2007年05月31日

ドラえもん のび太の海底鬼岩城 #868

恐竜時代、宇宙、魔境、ときて4作目は海底が舞台。地球の中の実際にある謎の部分が舞台なのは冒険心をくすぐられていいです。日本海溝とか、知ってるようで知らない海底の知識は子どもだけでなく知的好奇心をくすぐるし、バミューダトライアングルの謎に、アニメの内容を絡めて一つの答えを出してるところも面白い。まだまだ地球には私の知らない謎が隠されているんですねー。

2つの友情物語があって、一つはちょっと変わったコンピュータのバギー君としずかちゃん。ポンコツマシンとみんなに罵られて膨れるバギー君だけど、しずかちゃんだけはちゃんと話に耳を傾けようとする。そのことが最後の大活躍につながる。もう一つは地球人と地底人。一時は険悪な雰囲気を乗り越えて、共に鬼岩城を目指す。人間は海を汚しちゃいけない、っていう当たり前のメッセージも見終わったら頭に残っちゃう。

敵キャラは魚の形をしたロボ風で、なかなか凝ってます。地底人が22世紀の道具を持ってるほど開かれた文明を持っていながら地底に沈むことになったという設定もいろいろ考えさせられますね。

posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

ドラえもん のび太の大魔境 #867

1982年 日本 

シリーズ第三弾。地球上に存在するであろう、誰も知らない大魔境を探検したいと頼まれ道具で探す。上空から写真が絶え間なく送られてくる途中、買い物に行ったのび太は帰りに犬を拾ってくる。マンネリと言う無かれ、この犬が今回のキーとなる。膨大な写真の中から一枚の魔境を探し出し、のび太ら一行は探検気分で魔境の100Km手前にどこでもドアで移動する。

今回はジャイアンがやらかしちゃって、ピンチに追い込まれちゃう。肝心の道具は探検には必要ないと置いてきて、ろくな目に遭わない。それでも犬の活躍でついに王国に辿り着く・・。

敵役はなんとなくドラえもんキャラっぽくない^^。初期の頃の貴重な画風です。未来から来たのび太ら5人と現在の5人が合わせて10人で闘うってのも珍しいシチュエーション。洗練されてはいないけど、アナログ的な楽しみ方もできました。等身大の冒険がいいです。

posted by 映画のせかいマスター at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

ドラえもん のび太の宇宙小戦争 #815

1985年 日本 98分 映画ドラえもん

スネオがプラモデルをビデオに撮ってSF作品を作るが、のび太はアシスタントを首になり、ドラえもんにおねだり。スネオ羨ましい→道具出して〜っていう結構多いパターンで始まり。のび太映画はしずかちゃん映画になっちゃって、しずちゃんの人形を使ってビデオを撮ることに。一方スネオ作品「宇宙大戦争」になぜかしずちゃんのウサギの人形が・・。

実は小さな宇宙人パピが地球に逃げていたのであるが、彼を助けることで小さい宇宙人たちと一戦を交えることになる。タイトルはスターウォーズのパロディと思うけど、ドラえもんたちがスモールライトで小さくなって宇宙へ飛び出すことにも繋がってる。

当然小さな宇宙人と戦うのはサイズの違いで釣り合わないので、小さくなっているうちにスモールライトを奪われてしまう。パピの星は独裁者に乗っ取られてて四六時中監視されている。なんかどこかの某国を思い出してしまうが・・^^;

こっからネタバレ。

オチはスモールライトの効き目が切れる、っていう禁じ手っぽいことになってる。そういう設定ってあったっけ?ま、その前に透明スプレーが4時間で切れちゃうっていう伏線が張られているので違和感はないけど。最後は危機一髪のところで巨大化して助かります。

posted by 映画のせかいマスター at 05:57| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

ドラえもん のび太の創世日記 #814

1995年 日本  映画ドラえもん

夏休みの宿題の自由研究で未来デパートから宇宙を創造するセットを買ってもらったのび太が、自分が作った太陽系、自分が作った地球の観察をする。惑星がぶつかって大きな星になったり、人類の誕生を目の当たりにしたり、なかなか魅力的な展開。・・が、それを見ている二人の昆虫がいた・・。

石器時代からの歴史を学習しながら、その都度のび太の祖先が出てきたり、なぜか進化した昆虫がいたり、謎含みのおかしな展開。のび太の作った宇宙なんでそんなものかな、と思っていたら、ちゃんと最後にはうまくまとまりました。ポイントは進化銃だったんですねー。見逃さないよう。

竹取物語や浦島太郎をパロディ化したような逸話を経て、のび家はどんどん進化していく。最後には出来杉君らしき冒険家と南極を目指すことに・・。

ジャイアンとスネオが昆虫人に捕らえられるところとか、のび太宇宙と現実との接点がイマイチ弱い気もするが、それでも十分面白い。南極点に地下へと続く空洞がある、っていうのはつのだじろうの恐怖新聞かなんかで読んだけど、古くから言われてる説だ。ロマンですね。

しかし太陽系を創造したり、勝手に生物を進化させたり、まさに神をも恐れぬ想像力です(笑)


posted by 映画のせかいマスター at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

ドラえもん のび太と竜の騎士 #813

1987年 日本 91分 映画ドラえもん

シリーズ第8作。のび太が0点のテストを隠すために「どこでもホール」で地底に行くのだが、そこは遥かな大空洞。しずかちゃんらと探検するが、スネオが行方不明に。探しに行く一行は恐竜人に捕らえられるが、竜の騎士に助けられる。竜の騎士はのび太らを別の大陸に案内し、スネオと合流。そこで友達になった地底人と仲良くなるが、地底人の本当の狙いは地上を乗っ取ることだった・・・。

地底人との戦いではドラえもんはあまり道具を出さず、自力で逃げ回る。途中ドラえもんが地底人から逃げるために出した道具で作った「風雲ドラえもん城」は、たけし城のパクリかな??

が、ここからがドラえもんマジック!地底人のタイムマシンで恐竜時代に戻った際の彗星激突後の大団円にドラえもんの道具がすべての謎を解くことになる。かなりスッキリまとまってる。拍手!というわけでこの作品もリメイク希望。

ネッシーの謎からスタートして恐竜、地底、と興味の惹かれるテーマが続く。恐竜は何故絶滅したのか、という点も一つの説を提示している。子どもの科学心をくすぐりますねー。こういうところから子どもの好奇心をどんどん広げていくのはイイコトだと思います。うちの子ももう2,3年したら科学的に楽しめるようになるのだろうか。今のところお父さんの方が楽しんでます。舞台設定がとてもよかった!


関連サイト
Wikipedia


posted by 映画のせかいマスター at 06:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

ドラえもん のび太とアニマル惑星 #812

1990年 日本 映画ドラえもん

シリーズ第11作。のび太の部屋とアニマル惑星がひょんなことから繋がっちゃう、っていう「のび太の宇宙開拓史」に似た設定。繋がったのは22世紀の道具のどこでもドアに似たガスの道具のエラーなんだけど、一度地球に戻ったのび太らはアニマル惑星がどこにあるかわからずにまた新たな道具を使うことになる。

で、アニマル惑星ってのは太陽系のどこかにある惑星で、そこで平和に暮らしている動物たちを攻め込んでくる悪者、これが実は未来の人間なのである。環境問題でガチャガチャになっちゃってアニマル惑星を攻めないといけないっていうことで、人間たちは毒ガスマスクを標準装備している。なんだか、現実にあり得そうな設定!??

環境問題をテーマに組み入れて、子どもにもわかるように解説しつつ、しっかり本編は楽しめる、と言った作品でした。
posted by 映画のせかいマスター at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

ドラえもん のび太と鉄人兵団 #802

1986年 日本 映画ドラえもん

シリーズ第7作。初期の作品の中ではこの作品はちょっと出来が違う秀逸作。この頃からこのグレードで続いていれば、そりゃー興行収益30億になるわなーっていう感じです。ちなみにこの映画の配給収入は12.5億円。それでも大ヒットですが、最近の作品のヒットぶりが伺えますね。

話は偶然どこでもドアで北極に行ったのび太が惑星メカトピアから地球支配のために送られてきた巨大ロボットを、ドラえもんが出してくれたおもちゃと思って持ち帰る所から始まる。身長30mくらいのロボットなので、鏡の世界で遊ぶことになるのだが、ロボの行方を追ってきたリリルにその秘密を握られてしまう。巨大ロボを操縦してご機嫌ののび太だが、その破壊力に気付き、ついには地球征服のたくらみを知ることになってしまう。このことを知るのはのび太たちだけ。他の地球人は何も知らぬまま、ロボットの大群が地球を襲ってくる。

お馴染みのまぬけ敵キャラもなく、シビアに襲ってくる敵たちとガチンコで戦うのび太たち。今回はしずかちゃんが大活躍。スネオのラジコンロボも頼りないながらいい味出して地球の危機を救ってしまっちゃいます。いつもとは一味違うドラえもん映画の中でも1,2を争うようなできばえでした。来年はこの作品あたりをリメイクかな??


関連サイト
Wikipedia
posted by 映画のせかいマスター at 07:39| Comment(3) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

ドラえもん のび太の宇宙開拓史 #801

1981年 日本 94分 映画ドラえもん

映画ドラえもんシリーズ第2作。最近のドラえもん映画はドラえもんの道具をうまく利用してちゃんと整合性のとれた作りになっているのだが、この頃のはいきなりのび太の部屋が宇宙船と繋がってしまう唐突さ。よく見ると絵もヘタウマ漫画っぽいし、最近のと比べたら、いかにドラえもん映画が進化し続けているかを再認識してしまった。

でも逆に考えればドラえもんの道具ではなく、宇宙船と自分の部屋の畳が繋がったら・・という想像力や、その星では重力が地球と違ってて、誰もがヒーローになれる、といった率直な発想もまた良かったのかな。のび太も道具ではなく自らの力でスーパーマンみたいに活躍。前半では意地悪だったジャイアンやスネオも最後には友情パワーで悪役と戦う。

あとで調べてわかったんだけど、この映画の原作の大長編漫画、コロコロコミックで1980年9月号から1981年2月号まで連載されてたそうで。私、1980年9月号、買いました!親戚ん家に遊びに行った際買ってもらって読んだ記憶があります。ただそのときはかなり壮大な話だと思ってた記憶があります。すげー、今度は宇宙かよ〜って。けど、今見たら普通でした。当たり前か。でも懐かしい!子どもにはとってもいい話だと思います。や、大人にも(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 07:44| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ドラえもん のび太の新魔界大冒険 #800

2007年 日本 120分 映画ドラえもん

今年も見に行っちゃいました。ドラえもん!行ったのは公開2日目とあって結構な入りでした。一度5本目に「のび太の魔界大冒険」が作られていますが、今回はただの焼き直しではなく、脚本になんと小説家の真保裕一氏を迎えています。

もしもボックスで魔法世界になった地球を舞台に、魔界星が接近し天災が相次ぐ中、魔界星の魔王デマオンと戦うのは魔法博士の娘、美夜子。ドラミちゃんも活躍します。

ヒロインの声は相武紗季の他次長課長の河本や久本雅美などの声のゲストも迎えてます。

脚本の良さは前半に仕掛けられています。ちょっと未来からもしもボックスにお願いしないようにタイムマシンで戻った際のタイムパラドクスを利用したトリックが後半できれいにまとめられるのはスッキリしました。

あとはいつも出てくる敵役の間抜けな手下。星の数のところはついつい笑っちゃいました。いやーいいですよ。ドラえもん!


公式サイト
posted by 映画のせかいマスター at 08:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ドラえもん のび太の太陽王伝説 #564

2000年 日本 92分 映画ドラえもん

ドラえもん誕生30年記念作品ということで、なんとなく大掛かりなオープニング。のび太とそっくりな太陽の国の王子様が入れ替わり生活を送るというどこかで聞いたような始まり。おぼろげな記憶しかないけど、他の映画版ドラえもんかTVアニメでものび太と王子様が入れ替わる話があったような・・。

で、のび太になった王子は威張りくさって嫌われ、王子になったのび太は子どもたちに好かれる。王子様はのび太に自分に無いものを見つけ、2人に友情が芽生えていく。

敵はシリアスな顔した魔女・レディナ。かなり強敵。王子ティオの棒術の先生・イシュマル、その娘ククらが、のび太たちと交流しつつ、ククがレディナに誘拐されて・・・。

古代文明・マヤナ国の民族衣装が豪華で、展開もシリアスな部分もありつつ、記念作品に相応しい出来栄えになってます。最後は友情とお別れで、涙!の展開。

posted by 映画のせかいマスター at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

ドラえもん のび太と翼の勇者たち #562

2001年 日本 91分 映画ドラえもん

シリーズ22作目。スネ夫家でかつて鳥人間がいたという話題で盛り上がるのび太たち。この構図は寅さん一家の一家団欒に似てる。子どもの頃って特に誰かんちで新たな発見があってみんなでワイワイやるのっておもしろいよねー。ここだけ登場の出来杉君が薀蓄を披露し、鳥に思いを寄せるのび太。今回は鳥ワールドが舞台です。

鳥王国バードピアから迷い込んだ鳥人間・グースケは小さい頃空から落ちたトラウマで今でもうまく飛ぶことが出来ない落ちこぼれ。グースケを追ってバードピアに来たのび太らは、そこが人間に迫害された鳥たちの国であることを知る。

鳥人間はソフトバンクホークスのハリーホークっぽくて、球団設立当時のヘルメットを思い出してしまった。↓こんなの
howks.jpg

“渡り鳥パトロール隊“の入隊テスト“イカロスレース“に出場したグースケが優勝したのに自分の翼で飛んでなかったため失格になって落ち込む姿は全国数十万人の「のび太君」たちに共感されたに違いない。

23世紀の科学者・鳥野博士が映像人間で出てきたところはタイムマシン #19という映画でも出てきたなあ。

地球は人間のものだけではなく、自然界、鳥たちとも共存していかないといけません。そういうメッセージ色も子どもの頃に見ておいたほうがいいんじゃないかと思いました。


posted by 映画のせかいマスター at 06:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

のび太とロボット王国(キングダム) #554

2002年 日本 81分 映画ドラえもん

シリーズ第23作。スネ夫がSONYのアイボ(なつかし!)もどきのロボットを買ってもらった。うらやましいのび太はドラえもんがデートに行った隙に、勝手に未来デパートからロボットを注文する。ところが注文方法がわからずに間違えて大量に買ってしまって街中大パニックになる。なんとか返品するのだが、1体だけ少年型のロボットが残る。調べてみると地球のロボットではない。生まれ故郷に帰そうとタイムマシンに乗り込む一行だったが、途中で時空の乱れに巻き込まれて・・。

やっぱりタイムマシンに乗ってどこか知らない時と場所に行ってしまうというのが、一番の冒険ストーリーだと思う。しかも今回は人間とロボットがかつては共存、今は人間がロボットを支配している国。ロボットたちは人間並みの知能を持っている。ロボットに同情したばかりにかばって事故に巻き込まれ父を亡くした王女がロボットの制圧に乗り出したのだった。

異国の設定っておとぎ話みたいで面白い。どんなありえない話でも、すんなりとその設定に浸かってしまい、同情し共感する。これがアニメのいいところだ。しかも今回は人間の心を持ったロボットを人間が支配するというあながち起こりえない話ではないだけに尚更だ。ロボット親子の家族愛も含めて最後はしんみり終わる。毎回このレベルを維持するのも大変だろうと思ってしまった。



神【Sin】とFP王の為替で資産10倍計画 ★真のFXパーフェクトマニュアル【FP王の儲けて屋〜Moukete Store〜】
posted by 映画のせかいマスター at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

ドラえもん のび太とふしぎ風使い #552

2003年 日本 80分 映画ドラえもん

ドラえもん映画シリーズ第24作。うちのお子ちゃまの事情も踏まえてドラえもんシリーズは完全制覇を目指すことになりました(笑)

いつものTVシリーズでは宿題を忘れたり、草野球でエラーしたりして日常の何気ない一コマを解決するのが主なんだけど、映画になったらいきなり地球の危機を救ったりする大スペクタルになるのが、結構面白い。大人も楽しめるはず。私は楽しみましたから。

で、今回は風の国が舞台。タイムマシンで行くわけではなく、どこでもドアなので、地球上のどこかという設定。どこでもいいからだだっ広い平原へ!って行ったところが、風をあやつる風の民と、嵐族が争う風の世界だった。はるか昔、封印されていた嵐族の悪の化身を甦らせてしまったことから、二つのつむじ風が発生。一つはスネ夫の元を訪れた後、のび太の家に。もう一つは狼に宿る。のび太の家のつむじ風はフー子と名付けられ、ぬいぐるみに入れて可愛がられる。風の国にフー子を連れてきたのび太一行は風の谷のテムジンらと合流するが、狼に宿った悪の風がスネ夫に乗り移ってしまう。スネ夫はフー子を連れて南の島の剣を探しに行く。スネ夫、フー子、剣が合わさった時、ノアの大洪水が再来する・・・。

おおー、なんかアクション映画みたい。スネ夫が敵に回り、ドラえもんのポケットを奪われ、道具を使わずに解決していく。のび太が大活躍したり、ジャイアンがやたらかっこよかったり、敵の手下がちょっとお間抜けだったり、と映画ならではの展開もあるんだけど、風の国の道具を使ってラストで大ボスを倒すまで、なかなかの展開。

ネタ元はてんとう虫コミックス第6巻に収録の短編『台風のフー子』

それと映画を見終わったらこの映画のサイトをお勧めします。ゲームがあるんだけど、超よくできている!!映画とセットで遊ぶと映画の理解も深まってしまう。
http://www.dora-movie.com/movie_24/top.html

おまけ  見ての通り親バカ画像
060528.jpg
dm2003_illust_800.jpg

posted by 映画のせかいマスター at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

ドラえもん のび太の恐竜2006 #508

2006年 日本 映画ドラえもん

いろんな意味で、この映画を新声優陣でリメイクしたことには意義があると思う。これだけ長い間、国民的な人気を誇っていれば、視聴者も世代交代するのも当然。かくゆう私も小学生の頃この映画を見た記憶がある。私の記憶に間違いが無ければ公開前に「コロコロコミック」(この雑誌まだ健在なのに驚いた。)の創刊号からの特別企画に映画ドラえもんのび太の恐竜の原作マンガが一挙公開されたはずである。そもそも「のび太の恐竜」は単行本の何巻目かに収録されている短編の一つで、映画化に当たって長編として編集しなおされている。新映画にも出てきた目玉型のスパイロボなんかがミステリアスで長編にするにはもってこいの内容だったし、たしか作者もこの話しには愛着があるようなことを言っていたように思う。

そして新作。なんとなくドラえもんのキャラクターが変わっちゃったような気もしなくも無いが、オリジナルに似た内容。細部は覚えていないが、お父さんお母さんも懐かしさと同時に新たにハマって見てしまうことだろう。

冒険の中でドラえもんアイテムをうまく使ってパズルを解くような面白さは、TVアニメのドラえもんではなかなか同時に複数の道具が出てくることは無いので、謎解きも加味されてる。

私事だけどスネ夫がタケコプターの電池を少しずつ使えば消耗を遅らせると言っていたのを自分のおもちゃに応用したことを覚えてる。

関連記事
ドラえもん のび太のワンニャン時空伝 #270
posted by 映画のせかいマスター at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする