2013年01月27日

24シーズン5(#17-24)#1769

海外ドラマ

ラスト1/3はVS大統領!

証拠のテープを巡って、ヘンダーソンと取ったり取られたりの中、ヘラー国防長官を巻き込み、飛行機で逃亡しようとする男を追って空路へ。ジャックの飛行機の知識はどこで学んだのだ?(笑)

CTUは、国土安全保障省職員とCTU職員が真っ向対決。何かに気づいたカレンがジャックのサポートをし、クロエ、ブキャナンは追われつつも遠隔操作で活躍する。クロエはすっかり無くてはならないキャラに昇格しましたねえ。私も嬉しいよ。流石に一人で全部、というのも無理があるか、元旦那を急遽登場させて、しのぐんだけど、こんなことならエドガー・・・orz

大統領は飛行機の件を掴み、最後の手段に出る。カーティスの活躍でなんとか本部にまで持ち込み、大統領万事休す!自ら拳銃の引き金に手をかけようとするのだが、いずれもしぶとく生き残り、最後はジャックと直接対決!大統領を影で動かしているのはグラハム。こいつの去就は結局不明、そんなことより、ついにジャックが中国に・・・。シーズン6は中国編かな?

シーズン5は、CTUメンバーも充実してて、大統領サイドも面白かった。まさかの展開も多く、かなり練られたシナリオで、面白かったです!

posted by 映画のせかいマスター at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

24シーズン5(#14-16)#1768

海外ドラマ

後半戦、14話から16話までを一気に見たんでそこまでUP!

ヘンダーソンがCTU攻撃のドサクサで逃げ出し、彼のファイルから女をマーク。その女とつながりがある男と接触するんだけど、その男がLOSTに出てたデズモンド!ドイツの工作員かなんかでちょい役だったけど、この後のシーズンに復活しそうな伏線っぽい登場の仕方で今後に期待大でした。でその女を捉えるが、女の口から出た名前がオードリー。もう誰を信用してよいやらw

なんとか女の口を割らせ、天然ガス工場を突き止める。一方、暗殺されたパーマー大統領サイドではウェインが秘密を追っている。ウェインにももれなく追手が迫るが、アーロンに救助され、行き着きたのがローガン夫人の世話係エブリン。どうやら娘を犯人に誘拐されたしい。

変わってCTU。副大統領の指令で、国土安全保障省職員と合併されそうになっている。カレン、マイルズが乗り込んできて、CTUを乗っ取ろうとする。ついでに来たシャリって女がまたおかしくて、逆セクハラ?被害者妄想が強くて、今後かき回しそう。

エブリンからヘンダーソンへの足がかりを掴んだジャックはウェインと追うが、肝心のCTUがこの調子で、なんとかクロエを復職させて衛星で敵の人数を知る。娘を救われたエブリンの口から出たのは超意外な人物!!!
うーん、このために副大統領怪しい伏線を張ってたのか。もうシーズン5で終わっちゃってもおかしくないような展開。今は続きがあることを知っているけど、リアルで見てたらビビっただろうねえ。

急展開の残り8話が楽しみだ。

posted by 映画のせかいマスター at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

24シーズン5(#9-13)#1767

海外ドラマ

だんだんどこまで書いててどっから書いたらいいのかわかんなくなってきちゃった。小刻みに書くとそんなもんか(笑)何話の話かはちょっとずれてたらゴメンナサイ。

とにかく!ロシアの大統領の暗殺を狙うテロリストはローガン大統領に直接ルートを聞く。ヘタレ大統領は妻やマイクが止めるのを聞かずに教えてしまう。妻マーサがとっさの機転を利かして車に乗り込む。CTUも直前に情報を掴むが、引き金は引かれてしまう!ここではずっと出てるシークレットサービスのアーロンが活躍!

CTUはリン・マクギルとブキャナンのリーダー争いの中、どうもリンはヤク中の妹が暴走してるようで、荒れ始める。ついにカーティスまで切れて、追い出されることに。初めは切れるやつだと思ってたけど、だんだん落ちていくのねー。そして妹に奪われたCTUのキーカードが元で、トンデモナイ事態を巻き起こすことに!

そしてジャック。囮捜査から確信に迫っていき、元CTUの上司ヘンダーソンに行き着くが、こいつがなかな手強くて口を割らない。CTUに連行するが、そこには妻を奪われたトニーが。

また久々登場のキムはチェイスに捨てられて精神科医の恋人を連れてジャックに会いにCTUへ。一同揃ったところに、細菌兵器が持ち込まれてしまう。CTUの4割とも言える死傷者を出し、あの人やあの人が退場!うーん、○○はともかく、○○○○はいいキャラが定着してきたところだったのに。

14話からは新たなCTU指揮者が送り込まれ波乱の予感。しかし一気に退場者増えましたなあ。

posted by 映画のせかいマスター at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

24シーズン5(#5-8)#1765

海外ドラマ

空港からCTUに場面を移すが、人質の中に紛れ込んだ犯人が空港から細菌ガスを盗み出した。そこに関わっているのがローガン大統領の側近カミングス。ど悪人かとおもいきや、どうもアメリカのために一肌脱いだらしい。どこまで信じてよいやら。カミングスがCTUに送り込んだのが、クロエの恋人スペンサー。裏切り者が2人になって、もうスパイネタはストレスかかって嫌だなー、と思ってたら、即効で嗅ぎつけられた。スパイ発覚から数十分!いいぞいいぞー。パーマーの暗殺を命じたのはカミングスで、テロ組織と繋がりはあるものの、国外に持ち出される前に捉える予定だった・・・んだけども・・・。

で、そのことに気づいていたローガン夫人、何とか伝えようとするが大統領に相手にされない。この引っ張りネタは個人的には面白かったなあ。一色紗英に似た夫人付きの女とか。シーズン5にしてようやくサブストーリーの楽しみ方がわかってきた。

カミングスの線からテロリストに繋がる男を割り出し、確保したものの、もう少しというところで、作戦がパーに。。。24シリーズって、絶対誰かが邪魔して作戦をぶち壊してピンチになるんだよね。少女はそのためだけに出てきたのか。

で、ショッピングモールでの細菌爆弾、シーズン3のホテルみたいになるのかと思った。5は一つの場面で引っ張ること無く、どんどん進んでいく。潜入したジャックの運命は!?

posted by 映画のせかいマスター at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

24シーズン5(#1-4)#1762

海外ドラマ

新境地から始まるシーズン5、どんな展開が・・と思いきや、いきなりの衝撃!ほとんどがシーズン4からの引き続きの出演なんだけど、まさかまさかが2度続くとは!そのまさかの2回はパーマーとミッシェル。どちらも当初からの主要メンバー、サプライズといえばサプライズだけど、太陽にほえろばりの殉職シーンを用意して上げてもいいんじゃないの!?

