2007年04月10日

寝ずの番 #820

2006年 日本

最初は落語家の一門ってやっぱり面白いなあ、っていう視線で見てた。鶴瓶の師匠がモデルらしく、途中で鶴瓶もカメオ出演していた。その一晩の話かと思っていたら、その夜は序の口で次々に病に倒れていってしまい、合計3人寝ずの番をすることに。3回、同じような夜のシーンを見るうち、だんだん死者を送る通夜の夜、こういう送り方もいいなーと思うようになった。

今では通夜も葬儀場がすべてやってくれるけど、自分の両親の時はこういうのもいいかなあ。死者を前に、いろんな話、下ネタや暴露話、大笑いしながらみんなで話すんだけど、決して悪意が感じられず、愛情を伴ってる。死者を送る涙の中にもたくさんの思い出があって、それは良いことだけじゃないし、それよりもなによりもみんながずっとそこにいて、寝ずの番をするってことが一番じゃないかなあ、と。

死人カンカン踊り、とかフツーに考えたらやりすぎなんだけど、誰もが微笑ましく見てる、いいですよねえ。こういう空間。

あと、このブログには下ネタは最小限って書いてるんですけど、下ネタ抜きにこの映画は語れません。きっと、卑猥は悪だっていう世間へのアンチテーゼなんでしょうね。いろんな地方のいろんな言い方も含めて何十回も卑猥語が出てくる。最後のほうは歌でずっと歌ってます(笑)

監督のマキノ雅彦こと津川雅彦。年を取るほどいい顔になってて、私も好きな俳優さんの一人なんだけど、この映画には俳優としてではなく、人間津川雅彦の血縁関係とか交友関係とかいろんなものが詰まってていい感じです。映画一家に生まれて、中島らもの原作の版権を譲り受けて、役者としてほとんど出てる伊丹十三監督の「お葬式」とか性描写とかを引き継いで、やっと完成したこの映画。お兄さんの長門博之も師匠役でしっかりサポートしています。



posted by 映画のせかいマスター at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

波の数だけ抱きしめて #817

1991年 日本 104分 ホイチョイ・プロダクション映画

ホイチョイプロ第3弾。冒頭から中山美穂の挙式シーン、織田裕司が残念そうに振り返ってるから、どうやらハッピーエンドでは終わらないようだ、という含みを持たせてスタート。舞台は湘南のミニFM放送局。ミニFMって根強いですよねー。もう何十年も前から、ネット社会の現代までずっと続いてる。やりだしたらはまるんでしょうねえ。

この映画の人たちも高校卒業からずっと、地元FMの聞ける範囲を少しでも広げようと地道に頑張ってる。やっとこスポンサーもついて、さあ、ってところだったんだけど・・。で、主役の二人が結ばれなかった理由がこれまた切ないと言いますか、皮肉と言いますか。ミニFM局の特徴をよく生かした映画でした。


posted by 映画のせかいマスター at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

ナースコール #795

1993年 日本 薬師丸ひろ子

「病院へいこう」とかぶっちゃってるけど、こっちは真面目なドラマ。病院へいこうがインパクトが大きかっただけに、やや物足りなさが残る。最近では病院はTVドラマの舞台に多く使われてるので、わざわざ映画で見るものでも無くなってしまったのかもしれない。

そうそう。これはドラマを見ようと思って見るのではなく、薬師丸ひろ子を見ようと思って見る映画であるのだー。青春ドラマとっしては「レディレディ」で一区切りしたと思ってたんだけど、大人の女性としてもやっぱりアイドル映画になっちゃってる!?

で、その役どころはどこにでもいそうな看護婦さん。可も無く不可も無くって感じ。看護婦さんの悩みを等身大に演じてて、その業界には好評なんじゃないだろうか。ドジもないし、どたばたもしない、冷静な大人の看護婦さん。

あと、看護婦さん役といえば松下由紀。この人何回看護婦さん役してるんでしょ。
posted by 映画のせかいマスター at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

ネゴシエーター #768

1997年 アメリカ 117分

久々にアクション映画見た!面白かった。エディ・マーフィーはシリアスなのも似合いますねえ。最初に強盗と交渉するシーンから、交渉人っぽくって期待できそうだったけど、一気にアクションへ突入、カーアクションや路面電車の暴走など息も付かせぬ展開で前半を終え、後半の一騎打ちへつながる。もっと交渉するシーンがあったほうが良かったかな。パートナーを亡くし、新人を鍛えるところも悪くは無かったんだけど、ネゴシエーターらしき部分も見たかった。拘置所で怒りに任せて犯人を罵倒するところなんかは完全に交渉人じゃなかったですね。

あと、犯人が呆気なく脱走しちゃうのはちょっと??だったんだけど。逮捕されても付け狙うしぶとさで牢獄から刑事を追い詰めるって訳には行かなかったんだろうねえ。

おやおや、書いてるうちに文句ばっかりになってしまっているけど、でも面白かったんですよ本当に^^


posted by 映画のせかいマスター at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

日本一のゴマすり男 #740

1965年 日本 110分

クレージーではなく、植木等単独出演の日本一シリーズ。新入社員の中等(なか・ひとし)が、張り切って出社するが、業績を上げても年功序列の会社、なにがどうなるというわけでもない。父親の果たせなかった出世コースを果たすべく、浜美枝にもうまいこと乗せられて、ゴマすりつつ上司に取り入ることを決意。釣りにゴルフと係長→課長ついに重役にまで取り入っていく。陰口もものともせず、ゴマすり街道まっしぐら。

最近ビジネス書で営業本がたくさん出版されているが、このシリーズの植木等を見てたらこれやったらいいんじゃないかと思う。現代人にはいなくなったタイプですね。現代人が本を読んで必死で掴もうとしているところを、そっくりそのままやっちゃってる。具体的にはちょっとの失敗でくじけずに、周りの評価も気にせず、自信持って生きていく。そんなサラリーマン、いつの時代に見ても勇気付けられます。

ちょい役で加藤茶が出てた。日系人で映画しか喋れないはずの藤田まことの台詞が途中から大阪弁になってた。ウケ狙ってますねえ(笑)時事ネタとして堀江青年のヨット単独太平洋横断の話が出てた。

係長(人見明)→課長(犬塚弘)→部長(有島一郎)→社長→大社長(東野英一郎)っていう俳優の序列もなんか可笑しかった。


posted by 映画のせかいマスター at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

2001年宇宙の旅 #734

1968年 アメリカ 139分

以前一度見たときは、コンピューターが暴走するんだ、コンピューター=人格化。へぇ〜って感じでしか見ていなかったのであるが、改めて見ると実に深い作品である。・・・が故に??何をここで書いたらいいのかよくわからない(爆)

とりあえず読んでためになったHPを挙げておく。
倉田わたるのミクロコスモスへの扉「2001年宇宙の旅」の真相
http://www.kurata-wataru.com/2001mys.html

しっかりとそのプロットを踏まえてから見ないとさっぱりわからないのかもしれない。壮大な音楽とやや長めの宇宙(船)の映像、見てぼーっとしてたら、見逃しちゃう。困った大作である。2001年は過ぎてしまったが、映画の中のアイテムは実現したものもあればしていないのもある。こんなのを1968年に作っちゃうとは。


posted by 映画のせかいマスター at 07:16| Comment(2) | TrackBack(2) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ニンゲン合格 #711

1999年 日本 109分

14歳で交通事故に遭い、10年間意識不明のままある日目が覚めた少年。その失われた10年の間に家族は離散し、会いに来たのは加害者と、風変わりな父の友人・役所公司だけ。
その男と釣堀でブラブラしながら、迷い込んだ馬を飼い、牧場を始める。徐々に家族は少年の下に集まってきて、もう一度全員が揃うんじゃないかと思う。

子どもが大人の社会に入って成功する話では、トムハンクスの「ビッグ」を思い浮かべるが、このまま牧場が繁盛し、家族が再会するんじゃないかという期待はもろくも崩れる。その発端となるのは加害者である大杉漣であるのだが、あくまでもきっかけに過ぎず、主人公の中で何かが崩れ、新たな旅に出ようとするのだが・・・。



やっぱり感想を書きにくい。人によってはそんな話じゃないぞ、と言われてしまいそうだ。うーん。「だから何?」ってところもあるし、そうかと言って見なきゃ良かったって話じゃないし、いろいろ思うことはあれど、映画との関連ではないことだったりして・・・。

10年、尽くしてきたものがいきなり変わってしまった、そして周りもそれなりに変わってる。10年不在の場所は自分の場所ではない、10年放浪した風来坊、自分の居場所、生きてきた証が欲しかった、ということだろうか。・・やっぱり何を書いていいかわからん〜

posted by 映画のせかいマスター at 20:57| Comment(2) | TrackBack(1) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

日本の一番長い日 #672

1967年 日本 157分

岡本喜八監督。日本敗戦の日、その一日をじっくりと追うドラマ。なんと言っても広島への原爆や、その日に至るまでをコンパクトにではあるが(この辺ももう少し見たかった)映しているので、オープニングのタイトルが出るまでに20分かかる。

で、ポツダム宣言を受け入れる(=敗戦を認める)、それを国民に知らせなければならない、ってことでいろいろと各々の思いが錯綜した様子がわかる。志村喬、総理の笠智衆、と説得力のあるキャスティングで、天皇陛下のご決断が勇気のいることであるが、大事なことだったとして描かれる前半。そして長い一日はそれだけでは終わらず、矛先の収めどころを失った兵隊たちが蜂起する。

226事件で起きたことは知っていたけれど、終戦の日にも似たようなことがあったとは知らなかった。伝え聞くのは前半部のことだけだった。

今の政府にハラキリを行えるような政治家がいるだろうか?憲法第9条が話題になっているが、すぐに戦争と結び付けて考えるのはよくないのかもしれないが、戦争が起きるともう一回この長い1日を繰り返さないといけないということだ。
ラベル:岡本喜八
posted by 映画のせかいマスター at 07:19| Comment(2) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

ネバーセイ・ネバーアゲイン #592

1983年 アメリカ 133分

12年振りにショーンコネリーが復活して作られた「サンダーボール作戦」のリメイク版。リメイク版といってもかなり手を入れているので、ぱっと見、同じ話と思えない。ブロフェルトも長髪とヒゲでイメチェン?してる。ヒットしたら続けて作る予定だったんだろうか?コネリーは「ネバーアゲイン」と台詞の中で答えてる(笑)最初こそ老けたかなと思ったけど、見慣れてくると昔のまんま。せっかく乗ってきたけど、やっぱり一夜限りの復活なんだよねえ。ボンドはシリーズで見なくっちゃ。話は続きではないにせよ単発だと気が乗らない私でした。ボンドガールはブレイク前の キム・ベイシンガー。


posted by 映画のせかいマスター at 06:02| Comment(1) | TrackBack(3) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

日本の悪霊 #577

1970年 日本 90分

当時の学生の間でベストセラーになった高橋和巳の小説が原作で、黒木和雄が監督したATG映画。うり二つのヤクザと刑事。刑事はヤクザに入れ替わりを持ちかけられ、最初は拒絶するもだんだんとヤクザの世界に浸かっていく。一方、ヤクザは自分の過去を清算しようと動く。

よく角川映画で悪役やってた佐藤慶が主演で2役。ベストセラーかつ、この興味をそそるタイトル、なんだか凄そうな気がしていたが、なんか肩透かし。題材はいいはずなので、もう一回誰か映画化してくれないかなあ。

音楽の岡林信康はオープニングこそ、おお!ATG映画にぴったりだー!と思っていたけれど、本人出過ぎでは?話に絡まなければいいんだけど、最後の少女との2ショットはイタダケナイっす。うーむ。ちり紙交換でリアカーを引きながら本職は歌なんだよね〜と近所の人を集めて歌いだすところは面白かったけど。彼女と結婚して〜冬が来て春が来て夏が来たら飽きがきた〜♪なんてね。

ちり紙交換といえば70年代の町の様子が随所に映し出されててミョーな懐かしさがあった。今でもあまり変わらない町には住んでいるんだけど。・・というような感想しかありましぇん。

posted by 映画のせかいマスター at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

ナショナル・トレジャー #553

2004年 アメリカ 131分 ニコラス・ケイジ

アメリカ史実に基づいた謎にエンターテイメントを加えて映画化。幼い頃祖父の話を聞いて育ったトレジャーハンターが、世間の白い目に耐え、4千年の歴史を誇る伝説の秘宝の在り処に近づく。

アメリカの史実なんてほとんど知らないので、どこまでが事実でどこまでが映画なのかじぇんじぇんわかんなかったんだけど(受験の時も社会科苦手だったからねえ)、この伝説の秘宝って言うのが、テンプル騎士団が残したというモノ。テンプル騎士団と言えば、「ダビンチ・コード」でも重要なキーワードになっている1118年のフランスの騎士団。コロンブスもその一員という説もある。さらにこの秘宝が実在の秘密結社フリーメイスンに守られていたという設定。フリーメイスンに関しても、アメリカの独立宣言に署名したほとんどはフリーメイスンだ、とか大統領にも何人もなってる、とかモーツァルトも一員だったとかの説がある。(公式サイトより)

んでもって、アメリカ建国の際ベンジャミン・フランクリンが書いたという独立宣言書の裏に書かれている暗号を読み取るために、宣言書を盗み出す。グラスに付いた指紋を採得し指紋を読み取る鍵を開け、キーボードのヨゴレからパスワードを組み立てる。監視カメラの映像を取替えて無事宣言書を盗むのだが、ここが一番ハイテクで難しそう。ここをさらっと実行するにも関わらず、売店でレプリカをカードで払って足をつけてしまうところがニコラス・ケイジらしくて面白い。

その後も1ドル札の時計の時間の暗号を解いて話は進む。1ドル札の謎として、作りかけのピラミッドがフリーメイスンの記号であるという説がある。日本のお札にも同じような伝説?が隠されているようだが、普段何気なく使っているものの中に謎があるというのもオツなものだ。

また、同じ宝を狙う悪役軍団が登場し、必ず追って来たり、美人の同伴者が巻き込まれていつの間にか主人公と恋に落ちてしまうところとか、映画っぽい演出も欠かせない。パイレーツオブカリビアンといい、ディズニーの実写冒険映画は面白い。

主人公の父親役は真夜中のカウボーイのジョン・ボイト。すっかり年を取っちゃってる。元気そうで何より。


posted by 映画のせかいマスター at 06:42| Comment(5) | TrackBack(4) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々 #432

2000年 アメリカ 107分

1作目から4年後に作られた続編。クランプ教授のもう一つの人格であるバディがついに独立して出現!バディを消すための薬を開発し、飲むクランプ教授だったが・・・。

いつものエディマーフィー(バディ)が長く出演。見てる側にはこっちの方がなんだかすっきりする。太ったエディは見ててイライラ、やっぱりバディの方が小気味良い。

今回は相手役のヒロインでジャネット・ジャクソンが登場。キャラクターは前回のヒロインとほぼ同じ。必死で口説こうとするクランプの口からはバディのものと思われる下品な台詞が出てきて嫌われてしまう。バディを消さねば、と自分の遺伝子を改造するための薬を開発する。

他にもタイトルにあるようクランプ家の食事シーンに代表される家族の出番が増えた・・、が、どれもお下品。シモに走りすぎ??バディが液体成分となってターミネーター2ばりに遊ばれるところが一番個人的には良かった。が、このシリーズはもう腹いっぱい!?

posted by 映画のせかいマスター at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合 #431

1996年 アメリカ 96分

人気が最も低迷してた頃の作品だからと言うわけかどうかわからないけど、ハチャメチャにやってくれました。エディ・マーフィーが特殊メイクしてデブになって、ついでに家族全員を自分で演じてる、っていう設定だけ見たらカナリ色物。なにもそこまでやらなくても・・と思うのだが、ちゃんとメイクなしの本人も出てきます。

痩せ薬を開発中の大学教授クランプ。その巨体で悪気はなくとも迷惑をかけまくっているが、根は気弱な善人である。しかし完成した痩せ薬を飲んだら、男性ホルモンが急上昇!見た目も性格も全く別人に変わってしまった・・!

人格が変わって積極的になった方(バディ)が、いつものエディ・マーフィー!例のマシンガントークを期待して見てる方にはやっとこ溜飲が下がる思い。イケイケどんどんで、女を口説く。

この話の本当に面白いのはここからで、この2つの人格が争い始める。バディはクランプが薬を飲まないと登場できないわけで、クランプを挑発するようなビデオを撮っておいたり、挙句の果てには薬をすり替えたりしてる。クランプもここで負けると男が廃るとばかりに発奮!ラストのステージ上での同じ人の2つの人格の戦いは爆笑なので必見です。

posted by 映画のせかいマスター at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

日本沈没 #388

1973年 日本 140分

小松左京原作。当時で5億円という破格の製作費、日本映画で初の配収20億円という大ヒット作品、タイトル通り日本を沈没させ、日本中を振るいあがらせた問題作。

SF的な小細工なく、ただひたすら破滅の道を歩んでいくこの国「日本」。ネタバレだけど、日本人はこれまで島国で他からの干渉無くぬくぬくと育ってきた。これからは他民族のように見ず知らずの土地で生きていかなければならない。という台詞がとっても印象的だ。

丹波哲郎の当たり役。他の出演者は仮面ライダー1号藤岡弘、そして彼とロマンスを展開させるのはいしだあゆみ。ビキニシーンもある。細く見えるけど意外と豊満!

2006年には草なぎ剛主演でリメイクが決定している。70年代日本映画ブーム?!

日本沈没 TELEVISION SERIES M-1.0
posted by 映画のせかいマスター at 19:06| Comment(2) | TrackBack(2) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

日本一の色男 #360

1963年 日本 93分

無責任シリーズのあとの日本一の男シリーズ第1弾!

営業の目標が1ヶ月35万円を目指そう!だったりするのでこの話も1963年とは思えないんだけど、光等(光源氏にかけた植木さんの役名)が化粧品を売りさばく時に集まったお金が100円札だったり、車の車種を見るとやっぱり昔である。

今回もまた無責任シリーズのような役柄の植木等。化粧品会社にズケズケと入り込み、面接に来ている女性らに化粧品を売りまくる。そのまま、まんまと入社に成功し、トップセールスレディに目をつけ、彼女から客を紹介してもらう。一番にトップに喰らい付くあたり、成功法則を実践している。男勝りの議員に化粧品を売ることに成功、どんどんやり手の営業マンに登りつめる。雑誌の取材を受けて名が売れても、やることは詐欺まがい。でも相手に素性がばれても売っていくたくましさ。しかもなぜかモテまくって数人の女団令子/草笛光子/白川由美/浜美枝に追いかけられる。実はこの行動には隠された理由があって・・・。肝心の・・は、というちゃんとオチもついてて嫌味がない作品に仕上がっている。

日本一の男シリーズも期待できる1作目となっている。
posted by 映画のせかいマスター at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

ニッポン無責任野郎 #358

1962年 日本 86分

「ニッポン無責任時代」の続編。主人公は同一ではなく、源等(みなもとひとし)。前回よりもさらに素性不明となってとある会社に潜り込む。会社のツケで接待豪遊したり、小銭がないと部長(ハナ肇)にタクシー代を払わせたり、さらに会社の金を自分の通帳に入れて利子を頂戴&見せ金にしてツケを利かせたり・・・。犯罪までは行かなくともスレスレのことを明るくやってのける。

会社で出会った女版無責任の団令子とは、ワリカン生活を条件にめでたく結婚!無責任女として売ろうとしてたようだけど、やっぱり植木等のパワーには敵わなかったようである。でもそのさっぱりした性格は物語に厚みを増してヨカッタ。彼女が同居してた藤山陽子を谷啓に送り込み、宿無しの自分はちゃっかりアパートを確保する。その後姑(浦部粂子、なんと当時からお婆さん役)と仲違いして、家を交換、庭付きの家をゲットする!しかも庭は駐車場として開放する。路上駐車が禁止になるから駐車場をやれば儲かる、という時代だったみたい。最初は旦那の忘れ形見として庭を残したがった姑もすっかり大張り切りで車を誘導し、若返ってくる。「バックルバックル、ストーッピ」ってのが生声で聞くと笑えます。

社長(由利徹)の後がまを巡る人見明と犬塚弘の出世争いも源等の立ち回りで無事解決するけど、ウソが全部ばれてあえなくクビに!それでも「過去は振り返らない、未来だけ」をモットーに、全く懲りない彼が向かった先は・・・。ラストは超意外!!!などんでん返しがあるから見逃さないように。私は前編と合わせて永久保存版です。
posted by 映画のせかいマスター at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする