2008年03月09日

ドラえもん のび太と緑の巨人伝 #1113

2008年 日本 

新声優になってから初のオリジナル。絵のタッチもおしゃれになってる。のび太の部屋はなんだか狭くなっちゃった。ママは若返ってるけどパパはそのまま。

って全然関係ないことばっか書いてます。・・というのも、今回なんだかいまいち。話が複雑で、場面設定がややこしく、ドラえもんの道具はほとんど出てこない設定にあえてしてるのがどうもいけない。子供向けならもっと単純明快にしなくっちゃ。これまでの作品が良すぎたこともあって、今回は注文つけちゃいます。

のび太の拾ってきた小さな木がドラえもん道具で擬人化されたまでは良いけど、あまりかわいくないし、キーキーうるさい(失礼!)植物たちが地球を滅ぼす計画立ててるのはいいけれど、地球との距離感がわかりづらい〜

てな感じでうちの子も不完全燃焼でした。

アイドル枠は堀北真希、お笑い枠はくりーむしちゅー有田。三宅裕司も声優で出演していました。
posted by 映画のせかいマスター at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック