2005年10月29日

イン・ザ・カット #460

2003年 アメリカ 119分

メグライアン映画は「めぐりあえたら」「ユーガットメール」と見てきたあとでこれを見るとやっぱり衝撃的。暗〜い雰囲気で、冒頭からエッチなスラング爆発。オールヌードのベッドシーンもあって、これまでとは全く違った印象。

で、メグライアンの役は両親の不信感から過去に傷を持ち、心を閉ざして詩や言葉を集めるのに熱中している大学講師。ある日たまたま猟奇殺人の犯人らしき人物の手のタトゥーを目撃したことから刑事が寄ってくる。この刑事の腕にそのタトゥーがあったことから、刑事が犯人ではないかと疑心暗鬼に陥る中、彼との性愛に堕ちていってしまう。

ま、メグライアンじゃなくっても・・と言ってしまえばそれまでなんだけど、アメリカ映画ってこういう暗い雰囲気のサスペンス好きですよね。ニコラスケイジの8mmとか、サンドラ・ブロックの完全犯罪クラブ #257とか。ある意味こういうサスペンスものができてナンボ、というステータスなのかもしれない。

この雰囲気は嫌いじゃないんだけど、提起されている「女性の問題」にはあまり気付かなかったのは野暮な男の証明でしょうか?!

しれっとケビン・ベーコンも出てた。友情出演?なんでまたちょい役に??

posted by 映画のせかいマスター at 08:36| Comment(2) | TrackBack(3) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良くも悪くもメグ・ライアンだから話題になった映画ですよね、この作品は。
全体的な雰囲気とかは結構良かったのに、サスペンスなんだかエロティックなんだかよく判らない中途半端な感じの作品でしたね。
期待していただけにちょっと残念でした。
Posted by クマ at 2005年11月02日 09:07
どうもクマさん。コメントありがとうございました。
クマさんの記事を見てなるほど納得。女性の気持ちを理解しようという目で見てなかったなあ。それよりメグちゃんの裸・・なんちゃって。
そもそも事前にwowowの番組評しか見てなかったので素晴らしい作品というイメージで見ましたが、世間一般の評価はなるほどそうかもしれませんね。
では!こちらからもTBしますね。
Posted by 映画のせかいマスター at 2005年11月02日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日記
Excerpt: はじめまして。
Weblog: 私自身の事
Tracked: 2005-10-29 08:50

純愛ブログ
Excerpt: 切ないくらい純愛で卑猥なくらい激しくて・・・
Weblog: 厨純愛ブログ
Tracked: 2005-10-29 09:04

狙っている方向はそれほど悪くないと思うよ 『イン・ザ・カット』
Excerpt: 本日の映画:イン・ザ・カット  NYの大学で英語教師として働くフラニー。誰ともうち解けず一人孤独な毎日を送っていた彼女だったが、自宅アパートの敷地内で遺体の一部が発見されたことにより猟奇殺人事件に巻き..
Weblog: 毎日が映画日和
Tracked: 2005-11-02 09:07