2008年01月29日

氷壁の女 #1099

1982年 アメリカ 108分

へたすりゃ007よりハードだったかもしんない登山モノ。アルプスの雪がショーンコネリーを襲う。ストーリー的にはサスペンスにもアクションにもなりかねないんだけど、芸術作品として評価されてる。私的にはちょっと物足りない。義理の姪とそーなっちゃうなんてコネリーさんもいい年して・・・。ってところを描くのが芸術なのかなあ??しかしタイトルださい〜

ショーン・コネリー
posted by 映画のせかいマスター at 06:41| Comment(0) | TrackBack(1) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

氷壁の女
Excerpt: 録画しておいた『氷壁の女(原題Five Days One Summer)』(1983年/フレッド・ジンネマン監督/アメリカ)を見た。 物語は、「1930年代、アルプスの小さなホテルに宿泊し、登山を楽し..
Weblog: 仁左衛門日記
Tracked: 2008-02-25 01:58