2016年08月15日

希望が丘の人びと(連続ドラマW)#2387

2016年 wowow 全5話

重松清原作のドラマ化。突然妻に先立たれて家族のバラスを失ってしまった父と娘と息子。希望が丘ニュータウンに住むことで、妻の過去や思いを実現していこうと再起していく家族の物語。
近所づきあいが疎遠の現在に人のつながりで生きていくことを改めて考える。反抗期の娘と父親の争いも他人事とは思えない。このへんの父親が主役の物語は重松清の得意分野かな。
ラーメンズいい味出してた
posted by 映画のせかいマスター at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

グーグーだって猫である2(WOWOW連続ドラマ) #2381

2016年 WOWOW 全5回

続編。何気ない日常の話なんで、何話でも創れるな。主にアシスタントの黒木華、入れ替わりで入った前田敦子のエピソードを織り交ぜながら、十何年か連れ添ったグーグーが死んでまた別のネコと暮らすとこからはじまる。先生の家の2階に張り込む刑事イッセー尾形とか、担当のマリッジブルーとか、ほとんど町内から出たことのない先生が富士山まで行ったりとか、ま、文字で書いちゃうと1行で終わるんだけど、ほのぼのと展開していきます。宮沢りえもこういうのが似合う年代に・・。
posted by 映画のせかいマスター at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンゾー先生 #2380

1998年 日本 129分

坂口安吾原作、今村昌平監督の映画。戦中に肝炎の研究に携わった一人の町医者の奮闘記。肝炎は不治の病とされていた時代に、今みたいな機材もなく顕微鏡一つで立ち向かった街の普通の開業医。「死」がテーマなので、重くなりがちなところを、笑いも含めた喜劇映画に仕上がった。医者が死を宣告したあと、死を整える職業?なんと表現するかわからないけど、確かに必要だったろう、と思える人や、研究のためにもうだめそうな人にお願いして肝臓を取らしてもらったり・・。そういう人たちのおかげで現在の医学の発展があるんだろう。今では考えられないけど。原作もこういうコメディ風なのかな?

若き日の麻生久美子が誰だかわからなかった〜
posted by 映画のせかいマスター at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

火線地帯 #2376

1961年 日本 79分

地帯シリーズ第5弾。だんだん青春ヤクザ映画みたいになってきた。と思ったら監督が石井輝男から変更。ちょっと売春組織から離れちゃったかな。拳銃の売買に絡み、勢いのある若者がヤクザから拳銃を奪い奔走する。夢はブラジルで大農園を経営する、そんな話で盛り上がりながら巨悪に挑んでいく。

吉田輝雄、天知茂、三原葉子のおなじみメンバー総出演。
posted by 映画のせかいマスター at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

風に立つライオン #2375

2015年 日本 139分

 さだまさし原作の小説の映画化。ラストに流れる同名の主題歌が妙にいい歌だナーと思っていたけど、歌自体は1987年の作品。もしかしてその頃からこういう小説のプロットをお持ちだったのだろうか??と思ったら実在するる柴田紘一郎がモデルだそうだ。・・かくして天は二物を与えずというが、歌手でも小説家でもすごい作品を残している。

 前半はアフリカで活躍する医師の話。後半から徐々に過去や日本の話しがクロスしていき、もしやこの話は・・・と思っていたら・・・。

 石原さとみ、よくあんなとこまで行ってロケに参加したものだ。個人的には真木よう子の田舎の二代目お医者さんがばっちりで良かった。
posted by 映画のせかいマスター at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

黒線地帯 #2371

1960年 日本 80分

石井輝男の地帯シリーズ第2弾。前回のソープランドに続き、黒線とは麻薬組織のこと。赤線防止法で地下に潜った売春組織でもあるようだ。今回は記者の天知茂が麻薬組織に挑む。ポン中の売春女が出てきたり、キャバレーのポールダンサーが出てきたり、キワドイ描写もたくさん。古き良き時代の日本の景色も堪能できます。今とは全く違う新宿とか貴重!

探偵役の天知とキャバレーの女のロマンスっぽい軸もあって事件を和らげてる。
posted by 映画のせかいマスター at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

刑事物語 #2359

1982年 日本 110分

武田鉄矢の人気シリーズ。ペンネームで原作脚本も書いている。この人各年代で確実にヒット作があるんだよねえ。才能のなせる業かな。今回のハンガーアクションもかなり練習したみたいだし、努力もしっかりされてるんだろうねえ。
このシリーズ、かなり懐かしい。確か全部見たと思うんだけど、片山刑事が全国を旅?じゃなくて転勤しながらヒロインと出会い、犯人をやっつけるという話。第一作目のヒロインは・・・この映画だけで引退してしまったらしい。デビューからハードなヌードシーン、ろうあ者の役で、大変だったんだろうか?かなりセクシーなボデーだったのでそっち系の役ばかり来たのかも??
ま、それは置いといて、トルコを舞台に暗躍する組織を追い詰め、ついついやり過ぎたりもする、そしてバトルにはとことん強いヒーローだ。
posted by 映画のせかいマスター at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

蜘蛛の鐘 #2357

日本 1998年 83分

蛇の道と主人公哀川翔は同じ名前で、子供を殺された設定まで同じだけど、リンクするのは最初だけであとは別の話。相手に復讐を果たしたあと、旧友のダンカンに再開し、謎の仕事を手伝うようになる。
話の中に出てくる小話がやたら怖い。パラシュートを点けてなくて落下してしまった男が恐怖のあまり失神する目が覚めるとまだ落下の途中である。もう失神もできなくなった・・・。とか南極で一番怖いのはシロクマに出会うことだとか・・。ダンカンの会社もやたらと謎めいててその設定の妙(のバカバカしさ??)に驚く。

出てくる人たちも寺島進や大杉漣、ダンカンとたけし映画っぽい。
posted by 映画のせかいマスター at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

キッズ・リターン 再会の時 #2340

2013年 日本 113分

たけしのキッズ・リターンの続編・・・とは明確には謳ってない。助監督だった北野監督の“愛弟子”清水浩監督による10年後を描いた作品。たけしは原案。

キッズ・リターンが実際に長い年月をかけて撮られた作品だったので、今回も同じキャストで、という期待はしていたのだが、平岡祐太と三浦貴大による共演。17年前の作品の10年後なんで、少し若返るくらいがちょうどよいのか??そこだけ物足りない感じはあった。

で、17年経った彼らは、ボクサーもそこそこ、ヤクザも警察の取り締まりが厳しくて冴えない日々。その中で再会したことで、もう一度燃え上がっていく!

地味な役者のなにげないキャラが面白い。警備のやる気ない文句ばっかり言ってる先輩とか。たけし監督でも良かったのに。
posted by 映画のせかいマスター at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

刑事の勲章(横山秀夫ドラマ2016)#2335

2016年 TBS 横山秀夫

以前同局でドラマ化された「刑事」のリメイク。刑事たちに気を休める時間を作ろうと、退所後の警察手帳の一括保管を始めたがその中の手帳が紛失、同時期に起こるスナックのママの強盗殺人では、たまたまその前にその場所に立ち寄った、刑事課に配属されたばかりの事務方の刑事長谷川朝晴がいたばかりに、捜査に絡む。

設定はほぼ同じ、叙勲の候補を誰にするかと考えたり、最後はなくなってしまう寺田農がそんなのよりもほしいのは刑事の勲章だと、今回も庶務の二渡は悩ましい立場に置かれる。麻木久仁子がやってた同僚役を和久井映見。
posted by 映画のせかいマスター at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

この街の生命に(ドラマW) #2326

2016年 wowow

ペットの殺処分場を舞台に、どうしたら殺処分ゼロになるかを目指すヒューマニズム溢れる人々を描く。現代人の生活にペットは欠かせないものになってて、災害の際にもペットを助けるのが当たり前になってきた。にも関わらず、途中で飼えなくなったからと捨てられるペットも後を絶たない。この矛盾した社会に一石を投じる大事なドラマだとは思うが、なかなかこういうテーマはウケるかどうかは微妙だ。ドラマWはけっこうこういうテーマを取り上げる。冒頭から職員が夢にうなされて夜間お漏らしする、ってところから、加瀬亮が現状に悩み、他の職員との軋轢とか、新しく室長として任命され得t来た田中裕子が殺処分ゼロを目指して雰囲気を変えようとするとことか、おそらく全国でこういうコトが起きてるんだろうなーというリアルな感じでした

posted by 映画のせかいマスター at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

顔 #2322

2000年 日本 123分

NHKの達人達という対談番組で、この映画の監督の阪本順治が千原Jrと対談した際、引用されていた映画で、少し興味があったがBSでオンエアされていたのでチェック。引きこもりで暗い人生を送っていた35歳の女性が、対称的に派手な妹を衝動的に殺してしまい、逃亡する。すぐに指名手配されるが、最新の写真が中学の卒業時のものしかなく、逃亡先の別府のスナックで働き始める。それまでとは全く違ったスナックでの生活が彼女を生き生きとさせていくが、ママの弟(豊川悦司)がヤクザの抗争で死に、それがきっかけでまた逃亡するハメになる。

福田和子事件をモチーフにしてるらしいが、見ていると最初に主演の藤山直美ありきで作ったような印象を受けるほど、彼女のインパクトが大きい。最初の冴えない時とスナックで活き活きしてる時は別人のよう、さすが女優。捕まるか捕まらないかとか、どうでもよくなってしまうので、もっといろんな場所での逃亡生活も見てたかったような?

たまたま出会う佐藤浩市が別府の楽天地でこどもとアヒルレース見てるシーンが懐かしく、今度行ってみようかと思ってしまった。
posted by 映画のせかいマスター at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

きんぴか(連続ドラマW)#2317

2016年 全5回 wowow

浅田次郎の小説をドラマ化。硬派なやくざモノ。中井貴一が主演で渋いヤクザの役をやっている。この人なんでもデキちゃうね。で、それが軸かと思いきや、ユースケやピエールもしっかり絡んできて三つ巴の様相。飯島直子がヒロインで恋模様も・・。すげーな、20年くらいタイムスリップした感じ。まだまだ現役乙です。

posted by 映画のせかいマスター at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

GODZILLA #2399

2014年 アメリカ 123分

98年以来16年ぶりにアメリカのゴジラ。日本も舞台になってて、原子力発電所の事故とか津波のシーンとかかなり際どいのもあるんだけど、それよりも何よりもゴジラと怪獣ムートーのバトルシーンがリアルですごい映像だったのでぶっ飛んだ。前置きのストーリーいるのかなとか思っちゃった。思えば初期のゴジラって社会派ではあったけれども、現代とはちょっと違う価値観みたいでゴジラの受け入れ方もちょいと異なるわけで、現代版だとやっぱりこんな感じ何だなーと改めて感じた。最初にゴジラが出現したとされる年度も1954年とオリジナルに合わせてて、98年版と違い日本版に近い感じ。渡辺謙も出てるし。ゴジラの造形もバッチリじゃないかな?!で、まさかの別の怪獣登場。否応なくシリーズ化期待してしまう。
posted by 映画のせかいマスター at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

巨人と玩具 #2393

1958年 日本 96分

証人の椅子に続き開高健原作の映画。これは全部チェックしなきゃと思っていたら、映画化されたの2作だけだった。およよ。後半は冒険モノのエッセイが多かったけど、原作小説も面白い。

この作品は、戦後の経済成長期にキャラメルを売るためにマスコミを使って大々的にアピールしてV字回復・・するはずの話。3つどもえの菓子メーカーの中、苦戦するワールド製菓で、なんとか苦戦する上司と部下のコンビ、上司は挙句の果てに覚せい剤でボロボロになり、部下も大した仕事はできずに終わってしまう。

時代背景がわからないのでなんとも言えないが、今となってはありがち?な話なのかも
posted by 映画のせかいマスター at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

荒野のストレンジャー #2392

1973年 アメリカ 103分 クリント・イーストウッド

イーストウッドの監督作品2作目。流れ者のイーストウッドが、立ち寄った街でからんできた3人組をぶち殺しちゃった、でもその3人組は街に雇われた用心棒、近日中に出所してくる悪に備えるため、倒した人間に頼むしかないってことで、イーストウッドに白羽の矢が。身から出た錆とはいえ、破格の条件で頼まれることに。しかしハチャメチャなものを用意させようとする。しかも自分はいい女を見つけては寝てるし。そのパズルが埋まって大団円なんだけれども、なんだかむちゃくちゃな話やなー。こういうことしてるから数十年後に訴訟社会になっちゃうでしょ(笑)これ前も書いたような。それと書かないけどオチがしっかり!
posted by 映画のせかいマスター at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒の斜面(ドラマ2016)#2391

2016年 テレビ朝日

1970年の映画で、その後も何度もテレビドラマ化されているおなじみの作品(のようだが、初めて知った。黒シリーズとは違うみたい)。飛行機のチケットを渡して自分は乗らずに不倫相手のところに行ったら、その飛行機が墜落して、翌日知ったものの、出るに出られず・・という定番っぽいけど永遠に頭をかすめる展開がウケてるのかな。

今回は殺人事件を絡めて、犯人は誰的な要素も入れてるんだけど、原田泰造が遠藤久美子の首を絞めてる冒頭のシーン、反則じゃない?結局主人公が犯人と思わせといて二転三転する展開・・。同時に2人と不倫するとか無理あるよね。一人の内山理名はイケイケで目が離せないし。妻の檀れいも探偵役として話に入って来るような来ないような・・。まあちょっと退屈しないで刺激があってよかったかな。
posted by 映画のせかいマスター at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

誤断(連続ドラマW)#2376

2015年 wowow 全6回

薬剤メーカーのかつての副作用にまつわる問題を当時を知らない若い社員(玉山鉄二)が直面することとなり、逃げずに立ち向かっていく。「長原病」として市民の間には知れ渡っているのに、因果関係を立証できないと責任を取ることを逃げまわっている製薬会社。今もなおその後処理は終わっていない。

味方と思っていた顧問弁護士の柳葉敏郎が実は被害者遺族で、途中で寝返り、主人公は孤独な戦いを強いられる。上司の小林薫が悪役として描かれていくが、彼にもまたドラマがあり・・。

社会派ドラマとしては重い内容。見終わったら満腹感・・
posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

黒蜥蜴(江戸川乱歩ドラマ2015)#2374

2015年

乱歩のものとは思えない指紋認証とか瞳認証とかハイテクを駆使して守られている宝石がイリュージョンショーとともに姿を消した・・。かと思われたが出てきた。同時に持ち主の娘が消えた。がやっぱりすぐ現れた。怪盗黒蜥蜴の招待もイリュージョンのマジシャンだと直ぐに判明、進んでるような進んでないような一進一退の中、事件は起きるような起きないような(笑)

明智探偵(渡部篤郎)と黒蜥蜴(真矢みき)が恋に堕ちるっていう設定は意外と面白かった。続編できてもおかしく無さそうで。黒蜥蜴の出現にまつわるストーリーもそれなりで、怪盗が悪く描かれてないところもよい。年1くらいでやらないかなー
posted by 映画のせかいマスター at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

5人のジュンコ(連続ドラマW2015)#2372

男を騙して保険金殺人して捕まった佐竹ジュンコ(小池栄子)から始まり、彼女を追うルポライターの松雪泰子の視点から5人のジュンコが交錯していく。

軽いところから書けば資産家の麻生祐未は、魔性の女でスナックで財産を築くがその子どもたちは全く恩恵を受けられず、店を乗っ取った杉田かおるといざこざの末・・・。
松雪のかつての同僚の西田尚美は旦那の会社の上下関係で団地の中でつらい思いをしている。
この2人はどこかで佐竹ジュンコとつながっている。
そして最も佐竹ジュンコに迷惑をかけられているミムラは、過去の思い出したくない思い出を松雪に語り始める。

それぞれが罪を犯さざるを得ない状況に追い込まれ、人生の歯車が狂っていく。一番の悪女は一体??

世間を震撼させる逮捕劇から始まり、探偵役の人にもいろいろと事件が起こり、最後に大逆転。こういう群像劇、面白いなー。原作の真梨幸子、何冊か読んだがこれはまだ未読。作品の中では一番いいのでは?
posted by 映画のせかいマスター at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする