2008年01月06日

駅 STATION #1081

1981年 日本 132分

2007-2008年の年末年始にかけて日本映画専用チャンネルで高倉健特集をやってた。中でもこの作品が大晦日に放送されていたのはナイスでした。2007年に亡くなられた阿久悠さんの名曲「舟唄」が何度も出てきます。射撃でメキシコオリンプックを目指していた警官の高倉健がいろんな事件を経て仕事への情熱を失い、ふらりと立ち寄った居酒屋のおかみさん賠償千恵子と良い仲になりそうなときに賠償さんが歌っていた舟唄。昭和54年の紅白歌合戦のトリを務め、それを二人で見ながらそっと寄り添う。そして初詣に出かけるんですねー。大人です^^しかしこの二人には意外な因縁が・・

駅ってのは高倉健が出会って別れていった女性たちを象徴してるのかな、とベタな想像をしてしまったが、いしだあゆみ、烏丸せつ子、古手川祐子、そして前述の賠償千恵子、とそれぞれのドラマがありつつ、そして健さんにもいろんなことが起こりつつ・・それぞれに感動しつつ収束していって・・人生ドラマというには切なすぎる一本。大晦日の定番ですね。

posted by 映画のせかいマスター at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック