2008年04月27日

十代 恵子の場合 #1126

1979年 日本 79分

Gyaoでやってた。フツーのまじめな女子高生が、図書館で声をかけられてパー券買って、不良の世界を見ちゃって、ついにやくざに惚れちゃって、妊娠して、ヤクザの借金の肩代わりにトルコ(当時の呼び名のまま)に流されちゃう。さらには覚せい剤にまで・・。

まるでマンガか映画みたいに(映画だけど)堕ちてく姿は、おおよそ想像のつく展開ではあるんだけど、やはり暗いし、つらいですね。最後は救われましたが、日常に潜むふとした落とし穴というか、教育テレビ的なのかも。

しかーし森下愛子、こんな役いけちゃいますな。

posted by 映画のせかいマスター at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック