2017年09月25日

男女七人夏物語(連続ドラマ1986)#2508

1986年 TBS 全10回

最近ローカルで再放送やってた。高校の時夢中で見てたなー。トレンディドラマのハシリみたいなので、グループで集まってその中に恋が芽生えてみたいな・・・。7人全部がくっつくわけじゃないんだけども、それなりにみんないい働きしてた。

子供がこのドラマ知ってて、なんでかと思ったら最近の映画「イニシエーションラブ」の中に夏物語と秋物語の話題がトリックの一つとして出てきていた。

このうち、さんまとしのぶ、鶴太郎が秋物語に続投。記憶にあるのは秋物語の方だったりもするが、こっちの夏物語は覚えてない分だけ新鮮だったし、昭和の香りがしてて笑えた。

さんまとしのぶのよく出会う場所で、定食屋、コインランドリー、銀行のキャッシュサービス・・とか印象に残るシーンいっぱい。あとロケ地の清洲橋とか萬年橋とか行ってみたいなー。

賀来千香子が一人で飲んで暴れるとことか、男と一緒にいるとこ見せつけて奥田瑛二の気を惹くとことか、池上季実子が鶴太郎に惹かれていくとことか、名場面はあるものの、やっぱりさんまとしのぶのどこまでアドリブかわからない掛け合いが面白かった
posted by 映画のせかいマスター at 11:20| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

僕たちがやりました(ドラマ2017)#2506

2017年 フジテレビ 全10回

原作漫画をネットカフェの人気のコーナーで見つけて、一気に5巻くらいまで読んだ。イタズラのつもりで仕掛けた爆弾が大爆発して何人もの命を奪ってしまった少年たちの物語。イマドキの高校生の生態っていうか、ラウンドワンで遊んでたり、ゆるいところがなんかリアル(といっても最近の若者事情は知らないが・・)

キングオブコントの人がやってるパイセンが、引っ掻き回す役で、原作にない女性教師の水川あさみもうまく絡んでいた。あまりの出来事に、知らないふりを決め込んだり、慌てて最後は自白したり、自分には起こるわけはないだろうけど、ここまで大きいのじゃなければ起こりかねないような事態なので、結構ハマってみた。
posted by 映画のせかいマスター at 10:29| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

定年女子(NHKBSドラマ)#2501

2017年 日本 全8回

南果歩がバリバリのキャリアウーマンから急にキャリア定年されて、ヒラからやり直し、ついでに自分の人生を見つめ直すっていう話、年代が近いこともあって、なんだか妙にハマってしまった。しかし南果歩、しばらく女優とかしてなかったと思うけど(知らんだけ?)復活してこのレベル保てるの凄いな。女優としても抜群!

親の介護だったり孫が生まれたり、いろいろ問題が起こる中、転職事情はなかなか大変だと思うけど、仲間と協力して乗り越えていこうってとこも共感。メンバーはそれぞれ活躍した年代が微妙に違うので、この人達同年代?と思うけど、そーなんだ。

しんみり楽しい8回でした。
posted by 映画のせかいマスター at 14:01| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

火花(ドラマ2016)#2488

全10話

netflixで放送された又吉直樹の芥川賞受賞作。今年になってNHKでやってたので見る。漫才師が憧れの先輩を通して成長し成功をつかむかと思いきや失速し解散、先輩もまた売れずに、、という話。流石に本業の世界だけあって詳細がリアル。事務所の中の話とか(田口トモロヲ、染谷将太などここにメジャー俳優集めてる!)後輩芸人との絡みとか。
林遣都、本当の漫才師みたいにしゃべりもうまいし、いいんだけど、この人がやると舞台裏の世界が見えてしまって素直に笑えなくなるくらい。バッチリ決まっていた。
なかなか切なくていい物語だった
posted by 映画のせかいマスター at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

スリル〜黒の章、赤の章〜(NHKドラマ2017)#2479

2017年 NHK 2シリーズで全8話

山本耕史の弁護士が視点の黒の章と小松菜奈の警察の中の経理部の視点の赤の章が同時にオンエアされてそれぞれに同じ登場人物が出てくる。
カッコつけるけど全然うまいこと行かないドタバタ弁護士よりも、こっそり謎を突き止める赤の章のほうが面白かったが、このノリといいこのテンポといい、あっという間にドラマの世界に入り込めて楽しかった。続編とか映画版とかあればいいのに
posted by 映画のせかいマスター at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

お母さん娘をやめてもいいですか(NHKドラマ2017)#2475

2017年 全8回

斉藤由貴の娘離れができない母親役が話題になった。ホラーの対象って最初は謎の殺人鬼が閉鎖されたコミュニティを襲うってとこから始まって、最近のは隣人が怖いとか、ついには家族が怖いみたいなところになってきた。
このドラマではホラー一歩手前と言うか、完全にいってしまってたわけではなかったんだけど、それでも最初はインパクトあったし怖かったー。今後こういうの増えるかも。エポックメイキング的なドラマになる可能性はありますね。井上由美子さすが。

お父さん役の寺脇康文が仕事も大変ながらもそれまで向き合えなかった家族に向き合おうとするのだが、相手も大人だし今更大変みたいな部分が同性ということもあって共感できた。恋人役の柳楽優弥も普通でよかった。母と子を二股かけるかと思ったw
波瑠ちゃん輝いてるね
posted by 映画のせかいマスター at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

女の中にいる他人(NHKドラマ2017)#2468

2017年 全7話

「黒い十人の女」に続き60年代の映画リバイバルブーム!?しかし60年代にこういう映画が作られていたってのは凄いな。初回から親友の妻と不倫しててプレイが行き過ぎて絞殺してしまい、帰り道にその親友とバッタリ会って酒を飲んで帰る。

妻にはかつて親友を裏切った過去があり、その親友がこの事件を嗅ぎつけて、夫婦はそれぞれの親友から脅されることとなる。逃げ切ろうとした夫婦だったが、動かぬ証拠が見つかり、翌日自首しようとした夫だったが・・・。

瀬戸朝香が復帰して、主役なんで板谷由夏をしのぐ悪さを発揮するんだろうと思ってみているが、なかなか悪の部分は表に出てこない。しかし最終話で明らかに・・。妻を殺されたのに親友をかばう石黒賢の思惑はすぐに明らかに・・。

なかなかおもろいドラマでした。
posted by 映画のせかいマスター at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

破門(ドラマ2015)#2463

BSスカパー 全8話

2017年に映画版が公開された「破門」2015年にはドラマで映像化されてる。ちなみに続編「螻蛄」もスカパで映像化。話の展開が玄人好みというか、渋いというか読み慣れてきたらそうでもないんだろうけど、最初そういう印象だったんで、映像化されたの見たら俄然読みやすくなってよかった。

濱田岳はすっかりはまり役だった。もうちょっと悪い感じでも良かったんだろうけど、北村一輝に弄ばれる風がよく出てた。北村一輝は今回もまた敵が強すぎ?て負傷してピンチの連続だが、危機一髪をかわす。賭場のシーンが多かったが、ルールよくわかんないままみていた。

最初のシリーズから読み直してみようかな
posted by 映画のせかいマスター at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

臨場 続章(横山秀夫ドラマ2010)#2447

2010年 テレビ朝日 全11話

設定、キャストそのままに続編。相変わらず刑事の関係者が殺されたり、署内の配置転換があってキャストが異動になったりしてる。初回と最終回は前後編の2話構成で、どちらにも共通の登場人物が用意されている。新たに鑑識課に配属になった刑事の過去に殺された父親殺しの犯人が絡んでくるっていう前作と似たようなパターン。

検屍官が現場で自分の意見を通そうとして、刑事の高嶋政宏が激怒するっていうパターンも踏襲(笑)

この話、内野聖陽以外で主演したら全く別の設定になりそうだなあ。
posted by 映画のせかいマスター at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

山女日記(ドラマ2016)#2437

NHKBSプレミアムドラマ 全7話 2016年 湊かなえ

脱サラして登山ガイドになった主人公(工藤夕貴)がさまざまな登山客のそれぞれが持つ悩みが山で晴れていくのを立ち会いながら、自らの人生にも立ち向かっていく。
最初何人かの登山客が交錯する群像劇を楽しんでみてたんだけど、回想で出てくる萩原聖人とどういう別れ方をしたのか、もしかして山で死別?とか思いながら最終話までその後どうなってるのか明かされずに過ぎていく。
2話ずつ短編が解決していって、最後に主人公の問題も解決する、意外な形で発見することになって。

工藤夕貴、農業アイドル?で雑誌上で活躍してたけど、さすが俳優もうまくこなしている。40代の登山ガイドを自然な形で演じてる。すげーな。
posted by 映画のせかいマスター at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

砂の塔(連続ドラマ2016)#2435

2016年 

10月改変ドラマで見た、隣人は見ている系の心理サスペンス。ところどころ脚本が雑なところがあって、あの話どーなった、みたいな部分もあったんだけど、カメラワークとか怖い演出とか、やっぱり一番は高層タワーマンションのヒエラルキーみたいな奥様のバトル。

同時進行で幼児誘拐事件が展開しているんだが、こっちがなかなか進まない。結局最終話になっても犯人のめどが立たず、っていうことは今まで出てきた中の誰かに違いないと思うんだけど、伏線があまりになさすぎたかなー

松嶋菜々子が怖い女役でもう少しブレイクしても良さそうだったけど、
posted by 映画のせかいマスター at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

黒い十人の女(ドラマ2016)#2430

2016年 

バカリズム脚本。映画版黒い十人の女 #702の息子である船越英一郎が主役で10人の愛人らがいろいろ紆余曲折ありながら一致団結して、最後は薬で殺そうとするのだが・・。
10人全てにスポットを当てるのは難しいが、水野美紀のヘタレ演技ネタが際立ってておもろい。あと珍しく?佐藤仁美が活躍。成海璃子は普通のOL担当でトリンドル玲奈はアイドル系。MEGUMIが言いたい放題系で残りは地味キャラかな。若村麻由美はなんであんなにきれいなの?

劇中ドラマがくだらないけど引っ張ってたり、意外な伏線もたくさんあって細かいギャグも見逃せない。もともと設定が美味しいんだけれども、うまく料理した感じ。バカリズム脚本で結構今後もいけんじゃないかなーだいぶ人気だったようだし。
posted by 映画のせかいマスター at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

とげ 小市民 倉永晴之の逆襲(ドラマ2016)#2422

2016 フジテレビ系 全8回

意外と面白かった。市役所の市民相談部に勤める主人公は、つつましく発泡酒くらいしか呑まない小市民。でも次から次へとストレスの掛かる事態に襲われる。適当にやり過ごせばいいものを、ついつい正義感をもって正面から立ち向かってしまったばかりに、事態はどんどん大きくなっていく。

仕事ができないイマドキ部下との葛藤とか、市民の苦情とか、はたまた賄賂ばかりの部署に飛ばされたり、ワンマン市長と対立したり、妻は当たり屋みたいなのに引っかかって子供も学校でいろいろ。。現代に生きているとどっからともなくやってくる試練の数々。

全8回だが、なかなか反発することなく、7回目の最後ではついに職場をやめてゴミあさりをするシーンで終わる。あと1回でどう逆転するのか、最後まで目が離せない。私役所に勤めている友達に勧めた(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

臨場(横山秀夫ドラマ2009)#2417

2009年 テレビ朝日 全10回

原作ベースのオリジナルも含めて全10回、原作読んでないけど、内野聖陽のキャラは横山秀夫の作品にあまり出てきそうにないけどなあ(笑)前のボタンも留めずに野菜食べながら登場して、死体を見てなんでもわかっちゃう検屍官。釣り堀で釣り針垂らしながら休憩?してて多分主役の俳優に合わせたキャラかと^^;

主人公の奥さんが17年前に銃で殺されてそのままお蔵入りになった事件の解決編(最終回)をはじめ、10回のうち警察関係者が被害にあったり、プライベートな問題に絡んできたりする話も多々あった。記者クラブの上司が犯人の回もあって、早々関係者が犯罪に絡むかなあ、なんて思わなくもないけど、短期決戦でキャラ付けするのも大変だろうからこんなもんか。

検屍官にスポットが当たるドラマはあまりないので、面白かった、続編映画版も作られた
posted by 映画のせかいマスター at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

受験のシンデレラ(BSドラマ2016)#2393

2016年 NHKBS 全8話

「ドラゴン桜」っぽい設定で、そこら辺の勉強しない女子を東大に入れると息巻く塾講師のコンビを描く。和田秀樹原作で2008年には映画化もされている。塾講師の小泉孝太郎はワンマンで塾を成長させたが、内部分裂で追い出される。妻(山口紗弥加)からも逃げられ、泥酔してるところでバイトの川口春奈と出会う。彼女はどうしようもない母親(富田靖子)との未来のない生活に嫌気が差し、東大の話に乗ってみることにする。しかし塾講師の身体にはある異変が・・。

受験テクニックをもっと出して欲しい気はしたけど、ドラマ仕立てでいろんなピンチを迎えないといけないわけで、恋愛とか絡めて約一年間の受験生活を追っていく。受験って関係者には本当に大変。こういうネタはいくらでもありそうだけど、一部にしか受けないのかなー
posted by 映画のせかいマスター at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

火の粉(ドラマ2016)#2351

フジテレビ系 全9回

雫井脩介原作のサスペンスの2度めのドラマ化。1回めは2時間ドラマだったようだが、全9回は長かったかな。ユースケ・サンタマリアが家族を壊していくその一点張りで2ヶ月超えるとだんだんうんざりしてくる。途中佐藤隆太や酒井若菜、木南晴夏が絡んでくるが、梶間家もくっついたり警戒したり、ドタバタ劇になっちゃったような。

でも怖かったー
posted by 映画のせかいマスター at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

嫌な女(NHKドラマ2016)#2329

2016年 NHKドラマBS 全5回

黒木瞳主演のドラマ、幼なじみで迷惑ばかりかけてるが、意外とちゃっかり者の悪友鈴木保奈美が死んだとの報を受けて、弁護士である主人公が立ち上がる。
1回めが死の知らせを聞くところまでで、2回めに鈴木保奈美登場!久しぶりやな〜。あまり変わってない。役どころとしてはやっぱり以前と変わらない。女詐欺師で偽装?結婚したり黒木瞳を困らせるのだが、かつてのパートナー石野真子が商売敵として君臨し、親友の弔い!?をかけて・・・

アラフィフ女優まだまだ頑張ってますねえ。美魔女!一番人の良さそうな?石野真子が一番悪い役だったけど(笑)出てくる人に感情移入するんで、同世代の人は見ちゃうんだろうなあ
posted by 映画のせかいマスター at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

ナオミとカナコ(奥田英朗ドラマ2016) #2320

2016年 フジテレビ 全10回

奥田英朗原作ということで見たドラマ。これが思いの外面白かった。完全に主人公目線で描かれたある殺人。見てる人は全員主人公ナオミとカナコに肩入れして見ている。しかし完全犯罪はありえるのか?最後の最後までわからない結末と、罪を犯し、富士山に埋めに行くのがばれないかとヒヤヒヤしながら、毎回目が離せない展開でした。
内田有紀は同時進行のドラマ「はぶらし」でも不幸な役割で、幸薄いキャラが立ってた。彼女を支える広末涼子が仕事で出会った中国人高畑淳子のアドバイスで強い女性を演じて交感が持てた。

対するご主人佐藤隆太は悪の匂いがプンプン!姉の吉田羊がどこまで二人に迫れるのか、対決の軸が面白かった。
posted by 映画のせかいマスター at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

はぶらし/女ともだち #2310

2016年 NHKBS 全8回

BSプレミアムドラマ。近藤史恵原作。高校の友達が、ずぶ濡れになって子供連れでマンションに現れる。一晩だけ泊めてほしい、という言葉を断りきれず、泊めたばかりに生活を侵食されていく・・。

なんかイライラしながら毎週気になって仕方がなかった。こういう迷惑かけられ系は気になってしまう。だんだん仕事も恋もうまくいかなくなる主人公内田有紀は、同時期にこちらもDV夫に悩まされる妻ナオミとカナコに出演、両方で気の毒というww

押しかけてきた池脇千鶴は、悪っぽくないけど、気の毒にも見えず、どこまで信じていいやら煙に巻かれる感じで毎週続いていく。たびたびぶつかるのだが、タイミングよく子供が熱出したりして決定的な決裂もなく、あーもどかしいとおもいつつ、ラストを迎える。

結局はホッとするラストにはなるのだが、このネタ、もっと弄くれそうだなあ
posted by 映画のせかいマスター at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

逃げる女(ドラマ2016)#2302

2016年 NHK 全6回

水野美紀主演。同僚の嘘の証言により事故の犯人にされて服役して出所した主人公が、自分の人生を取り戻そうとするが、誰からも相手にされない。そこへ銃を持った謎の女仲里依紗が現れる。女を追う刑事遠藤賢司は女と何か個人的な関係がありそう。刑事の中でも怪しい動きがあり・・。

話をなかなか勧めないように進めないようにしているとしか思えない展開。仲里依紗は引っ掻き回す役。刑事の問題はなんだかよくわかんなかったw 脚本は鎌田敏夫。今までのとはちょっと違った感じのドラマでした
posted by 映画のせかいマスター at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする