2016年02月15日

逃げる女(ドラマ2016)#2302

2016年 NHK 全6回

水野美紀主演。同僚の嘘の証言により事故の犯人にされて服役して出所した主人公が、自分の人生を取り戻そうとするが、誰からも相手にされない。そこへ銃を持った謎の女仲里依紗が現れる。女を追う刑事遠藤賢司は女と何か個人的な関係がありそう。刑事の中でも怪しい動きがあり・・。

話をなかなか勧めないように進めないようにしているとしか思えない展開。仲里依紗は引っ掻き回す役。刑事の問題はなんだかよくわかんなかったw 脚本は鎌田敏夫。今までのとはちょっと違った感じのドラマでした
posted by 映画のせかいマスター at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

仮カレ(ドラマ2015)#2381

NHKBSのプレミアムドラマ。「だから荒野」以降チェックしてる。30分の全8回だけど結構オモロイ。

なんか今ふうのドラマって感じで、最近の若者の恋愛事情ってこうなんだ的なやじ馬的な感じで見てしまった。舞台になってる広告代理店も自分とは縁遠い世界なんで新鮮。バリバリ働くキャリアウーマンにも憧れる!?

中越典子がアラフォーになって復活!って感じでなんか可愛くなってた。今のほうが断然いいなー。こういう百戦錬磨のおばちゃん?!と恋愛を戦わねばならない若い娘にも同情してしまう。で、若い娘はアラサーである主人公の相武紗季の「仮カレ」に恋するが、結局仮ではなくなってハッピーエンド!

よく知らないけど、今の恋愛事情、結婚事情って大変なんだと思う。良かった早く結婚できて。
posted by 映画のせかいマスター at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

下町ロケット(池井戸潤ドラマ2015)#2375

2015年 TBS

今年の最大のヒットドラマとも言える作品。半沢直樹の期待が大きすぎたせいか、前作のルーズヴェルトゲームはイマイチ評判がよろしくなかったようだが、作りとしては前作も面白かった。今回はWowowドラマで大感動だった下町ロケットなんで、鉄板の布陣だと思うが、回を重ねるごとにどんどん人気が出て最終回はその前の予習編みたいなのも入れて4時間くらいやってた。

後半は原作で言えばパート2のガウディ計画の話だったが、この小説が出てたことすら知らなかったんで、即効ドラマ化されたわけだけど、こっちもまた面白かった。小泉孝太郎が悪役に妙にハマってた。やっぱりチームワークというかみんなで一丸になって頑張ろうってのが泣ける。

シリーズでは悪役だった立川談春が今回は主人公の補佐的な役で、安田顕と共に大人気。これでもうこのシリーズ人気を確立したんじゃないかな??前回いろいろ言われても変えずに同じような作りを貫いた甲斐があったのでは?
posted by 映画のせかいマスター at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

ちゃんぽん食べたか(さだまさしドラマ2015)#2306

2015年 NHK 全8回

さだまさしの自伝的な小説をドラマ化。長崎からバイオリンのプロを目指して高校から上京して下宿しながら貧乏生活を送るまさしがフォークデュオでデビューしそうになりそうなところまでを描く青春ドラマ。高校入学から仲間との出会い、大学に行ったはいいがバイオリンで挫折し、バイト生活で音楽もろくにやらなかった主人公が、高校の時知り合った隣の高校の友人とデュオを組むことになる。

もちろんこれはさだまさしが組んでいた「グレープ」結成秘話なのだが、それを抜きにしても高校生活が見ていて楽しい。ゲバに巻き込まれることになったり、大きく道を外すことはないものの、青春の挫折をうまく描いている。友人役の本郷奏多や間宮祥太朗がいい味出してる。

遠藤賢司と菅田将輝はこの後民放のドラマ「民王」でも引き続き親子役をやっている。遠藤賢司ドラマでまくりで一週間でみない日はないくらい。NHKのドラマは安定してるなあ
posted by 映画のせかいマスター at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

小暮写真館(宮部みゆきドラマ2013)#2287

2013年 NHK 全4回 宮部みゆき

 古い写真館に越してきた一家の家族の物語。前半は、女子高生が持ち込んできた心霊写真から写っている家族の話を聞きに行ったことから、心霊写真探偵の異名を取る主人公神木隆之介が、次々に心霊写真を追っていく話なんだけど、そのうち、自分の家族の過去の事故や、不動産の娘成海璃子の過去がシンクロしてきて、新たな人生を踏み出すために立ち上がるっていう話になっている。

 主人公一家が、良い人ばかりで神木くんもいつもどおり「いいひと」でホッとする。いや、誰も悪人はいないんだけど、なにか起こるとまじめに思うがあまり、つい言ってしまうことだってあるし、あーなかなか人生大変だ。でもほのぼのするドラマ。
posted by 映画のせかいマスター at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

64(横山秀夫ドラマ2015) #2261

2015年 NHK 全5回

昭和64年に起きた未解決の誘拐殺人事件。一部捜査陣のミスもあり、それぞれが事件を引きずって生きてきた。それから14年、64を真似た誘拐事件が発生。

警察の中に広報担当があるってことすら普通の人はしらないけど、この話みたいに記者クラブと争ってたりとか、意外な警察の事情もあるものだ。これ、二渡シリーズ外伝みたいな感じで、二渡は吉田栄作がやってて悪人風に描かれてる。主人公は広報官で64の捜査陣だったピエール瀧。娘が家出してて帰ってこないため、妻の木村佳乃がやや病んでいる。記者クラブからは交通事故の加害者の実名公開を求められ、警察本部との間に挟まれ辛い立場だ。全編を通して主人公が耐えるシーンが多いが、ピエール瀧ならなんとかなりそうと、見てても気持ち悪くならないところがいいところw

操作上のふとしたミスが許せず、警察を辞めた男、その男を毎日監視し続ける刑事、そのまま引きこもりになってしまった男、そして被害者は何を思う!?・・いろいろな人生が交錯し、64がまた動き出す!

じっくり見れて面白かった。映画版も楽しみだ!


posted by 映画のせかいマスター at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

だから荒野(桐野夏生ドラマ2015)#2215

2015年 NHK 全8話

 NHKBSプレミアムドラマ。桐野夏生の小説は完全制覇を狙って読んでるんだけど、これはでたばっかり(と言っても1年は経ってるかな^^;)で未読。非常に面白かったのは、鈴木京香がそのイメージのまま家族をおいて旅に出る主婦の役をやってること。桐野作品は主人公が平気でHしたり、さんざんな展開もアリなので、ドラマの中で清純なままだったのはNHKだからかな、とかつい邪推してしまうんだけど、それは原作を読むときのために楽しみにとっておこう。

 最初はパーキングで拾った女に車を乗り逃げされたり、ヒッチハイクしたおっちゃんにいくらだと聞かれたり(たぶんここで原作では・・ってもういいかw)、一難去ってまた一難なんだけど、長崎の語り部の車に乗ってからは、長崎という原爆被災地のドラマも相まって、一気に展開していく。

 こっちとら、長崎に語り部がいることすら知らないし、次男(大きくなった濱田龍臣!)と同じように、その世界に引き込まれていった。高橋一生の老人相手のボランティアはもっと掘り下げてみてみたいくらい。

 たくさんの登場人物が出てくるわけではないがそれぞれが光ってて大変興味深いドラマでした!
posted by 映画のせかいマスター at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

限界集落株式会社(ドラマ2015)#2212

2015年 NHK 全5回

故郷を娘ごと捨てて東京でタクシー運転手をしていた主人公反町隆史が、父の死をきっかけに田舎に戻って農業を始める。時を同じくして東京から経営コンサルタントの谷原章介がやってきて、村をまるごと株式会社にして売りだそうと提案する。

販売所を作ってマスコットキャラクターを作って若い娘を社長にして、TVの取材を取り付けて、たまたま黍餅が目に止まって大ヒット商品に・・と順風満帆な立ち上がりだったが、うっかりミスから有機栽培を謳っていたにも関わらず農薬を使ってしまったことで、偽装の捜査が入ってしまう・・。

日本じゅうどこでも起こりそうな環境を舞台にして、そうそう簡単に行くわけ無いよねーってところで、ちゃっかりピンチになって・・結局大事なのは人!ってことで大団円。夢のある話ではあるし、こうやって地域活性したら本当にいいんだろうけどねーー。

反町、主人公にしては出番少なかった(笑)平泉成、寺田農、井川比佐志、長山藍子、上田耕一など老年スター?総出演。まだまだ出演を待ってるドラマたくさんありそうですねえ。

ネットで見つけたこんな記事。確かにそうかも。
http://toyokeizai.net/articles/-/62102
posted by 映画のせかいマスター at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

Nのために(湊かなえドラマ2014)#2178

2014年 TBS 全10回

連続ドラマはあまりレビュー書かないんだけど、これは面白かったです。クリスマスイブにマンションの一部屋で起きた殺人事件に、関係者が全て集まってきている。それぞれがどのような形でそこに至ったのか、事件のシーンは最初から何度も何度も繰り返し出てくる。

話は高校生にさかのぼり、ある日突然父親に家を追い出され、大学進学して、それぞれの人生を生きることになるヒロインとボーイフレンド、ヒロインはボロアパートで隣人たちとも仲良くなるが、ボロアパートの取り壊しに立ち向かうためだった通称N作戦が、思わぬ方向へと進んでいくことになる。

著者初の青春ドラマということで、淡いストーリーと、恐怖の殺人現場が交互に写されて・・。

結末は自分的にはもっと盛り上がってもいいかとは思ったけど、構成は良かったです。
posted by 映画のせかいマスター at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする