1977)
Excerpt: 市川崑(監督)&石坂浩二(主演)コンビで作られた<金田一耕助シリーズ>の2作目になります。 前作『犬神家の一族』は、角川春樹事務所主導で作られた所謂”角川映画”でしたが、この作品以降は東宝の自社製作..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2008-10-13 18:39