で、死んだことになっているジャックが、パーマー狙撃犯の犯人に担がれてる。しかもジャックが生きていることを知っている人たちが次々に殺される。これは明らかにおかしい。誰だ!?

怪しいのがシーズン4で繰り上がって大統領になったローガン大統領。じゃなくてその側近。当然マイクではない。奴は4から悪の匂いをさせてたけどねえ。それとファーストレディである奥さん。頭おかしいと思われて相手にされてないが、どうやらパーマーに何かを告げられているようだ。この大統領の廻りが今回は面白い!

ジャックはというと、身を隠した先で母子と一緒に暮らしている。15歳の息子がジャックに疑いを持ち、あとを付けてた所に、暗殺犯が来たもんだから、結局空港まで一緒に行く事に。テロリストが来たことをジャックに知らせようと空港に入ったばかりに、人質として捕らえられてしまう。これでジャックの行く手が阻まれる。

空港での攻防は序盤のハイライト。捕らえられたジャックが、電話で暗号を告げるのだが、4から引き続き支局長に就任したブキャナンは気づかない。代わりに新たにやってきた男が間一髪で突き止める。いまいち代わり映えしないCTUも彼の登場で盛り上がってきたぞー。

4を一気に見ちゃって途中で疲れたんで、5はゆっくり見ていきますよー。記事も細かく分けて4までで一旦アップします!

posted by 映画のせかいマスター at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

24シーズン4(#17-24)#1758

海外ドラマ

終盤戦。ここからはネタバレなくしては書けないので、そのまま書きます。見てないかたは気をつけて!

ついに大統領の乗ったエアフォースワンが爆撃される。なんとか命はとりとめたものの、大統領の任務は遂行できず、副大統領が昇任。こいつが使えなくって、この後のストーリーの影の主役に(笑)まずは取り乱してジャックを拘束しようとしてテロリストを取り逃がしてしまう。見るに見かねたマイクがアドバイザーとして召喚したのが、あの「彼」の復活!

復活したのはいいのだが、テロに関与していると思われる中国人を拉致したり、その際のゴタゴタで米中関係にもヒビが入りそうになったり、なかなか安心して見ていられない。中国人怖すぎる〜〜。なんなのあの迫力は。LOSTの謎の東洋人役の人も出てたなあ。

テロリストグループは「ハムナプトラ」のアーノルド・ヴォスルーのリーダーが迫力あって、シリーズ最高に追い詰められるんだけど、どーも今回は中盤から面白みに欠けると感じてしまう。犯人の真の狙いがなかなか明らかにならないからだろうか?うーむ??

結局面白く見てるのはCTU内部抗争、離婚したトニーとミッシェルの絡みとか、イライラが募るエドガーはいつ爆発するのかとか、帰ってきたクロエの活躍を見てスカッとしたいなとか、そんなところばっかりだ。速攻でキャラ立ちしたポールは急変して退場しちゃうし、ミッシェルの新たな恋人?の総指揮のおいちゃんは今までにない物分かりの良さだし。

でも最後まで見たらやっぱり面白かった。ギリギリまで追い込まれて諦めずに助かるっていう展開は見てて勇気が湧き出てくるよね!すげーややっぱり。

シーズン4としては、強烈な個性を持つ人が少なかった(インパクトがあったのはポールと副大統領くらいかな)のと、サイドストーリーが弱かったけど、強く出すぎても関係ないのにウザいよねーとか思っちゃうし、面白くないような面白いような。ある程度わかってて、もう一回見なおした面白いのかもしれない。
しかし、今後どうなるの、CTUは出てこないとか?それにしても中国人怖いしw


posted by 映画のせかいマスター at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

24シーズン4(#8-16)#1757

海外ドラマ

ジャックとパートナーの黄金タッグで中盤を引っ張る。落ち着く展開だなー。スパイ騒動はなぜかサラが疑われちゃうんだけど、無事収束に向かう・・ようでなかなか引っ張ってる。この件でCTU内部も女の戦いや、張り付いている国防長官との権限争いなど、ドリスコル中心に回っている。なかなかやるやん。クロエの退場はつくづく残念だ。復活しないかなー。テロリストに捕らえられたカーティスが自力脱出したり、今回のCTUメンバーはなかなか粒ぞろいでナイスだ!12話からの新展開としてCTUでは、前半を引っ張ってきた女支局長が退場、暫定的にトニーがチーフに。新たにチーフを要請する。あの人だったらいいなあ!

ここまでを振り返ると、監禁を救出するまでが6話、原発のメルトダウンを阻止するまでの11話、原発ネタはいまいち個人的に盛り上がらなかった気がするが、大震災があったからだろうか。現場と距離があって臨場感ももう少しだった気がする。一気に見たんで見る方も中だるみしたってのもあるんだけど。

面白いのがオードリーの夫ポール。誤解から捜査線上に浮かび上がったり、社員に紛れ込んだ犯人の形跡を隠蔽しようと、電源を落とそうとする幹部たちと争いつつ、データを手に。ただの粘着キャラじゃなかったのか??こういうキャラはどうやって考え出すのだろうか。

テロリストたちは自爆したり、仲間を次々に消していったり、目的のためなら自分の命をも厭わない。アレズ一家もほぼ退場。

で、本当の狙いは大統領。ステルス戦闘機で撃ち落そうとするテロリストに立ち向かうことが出来るのか、てとこまでで16話まで終了。目的を掴むまでがもどかしかったかな。終盤に期待!


posted by 映画のせかいマスター at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

24シーズン4(#1-7)#1756

海外ドラマ

メンバー一新した四本め、3から1年半後という設定だ。まずはメンバー紹介から。

ジャックがシーズン3で捜査上のヤク中が発覚したんで解雇されて国防長官ジェームス・ヘラーの補佐として働いてるうちに、長官の娘オードリーと恋に落ちる。ヘラーって確か、前のシリーズでもチョイ役で出てきてたよねー。ついに大きな役を掴んだってわけ。

なんだけどこの親子が今回の事件のターゲットとなり、監禁されネット中継される。全世界にアメリカの国防長官を暗殺するシーンを流すことで、アメリカの威厳を脅かすってわけだ。

大統領も前回の対立候補がそのまま就任している。国防長官は息子リチャードが親に反抗して事件にも絡んでそうな感じ。ジャックと恋仲の娘は離婚が成立してない旦那がいて、こいつが粘着でまた話を引っ張りそうな雰囲気。

CTUロス支局は、全取っ替え。あ、一人いた。私もファンなクロエだ。あのひねくれた顔と発言はおもしろい!今回もスタートから一時復帰を許されたジャックと女性チーフ・エリン・ドリスコルの狭間で損な役なんだけど、ひるまず自分の信じた道を行く!友人のアンドリューも違法ダウンロード中にハッキングを見つけてしまい、今回の事件に巻き込まれる。女性支局長は、統合失調症の娘がいて、CTU内の医務室に後で運ばれてくる。CTUの家族ネタ多いよねw

あと他の職員はお人好し枠のカーティス。真面目そうなんだけど、そこをつけ入れられたのか、怪しげな女性マリーアンに弱みを握られスタッフとしてCTUに加入させる。ドリスコルも一枚からんでそうな感じ。クロエの敵風の存在でサラ、お間抜け担当はエドガー。しかしこいつが意外と活躍する。

テロ一味の一人、アレズ一家がクローズアップされて登場、息子のガールフレンドが首を突っ込んでしまい・・・。他のテロリストはちょいちょい出てくる。今までみたいに敵を倒したらそのボスが出てきて、という展開なのかもしれないが、今回はテロリストチームが横に広がっていて、全員を倒すまでいろいろありそうだ。

今回出てない人たちはまたどこかで出てくるのかな?再登場は盛り上がるからね!期待して待っとこう。・・なんて書いてたら、7話のラストで来ましたよ!ジャックが一番信用できる人だそうです!たった10分で現場に来るなんて、どこにスタンバってたんだというツッコミは置いといて、登場シーンはメチャクチャカッコ良かった!思わずTVの前で手を叩いて喜んでしまいました。

てなわけで、ジャックもCTU捜査官に戻って、いきなりハチャメチャな捜査、かつ計算づくしの捜査を再開、コンビニ強盗までしちゃう。CTU内部も引っ掻き回すが、大統領のお墨付きももらって、見事期限付きで復職。

1-6話までで、国防長官の監禁の危機を救い、一段落。まだまだ残りのテロリストがいるから、事件を解決しつつ謎を残して次に繋げる定番の展開。シーズン4も見ごたえたっぷり。今回はさすがにスパイの存在は誰の目にも明らかなんだけど、国家の秘密を握るCTUにそう簡単に入れるってのはどーなのよ(笑)

posted by 映画のせかいマスター at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

24シーズン3#17-24 #1739

海外ドラマ

悪役交代の後、すぐにまた本当の黒幕が現れた。シーズン1のドレーゼンを追い詰めた時の関係者サンダース(あとで読み返して名前入れておかないと忘れるんで入れました^^)のようだ。なにせウィルスを持っている強みから、大統領も彼の言葉に耳を貸さずにはいられない。

後半の展開はCTUのメンバーの生き残りだ。まずは現場に向かったミッシェルとガイル。ウィルス感染してしまうのか!?そして1,2でもちょこちょこ出てきて嫌われ役だったライアン・シャペルの身にもいきなりピンチが!シーズン3ではなかなかいい働きっぷりだったが・・。さらに身代わりで現場に赴くことになったキムにも魔の手が・・。

サンダース、なかなか手強い!まさかの人質を取り、ウィルスは各地に散りばめてる。確保のシーンは凄すぎて笑ってしまった!CTUメンバーは全員残って欲しい人ばっかり。一見どうでもいいような大統領サブストーリーも一服の清涼剤としていい味出してる!

がしかし、シーズン3でかなり整理されてしまった感じだ。シーズン4から出てこないのは淋しいが、また新たなキャラが登場するのだろうか??過去のシーズンに出てた人を再登場させたらそれだけで盛り上がるのにねえ。

ネタバレ無くして書けないので、ここから書いちゃうけど、シーズン2みたいな次に繋ぐような終わり方になるのかと思ってドキドキしたじゃない。車の中のジャックが泣くのも、裏があるんじゃないかなんて・・。1と2で、家族を守るため、感情むき出しで動いていたジャックが、今回は冷静に任務を全うしたのが、最後のシーンに繋がるってわけかな?帳尻合わせやがって(笑)

で、こっそりホテルを出ていた男が発病、ドラッグストアや病院の待合室から感染が拡がる可能性が・・・。の話はどうなったんだっけ?見逃したかな。

大幅に変わるシーズン4が待ち切れない!





posted by 映画のせかいマスター at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

24シーズン3#9-16 #1737

シーズン3は相変わらず息もつかせぬ展開が続いている。もう、見るの疲れたーと思っているいいところで、サブストーリーである大統領の話やCTU内部ネタが入るんで、ちょっと助かる。シーズン2までジャックの家族ネタもあって、特に2のキムネタは必要なんだろうか、と思っていたけど、それはそれで大事な役割だったんですね。

で、9話からはシーズン1&2の重要人物が大復活!一人はなんと国外追放だったニーナ。彼女がまたまたジャックの取引に絡む。そしてパーマー夫人シェリー。パーマーの弟がタニマチの奥さんとまさかの不倫!この騒動を納めるために再登場ってわけ。いやー、この前のシーズンのキャラ再登場パターン、いいですな。

で、膠着状態の続くジャックだが、なんとなくうまく行くためには兄弟の分断っていうのが、きちんと伏線としてジリジリ見せられてて、これもまた非常にうまいんだけど、まさかの展開。視聴者の予想を遥かに上回る、ビックリドッキリです。

そこから12話までは前半戦のクライマックス。ずっとクライマックスみたいなものだけれども。ウィルスの受け渡しで悪役交代。ずっと話を引っ張ってきた ラモンに代わって、ウィルスの持ち主アマドーラが君臨!最大の見せ場は十分に見応えあり!

で、その緊迫した現場を和ます?のがクロエ。赤ちゃん持ち込みネタは脱力モノだ(笑)このクロエがなかなかの実力者?曲者?で、すっかり欠かせないキャラに昇格!

欠かせないキャラと言えば、ニーナとシェリー。この二人が出てくれば俄然盛り上がる!ニーナは受け渡し現場からその後の追跡まで、大物ぶりを発揮、シェリーもパーマーの問題を彼女なりのやり方で進展させてしまう。

そして新悪の主役アマドーラはパートナーのアルバスと接触、ロサンゼルスを狙う。一本はホテルに設置、これ突き止めたCTUから派遣されたのはミッシェルとガイル。そしてウィルスは撒かれる。ホテルはパニックに!果たして運命は?

そして本当の黒幕はジャックの関係者のようだ。途中から画面には写ってるけど。ホテル以外にも撒かれそうなウィルスは11本!ついにロスが壊滅の危機に。黒幕が大統領に迫る!

間違いなく今までで最大のピンチ!残り1/3でどうなっていくのだろう??


posted by 映画のせかいマスター at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

24シーズン3#1-8 #1736

シーズン3開幕!シーズン2で大統領が倒れたんで、そのまま続きなのかと思ったら、大統領はケロッとしてて、シーズン2の敵の作戦がどうなったのかはわからないままスタート。シーズン2から3年後という設定だ。多分無かったことになってるみたい(笑)

まずは新キャラ含めて登場人物を。

CTUはトニーとミシェルは結婚、なんとキムがジャックのコネでCTUに入ってる。同僚からコネで入りやがって的なことを言われている。クロエという女性は優秀なのかそうじゃないのかまだ不明だが、潜伏捜査で自らヤク中になったジャックに睨まれてる。でもって、キムはジャックのパートナーであるチョイスと恋愛中、ジャックはもちろん反対してて捜査にも影響している。もう一人、なにやら怪しげな男ガイルが登場、意味有りげなアップが多いんでアヤシさ満点!

大統領は復活してアン医師と恋愛中。弟が補佐役についてるという突発的な展開。アン医師はどうやら新薬の開発で黒い過去?があるようなないような。

細菌テロでウィルスをまき散らさない代わりに、ジャックが逮捕した男を釈放させろとの要求、ウィルスはどうやら覚せい剤に紛らわせているみたいで、その運び屋としてなにも知らないカイルが登場。逮捕した男の弟がメキシコで牧場しながらなにやら女とその父親にいざこざやってる。

あ、もう一人。ケイトも再登場。ジャックと何やら怪しい関係みたい。恋人のような別れたあとのような・・。

で、今回は1作目からかなり飛ばします。ウィルスを巡ってジャックは服役中のラモンをむりやり脱獄させて、すべての囚人の鍵を開けてしまったからさあ大変。なぜかロシアンルーレット大会は始まるし、ハチャメチャなことをやってる。ついに自分のヤク中も仲間にバレはじめた。

で、8話までかなりよく練られたシナリオだ。ジャックをヤク中にして、どこまで正気か視聴者をも欺く展開の中、CTU内部にも大統領にも秘密のプロジェクトが進行される。出てくる登場人物はいい奴なのか悪い奴なのか、騙し騙され、カギを握るトニーは銃撃されて孤立無援の中、チェイスが振り回されて暴走する。ダメダメそうに見えた人が実はしっかりしてたり(パーマーの弟)、疑いを持たれた人は実は正しかったり、視聴者の予想をことごとく外していく。これだけのどんでん返しの連発を1話から8話までずっと続けるわけだから凄いです!で、肝心の最後の取引の直前にある人物が現れて大ピンチに!さてどーなる??

posted by 映画のせかいマスター at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

24シーズン2#17-24 #1716

海外ドラマ

24シリーズの面白さは、予想をはるかに上回るスピードで展開していくところだと思う。実際の時系列だとすれば、ちょっと早すぎるんだろうけども、見ている側は何週間か経っているわけで、次々に登場人物が入れ替わり立ち代りするのも悪くはない。それを差し引いてもなお、すごいスピードで展開するのだ。

シーズン2にしてみれば、爆弾が爆破してからも、秘密を知っている人物が現れ、そして去っていく。今度こそ本物の黒幕、と思える人がラスト何回かでやっと出てくるが、まだ未知の存在である。そして大統領サイドのストーリーは、ドラマとはいえ政治の世界に詳しくないとなかなか書けないストーリーだ。見ているママをここに書き写そうとしてもきっとうまく書けないだろう。内通者や裏切り、自分のエゴ、利害関係、国家間関係・・いろんな思惑が交錯し、めまぐるしく展開していく。

CTU本部もそう。大統領に比べればやや小ぢんまりはするけれども、ここでもまたいろんな人間関係が展開される。シーズン2ではトニーとミッシェルに割って入るキャリーとの話がメインかと思ったら、途中からまたやってきたライアン・シャペルがまたまた面白い。

そしてジャックの家族の話、シーズン2に必要だったかどうかわかんないけど、娘キムの運の悪さが引き立ちます。

17話以降は、まだまだ話が動いてて、ギリギリまでどう転ぶかわからない。今回の黒幕と思われるピーター・キングスレー(役者さんはソウシリーズのジグゾー!悪人似合う〜!)、そして彼に最後に立ち向かっていくのはなんとシーズン1から出ている・・・・!

見る者の想像を超えるドキドキさを演出できる凄いドラマの連続だった。最終回のクライマックスをどうするか、最初から決めてたのだろうか。作り手はよく練られてて凄い!シーズン2は面白かった!

でもって、早くもシーズン3への布石。キングスレーらと悪のチームを組んでいるマックスという人物が、戦争を回避されたことに対し、次の手を打つ。シーズンIでゲインズに雇われていたフリーのテロリスト・マンディが、大統領を狙い、ダウン!もしかしてシーズン3はこのシーンから始まるの??

早く見たいぞ!

posted by 映画のせかいマスター at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

24シーズン2#11-16 #1713

海外ドラマ

アリの居場所を突き止めたジャック、アリの子どもを殺すと映像トリックを使って自白させることに成功。初めてジャックの有能さに気がついた。ハチャメチャやる人だとばかり思っていた(笑)しかも次々に核爆弾に関する事件を解決していき、砂漠での自爆飛行機に乗り込む。おいおい、それはメイソンの仕事だろう(失礼)と思わなくもなかったが、ここで某キャラの最大の見せ場が現れる。今にして思えば、いいキャラだったなー。

核爆弾の爆破は24話目にあるものだと勝手に思い込んでいたのだが、ここからあと1/3残っている。テロの背後に誰がいるのかがとりあえずの問題みたいだ。3カ国の関与が疑われ、大統領は報復を迫られている。日本じゃ考えられないドラマだ。報復一歩手前で、ジャックの勘がさえ、アリの証言を優先させようとするが、アリは謎のスナイパーに射殺され、ジャックにはコーラル・スネークの刺青をした人物から電話がかかってくる。でもってその条件がケイト!ワーナー家、どこまで機密に関わってる??今まで一番まともと思われていたケイトになにが起こるのか??

CTUはトニーがチーフとなり新体制、しかし恋人のミッシェルと、キャリーの意見が分かれ、一丸とはならない。そこへ戻ったジャックがまたかき回し・・。

逃走中のキムはまだ迷走中!核シェルターを持つおたくっぽい謎の男や、酒屋の店主のところでは強盗事件に巻き込まれる。ここがどう繋がっていくのか、はたまた無関係のまま終わるのか、どーでもいいような気もしなくもないけど、ノーブラの胸から目が離せない(笑)


posted by 映画のせかいマスター at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

24シーズン2#1-10 #1708

セカンドシーズンを見始めました。途中、しばし休憩入れないと見る気しなかった(笑)急展開を見せる10話までを一旦UPします。シーズン1の登場人物が次々に出てきて息もつかせぬ展開は相変わらずなんだけれども、見るほうが慣れちゃったのか、なんとなく静かな?展開が続いていたけど、第10話で全てひっくり返されます。

では、順番に。
冒頭韓国人が拷問されてる。今回の事件と関係ありそう。本編はパーマーからスタート。無事大統領に就任してる。妻とは別れたみたい。キムはベビーシッターで働いている。旦那ゲイリー・マシスンが感情の起伏が激しくてなんか怪しい。CTUではメイスンが出世してる約束だったけど支局長になってるwけど、トニーはナンバー2に!視聴者の期待通り!?ミッシェル・デスラー、ポーラ・シェーファーの活躍は今後かな。
で、ワーナー家が突然出てくるんだけど、ボブ・ワーナーの娘がケイトとマリーで、マリーはレーザと結婚式の準備中。ケイトは私立探偵にレーザの身辺調査を依頼中。我らがジャック・バウアーはテリーのショックで1年2ヶ月休職していたが、パーマーに頼まれて復帰。復帰早々事件の証言をする犯人をぶち殺す!
シーズン1に比べると静かな立ち上がりだったけど、最後のジャックの発砲で一気に動き出した感じ。

#2-3 10.23記
最初の爆弾ドカン!狙われたのはCTU!#1で射殺した犯人の頭を持って犯人に近づいたジャックはうまいことメンバーに入る。なんとか爆発を阻止しようとするが、大統領に伝えるはずが、いけ好かない側近がストップ、CTUのデータだけ逃がそうとする。それを怪しんだトニーは何かあると感じるが、爆弾に気づいたのはジャックが逃した作業員のメモを見てから。そこにはいつ爆発するかがわからず、実はあと7分後であることも知らないまま、全員を避難させる。
一方、メイスンは車両を追ってパノラマシティへ。そこでプルトニウムに被曝してしまう。
ベビーシッターの子どもをDV父さんから匿ったキムは誘拐犯として通報されてしまう。ジャックには叔母さんの所に行けと言われるが、意味が通じず向かった先は爆発間近のCTU!
メンバーの運命が不明な中、囮捜査のジャックの周りの胡散臭さが、ドラマをスッキリ見させてくれない。なんか暗い感じで見ちゃうよねー。

#4-7 10.24-25記
ジャックがようやくグループを一網打尽にしてCTUに戻ってきた。がしかし、グループの口から出てきた名前はニーナ・マイヤーズ!爆破後のCTUで取り調べ、ジャックとニアミスし、証言と引換に大統領恩赦で出所する。ニーナの暴走を止めるためジャックが立ち上がる。

ニーナ、前回の前半は美人としか見えなかったけど、こうして見るとちょー悪人に見えちゃう。さすがは女優さん。出所したあとも目が離せません。

キムは今回もまた運が無い〜!ジャックからの電話でロスの危機を知るが、DV親から子どもメーガンを守ろうとする。母親のショックでジャックとは暮らせないくせに!?新しい彼氏はちゃっかりいて、そいつと子どもとロスを出ようとするのだが・・・。

結婚式を控えたワーナー家にはトニーの取り調べが入り、父親も怪しそう、ここの話だけなかなか進まない。メイスンは命が短いことをジャックに知られ、離れ離れだった息子を呼び出したり、人間ドラマが展開される。シーズン1の人間ドラマだったパーマー一家は、ついに別れた妻が再登場。また引っ掻き回すみたい・・。

#8-10 10.26記
大悪人ニーナとの駆け引きもようやく一段落。それにしても飛行機を落とされても元気なジャックって・・!?爆弾の仕掛けに絡んでいるサイエド・アリの居場所を突き止め、何かを耳元で囁く。なんかあとで意味がわかるんだろうか??
アリの場所でジャックが見たのは、人質にされているケイト。ここにきてワーナー家と繋がるわけだけど、ワーナー家の話が一気にブレイク。父親も婚約者もイマイチ悪っぽく見えない中、引き金を引いたのは・・・。これは意外な展開!ここからどうなるんだろう。突入の際LOSTのジンが警官役で出てきたw
パーマーは復活した元妻シェリーとの信頼を戻していく。その一方で側近の一人スタントンへの疑惑が深まるばかり。もし、ここでスタントンとの密通者がいたとしたら、ドラマ的には盛り上がりますよね(謎)

というわけで、2つのサイドストーリーが急展開、本線のジャック&CTUも事件の大枠を掴みつつある。さあ!これからますます面白くなりそうです!


posted by 映画のせかいマスター at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

24シーズン1#14-24 #1695

#14-17
後半戦。テリーとキムは病院へ。そこにもしつこく迫ってくる追手の気配を感じたニーナは隠れ家へ避難させる。病院からどうもテリーの身体に不審な点が。どうやら妊娠!?相手は?テリーに質問中のニーナはテリーが自分とジャックの不倫に気づいている事を察して任務を変わり本部に戻る。そこに追手が迫っているとも知らずに。

パーマーとジャックは直接対峙して、今回の黒幕に気がつく。ビクター・ドレーゼンが死亡した事件に書かわていたのがジャックで、その作戦にGOサインを出したのがパーマーということのようだ。ビクターの息子アンドレとアレクシスが親の敵とばかりに付け狙っているわけだ。しかもアレクシスはすでにパーマーの側近に色仕掛して手篭めにしている。そのことを突き止めたジャックは側近を使ってアレクシスに罠を仕掛けるが・・・。

話は戻ってテリーとキム。隠れ家から逃げ出した二人は事故に遭い、テリーは記憶をなくしてしまう。そこに現れる訳アリ風の医師。これはきっとテリーのお腹の・・!??キムはCTUに電話するが信用できず、リックの家に向かう。

17あたりから
テリーと医師は記憶を巡ってバウワー家へ。ここにも追手がせまってくるが、危機一髪のところをトニーに助けられる。目の前の狙撃を見て記憶も回復。この辺の新たな登場人物の登場から退場まで、テンポがはやくなってて、展開が早い。じっくり見るのも疲れる後半戦、出てくる人のキャラも覚えてきたんで、これもまたよいけど。なんか雑な印象もなくはない。

パーマー息子の思い切った盗聴で仕組まれた証拠を掴むが、駆使することなく記者会見で全てを正直に打ち明ける。緊迫の中、親子ドラマが感動的。

CTUの新たな女性司令官グリーンが、実は裏切り者ではないかと思わせる展開もちょっとあったけど、結局あっさり抜けてメイソンが復帰。何しに出てきたのか不明!?隠れ家が襲われたことをジャックに隠すよう指示を出し、ジャックはアレクシスと接触を計っていた赤い野球帽の男に接触し、今晩電気を止める仕事と金を引き換えにしていたことを突き止める。#14あたりで生き残った敵のケビンが処理される際、プランBが進んでいることが示唆されていたが、これだったのか?
電気が止まった時誰かを救出しようとしたアンドレ・ドレーゼンだったが、計画は一旦中止。その誰かとは、死んだはずのビクター・ドレーゼンだった。

#21-22
ビクターはやはり恐るべし。包囲網をかいくぐって脱走に成功、ジャックは人質に取られる。アレクシスの情報をチラつかせてなんとか死は免れるが、元々存在しないビクターが逃げたところで大した損害はないとばかりに政府はジャックの見殺しを決める。支局長とはいえ権限のないメイソンは動けない。

そこで動いたのがニーナ、パーマーに直訴し、メイソンを動かす。そのパーマー、秘書の美女に急接近。どうやら裏で妻がシナリオを書いているようだ。アレクシスとジャックの人質交換は果たしてうまくいくのだろうか?最初のリードを取ったのはドレーゼン側、ラスト2回で大円団となるか!?

#23-24
ドレーゼンはジャックにパーマーに会いに行き、口座の金の凍結を解除するため、直接携帯で話させるよう要求、しかしこの携帯は実は爆弾、ジャックが間一髪気づき、パーマーの身は守られる。ジャックに1日2回も助けられたと感謝するパーマーだったが、妻の目は厳しい。

その妻、美人秘書を使ってパーマーを誘惑させるが、これにいち早く気づいたパーマーは秘書をクビにする。

キムの安全が確認できるまで、パーマーは爆弾で死んだことにしようとマスコミに報じさせるが、これも内通者によりドレーゼンらにバレバレになる。ラスト2話めの最後でスパイが誰だったか判明するが、初回からずっと引っ張ってきたこのスパイネタ、もう一度見なおすつもりはないけれど、辻褄は合っているのかな?

スパイにより、キムが死んだと告げられたジャックはドレーゼンらに報復、事件はこれにて終焉するのだが、終わり方は呆気無い。続編に続くって感じ。もうちょっと一息つかせてもよかったろうに〜。

というわけで、シーズン1を制覇しました。2も録画してあるけど、しばらく見たくないなー(笑)ネットの情報もネタバレになっちゃうんで見てなかったんで、これから間違って書いてるところがあれば修正します。バナー下より感想あり。

24シーズン1#1-8 #1690
24シーズン1#9-13 #1691
24シーズン1#14-24 #1695



本文中にも書いたけど、シナリオの流れは24時間をリアルタイムで巧妙に描いてはいるものの、どこか風呂敷広げすぎた部分も垣間見れたり、辻褄が合ってないんじゃないってところもあるし、登場人物が出てきては死に、24時間でものすごい人数死んでるし、雑な部分も感じなくはない。そういうシリーズと思って見れば気にならないんだろうけど、シーズン1はどういうふうに見るか、っていう予習みたいなものかな。
posted by 映画のせかいマスター at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

24シーズン1 #9-13 #1691


シークレットサービスから身柄確保されたジャックだが、隙を付いて逃亡。一方拘束中のテリーは犯人の一人から奪った携帯により、CTUへ連絡、犯人の名前がゲインズと判明する。CTUでは ジェイミーの残したメールの名前から絞り込んだ中から、コッフェルという会社社長を捉え、逃走中のジャックが彼に接触する。こいつがまたまた煮ても食えない野郎で、もしや人違い?というドキドキ感!そしてパーマーは息子の件を公表しようとするが、妻や謎の勢力?カール?が証拠もみ消しに動いている。

コッフェルはやっぱり関係者だったが、心臓発作で死亡、死ぬ前に話したロシア語からどうやらジャックの過去に恨みを持つものたちの仕業のようだ。ゲインズを動かしている勢力があるようだ。 一回目の狙撃に失敗したゲインズはクビ、不要になった人質のテリーとキムは消される・・・

ここまで一気に書いたけど、そのプロセスは見事。最初に車を奪った女性とのやり取り、CTUと電話やデータ転送、車や携帯の取得、敵の割り出し、すべて秘密裏に進んで行く。流れにも不自然な部分もなく、納得の展開だ。で、コッフェルと待ち合わせした男から、ついに基地を発見、ジャックは家族とも再会する。

秘密基地?の攻防は、ペーパーカンパニーが買い上げた土地となってて、森や小川がある自然の中で、逃げ切れるか、とてもいい場所設定だ。

13話の途中からパーマーサイドとジャックサイドで、敵の呼称が「連中」ってことになり、共通の敵であることが明らかにされる。ベオグラードがキーのようだ。ジャックとゲインズは直接対決、ついに家族共々保護される。

これで一件落着で、いいんじゃないの、っていうくらい、緊迫したシーンの連続で、さすがに疲れちゃった。一気に見るのも限界がありますね〜。話も一段落したんで記事も一度終わるけど、まだ残り11話も残ってる。これからどーなるの???

24シーズン1#1-8 #1690
24シーズン1#9-13 #1691
24シーズン1#14-24 #1695

posted by 映画のせかいマスター at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

24シーズン1#1-8 #1690

1話ごとに1日を描いているのかと思ったら、シーズン1全24回で1日を描いていた。つまり1話1時間。CM抜いて45分くらいだけど、ほぼリアルタイムで進行していくわけ。今回はwowowで一挙放映されたけど、始まる時間も事件の起きる時間に合わせていて、洒落た放送だった。

で、実際24時間でこんな事件が起こるかなと思わなくもないけど、逆に言えば、いろいろ起こるから24時間必要なわけで、連続ドラマとしては、なぜ今まで誰もこういう設定考えなかったのかな、と今となっては思うのだ。

現時点で第2話まで見てて、この下に書いていくか、分けて書くか決めてないんだけども、とりあえずは、友達と遊びに出かけた娘が返ってこない程度の話だったのが、どうやら結構な人たちに巻き込まれてしまったようだということと、それを追う奥さんの話のサイドストーリーがあって、メインは大統領候補者の暗殺を阻止できるかどうか、ってこと。パーカー候補の話、暗殺者が乗った飛行機を爆破した女テロリストの話、捜査するジャックサイドではCTUの中に裏切り者がいて、それがあっさり割れるんだけど、ジャックと不倫関係にあったニーナってことになっていて、まだ序盤とは言え、わけわからない。これから徐々に解明されたり、新たな謎が増えたりするんだろうねえ。とりあえず一旦CM行きまーす(笑)

10.3 #3-5
記事を分けるのが面倒なんでこの記事に続けて書きます。
ニーナの裏切りは誤解で、誰かが彼女のパソコンを使ったことが判明。裏切り者ネタで引っ張らないとね。となると怪しいのは上司のメイソン。CTUを封鎖してジャックの行方を探す。こいつにチクったのが、ニーナの現在の恋人?トニー。メイソンはおそらく白。5話目でそれっぽいやり取りがった。トニーだと当たり前すぎて面白みに欠けるんで、誰だろう?

パーマーにも動きが。家には帰ったが、息子キースに殺人の疑いがかかってて、週刊誌にすっぱ抜かれようとしている。朝が来れば選挙だというのに。それにしても前日とはいえ、この一家みんな眠りませんね。

ジャックは封鎖を間一髪で抜け出して、メモした住所へ向かう。この辺の経緯がイマイチわかんなかったんだけど、とにかくそこで銃撃される。通りかかった女性警官が犠牲になるが、なんとか確保。でもそいつがなぜか娘キンバリーの情報を掴んでるらしい。一旦脱走させる荒療法でそいつと取引の場所に向かうと、車の中に身元不明の死体を発見!

5話目まででちょっとCTU内のジャックのいざこざが落ち着いた感じ。キンバリー(キム)はどんどん話が大きくなってきている。女テロリストは殺されちゃってここの話が非常に不明だ。

では続きます!

10.4 #6-8
おおっとびっくりの展開が続く。すっかり騙された!まずはキムの友達の父親。とっても良い人で、もしやテリーと不倫?とか思ってたら、本物の父親じゃなかったなんて。病院で友達を殺害し、テリーを連れて逃亡。途中テリーに仕留められるが、CTUの裏切り者に通報されてキムが拘留されている基地に連れて行かれる。

でCTUの裏切り者。数行上で書いてたけど気づかないなんて我ながら!今更新たな人物が出てくるかと思ってたが、ちょっとおマヌケな技術者くらい。結局最初から出てたあの人だったわけだ。

パーマーは朝食会で息子に関する何かをスピーチする決意を固めたようだが、そこへ狙撃手の魔の手が迫る。

おおっと書き忘れてたけど、狙撃手の横につけているのはジャックだ。なんでこうなっちゃっらんだっけ?えーっと、そもそも犯人サイドは狙撃を阻止するジャックを狙ってたわけだ。娘の誘拐も実は最初から仕組まれてたってこと。しかも裏切り者により、監視カメラでジャックの動きはすべて筒抜けだったみたい。イヤホンジャックを渡され携帯を捨てさせられ、ニーナを殺させ?!大統領候補の狙撃犯にさせられる・・ところだったジャック。絶体絶命のピンチ!

から、どうなるのかは見てのお楽しみとして、裏切り者も判明したし、最初の狙撃の現場も収束して、8話まででちょっと一息ついたようなので、この記事もここまでで一区切りとします。ついでに海外ドラマのカテゴリも作ってしまった。残り2/3まだヤマ場が続くのだろうか!??

24シーズン1#1-8 #1690
24シーズン1#9-13 #1691
24シーズン1#14-24 #1695

ラベル:24
posted by 映画のせかいマスター at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

LOSTシーズン6(114-121話)#1445

ついに完結!フラッシュパラレルは、なんだかしっくり来なかったが、ちゃんと途中のシーズンの映像に辻褄があってて、仕込みの凄さを見た。最初から全部のシナリオ考えてたんだろうか?まさか第1話にジェイコブのゲームの石が出てるとは夢にも思わなかった。

終わってみれば、壮大過ぎて現実味がないと言えなくもないが、非常に私好みの設定だった。
・登場人物や場所が限定されていること。
・それぞれの人物の過去がだんだん明らかになっていくこと
・どこかでみんなつながっているけど、気づかないこと。
・一人、また一人と消えていくサバイバルなこと

加えてLOSTは非常にユニークなキャラクターが多く、シナリオもぶっ飛んでた。短い時間でフラッシュ入れたり、そうかと思えば1話まるごと遊びの回があったり、ラスト4での大詰めでまるごとジェイコブの過去の話だったのは驚いた!

いやー面白かったが、もうこんな長いのはどうするかな??
posted by 映画のせかいマスター at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

LOSTシーズン6(104-113話)#1444

ネタバレ全開です!

5のラストでダーマが起こす事故を水爆の爆破で阻止しようとするダニエルの案に乗るジャック、巻き込まれて死ぬジュリエット。水爆は不発だったのか爆発したのか、謎のままで6に突入!マイルズによるとジュリエットは「成功した」と言っている。成功、つまり815便の墜落は起きなかったと・・・。

これまでフラッシュバック、フラッシュフューチャーなどの手法が使われてきたが、それはもしかして巧みに見る側を騙すトリックかもしれない。だとしたら見事!というのも、6で使われてるのは、本編と平行して挿入される墜落してなかったら、のパラレルワールド。フラッシュパラレルとでもいうのだろうか・・??ジャックは息子との関係に悩み、ケイトは脱走し、ベンはロックと同じ高校教師になっている。面白いのはソーヤーが刑事なこと。たしかシーズン4あたりでソーヤーが刑事だったエピソードがあったけど、ソーヤーは島から出てないはずだし、他のメンバーが島を出てからの話だったんでおかしいと思ったら、ここにつながっていたわけだ。

LOSTシリーズ
LOST シーズン1 #873
LOSTシーズン2 第26話〜第38話 #896
LOSTシーズン2 第39話〜第49話 #900
LOSTシーズン3 50話-59話 #958
LOSTシーズン3 第60話-第72話 #1033
LOSTシーズン4 第73話-第86話 #1139
LOSTシーズン5(87-103話)#1443
LOSTシーズン6(104-113話)#1444
LOSTシーズン6(114-121話)#1445

島の話は、爆発で30年前から現在へ戻るジャック&ソーヤーたちの話と、ロック&ベンらのアジラ航空メンバーに、ジェイコブ派が加わってハイドラ島の話が交錯。ジンとサンはなかなかあえない。負傷したサイードをテンプルに連れて行けとジェイコブに告げられたハーリーにより向かったテンプルには新キャラ真田広之が。しかも日本語で。なんか嬉しい。

ベンはだんだんヘタレになってるwよくマンガで、次に出てくる敵がその前に敵をあっという間に倒して、その強さを見せつけるみたいな感じで、新キャラを引き立たせるためにへたってきたのか(笑)6で収束してくるかと思ったけど、新キャラも出てくるし、エピソードもまだまだ増えるし、なかなか落ち着かない。

そして残ったメンバーと数字の謎が明らかに。島を守る人間を求め、島に呼ぶ人にナンバリングしていたジェイコブ。4はロック、8は・・・

島のメンバー、ジェイコブ派、ウィドモア派、黒服、リチャードの過去・・・次はラストです。

posted by 映画のせかいマスター at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

LOSTシーズン5(87-103話)#1443

シーズン4見たのが2008年の6月だから、まるっと3年!流石に話の細部や登場人物の名前は忘れてた。

4が3のラストのフラッシュまでで終わった(と思う)んで、5からは新展開!島に残った者たちと、本土に帰った者たちの話が交錯しながら進んでいく。科学者ダニエルが中心に進むんだけども、この人のこと覚えてなくって、話を解するまで大変でした(笑)

島サイドで言えば、すっかりダーマになじんで幸福に暮らしているソーヤー&ジュリエット、ダニエル&マイルズ&シャーロット、そしてルソーらと合流したジン!ベンが回したネジが原因でタイムトラベラーになっちゃってる。最後にたどり着いたところは1977年。ダーマが(アザーズにより?)撲滅する前である。何度か空が光るたびに時間旅行をした彼らは、自分たちの親や今まで見たことのない巨大な像に遭遇する。これまでの話に絡むシーンもあって、面白いんだけど、分からなさUP!あらすじ書くのも非常に難しい

ネタバレなんで注意ください
LOSTシリーズ
LOST シーズン1 #873
LOSTシーズン2 第26話〜第38話 #896
LOSTシーズン2 第39話〜第49話 #900
LOSTシーズン3 50話-59話 #958
LOSTシーズン3 第60話-第72話 #1033
LOSTシーズン4 第73話-第86話 #1139
LOSTシーズン5(87-103話)#1443
LOSTシーズン6(104-113話)#1444
LOSTシーズン6(114-121話)#1445

一方島から帰った組は4に続き、ジャックがすっかりへたれキャラになっちゃった(笑)ベンがなにやら物騒に動き回ってて、サイードを使ってウィドモア関係者を殺しまわってるみたい。この辺のエピソードわかりにくかった。サンはジンを探しに、ケイトはクレアを探しに、最後まで嫌がっていたハーリーとサイードも“何かの力により”島への飛行機に乗る。機長はあのフランク・J・ラピーダス!

無事に島へ戻ることになるのだが・・・

ジャック、ケイト、ハーリー、サイードは30年前のソーヤーたちと合流、ベンとロック、サンと他の乗客は本島の隣の島へ。ここに紛れ込んでいるのはどうやらジェイコブの関係者のようだ・・。

なぞの人物?4までは人物かどうかすら不明だったジェイコブがついに登場!相変わらず目が離せないんだけども、一気に見たんで疲れたー!

posted by 映画のせかいマスター at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする