2008年01月05日

パプリカ #1080

2006年 日本 90分

筒井康隆原作。そー言えばかなり筒井にははまった。「パプリカ」は、後期の作品であるが、筒井ワールド炸裂してる良い小説。読んだのはもう10年以上前であまり覚えてないんだけど、アニメにしたらこんな感じなのかな。

素材は良いだけにハリウッドに売り込んだらモノスゴイ作品になりそうな気もする。夢に侵入するっていう「トータルリコール」とかに近い話を膨らませそう。アニメだけに、奇想天外な映像のみが印象に残っちゃったのがやや残念でした。

posted by 映画のせかいマスター at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック