2020年10月17日

プラダを着た悪魔 #2753

2006年 アメリカ 110分

 ファッションとか興味ない自分は、きっとプラダのブランド物語なのかと思って見てたら、ちょっとダサい女性が、片手間で始めた仕事で、悪魔のような上司にビシビシ言われながら、ちょっと自分を変えてみた、すると・・・っていう成長ストーリー。多くの女性の共感を得たのも頷ける。たしかに面白かった!

 タイトルはメリル・ストリープ演じる悪魔のような上司から取ったのかと思ったら、主人公がプラダを着た瞬間、悪魔に魂を売った、と同僚に言われるセリフからっぽい。プラダを着ることがそんなに事件なのかとパンピーな私は思ってしまうのだが、自分らしく生きればユニクロでいいじゃんとか。でもそれがこの映画のポイントなわけで、一流じゃないと認められない世界は確かにあるわけで、そこで生きるのか、途中で挫折してまたもとに戻ってくるのか、人生いろいろではあるだろうけど、自分らしく、を尊重する一方で、一流の世界も尊重しないわけには行かないし、ああもしかして自分もそっちの世界に行きたいのに、言い訳してるだけじゃなかろか、なんてことも思ってしまう。

もともと美人なアン・ハサウェイ、変身は予想が付くし、変身前の姿も元がいいからそんなにダサいとは感じなかったが、映画のオープニング2分をオタキングが解説してるから、それでだいたい理解できる


変わっていく主人公の元を去っていく昔の友人や恋人、新たに出会うそっちの世界の人々、よくある話ではあるのだが、等身大の自分のことのように見れてしまう。みんなどこかでこういうことあるような。また繰り返しみたい映画。
posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

バンコック・デンジャラス #2727

2008年 アメリカ 100分 ニコラス・ケイジ

腕は良いけど孤独な殺し屋ニコラス・ケイジが、バンコクの地で弟子に技術を教え、ドラッグストアの聾唖の娘といい仲になり、今までの寂しさを紛らわせようとするが、そういうときに限って、バラバラになるような展開が。。

わかりやすくてこういうのいいな。最後の依頼を終わらせたら平和に暮らすはずだったのに・・。でも自分の仕事をまっとうするために選んだのは。。
posted by 映画のせかいマスター at 07:19| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

白日の鴉2(福澤徹三ドラマ2020)#2725

2020年 テレビ朝日系

2018年のhttp://eiganosekai.seesaa.net/article/456169840.html
の続編。2作目になるとキャラ設定がわかりやすくて、導入しやすい。最初の男の自殺とオレオレ詐欺の受け子の学生の逮捕のつながりがテンポ良いが、主人公伊藤淳史の彼女福田沙紀が潜伏してバイトに入ったクラブで、学生を騙した女が高校の同級生ってのは出来すぎ??まそういうラッキーも重なって巡査はどんどん事件の核心に迫っていくのだが、それをいちいち嫌味っぽく受け取る刑事たち。実際あんなギスギスしてんのかね??

もうひとりの主人公(原作的にはこっちが主人公か)の五味弁護士寺尾聰は、学生のバイトしてた飲み屋の森口瑤子に胸キュンしたりして、ちょっとやわらかくなった??が、だらだら飲みつつも締めるところは閉めている。

で、伏線的に出てきてた要潤にそのうちつながってくるんだろうという大まかの予想通り、雑魚キャラが逮捕されて芋づる式に・・。

相変わらずの安っぽさはあるけど、だんだん面白くなってきた。3もないかな?
posted by 映画のせかいマスター at 08:34| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

フライト・ゲーム #2719

2014年 アメリカ 104分

アマゾンプライムにあったので、早速 リーアム・ニーソンシリーズを続けて見てみた。今回は飛行機の中で発信者不明のメールで動かされる主人公が機内にいる(はずの)犯人を捜すが、逆に追い込まれていく話。場所が違うだけでほとんど同じような話ではあるが、誰もが怪しい中、誰を信頼し、犯人をあぶり出していくか、手に汗握る攻防が続く。

主人公が犯人と思わせる罠で、地上ではハイジャックのニュースが流れ、その映像も機内で流れる。疑心暗鬼になった乗客たちが一斉蜂起する場面も。乗客が動画を撮ってTV局に送ったり、現代風のアレンジもあり、絶体絶命に・・。

そして飛行機は緊急着陸、最後に笑うのは・・?

このパターンまだまだ見てみたい!
posted by 映画のせかいマスター at 08:26| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

微笑む人(貫井徳郎ドラマ2020)#2715

2020年 テレビ朝日

全く非の打ち所のなさそうな平和な家族を殺して、平然と本の置き場がなかったからと言い放った犯人(松坂桃李)のことを調べるルポライター(尾野美千子)だんだんと犯人の異常性を匂わせる過去が明るみになるが、果たして動機は??

原作でも本当に殺したのか、動機はなにか、明らかにされてないようで、読者に委ねるような形になっている。それを映像化して大丈夫かと思うんだけど、ドラマ版には思いもよらぬ結末が待っている。原作の語り部の小説家が、夫を刺してしまうのである。留置所で再びすれ違う二人のシーンで終わる。

考えさせられるストーリーだけど、あれっ?って感じもなくもない。前代未聞の新しいパターンには違いない。
posted by 映画のせかいマスター at 08:10| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

不能犯 #2708

2017年 日本 107分

宮月新原作、神崎裕也作画の映画化。つまんねーとか言ってる人は原作読んでない人?原作の世界観はしっかり表現できてたと思う。表現しすぎてB級っぽいというか、あくまで漫画で現実感は少ないかも。原作の多田刑事をヒロインに変えて沢尻エリカが、うそぶきを松坂桃李が。で、それぞれのエピソードをテンポよく入れ替わり登場させて、多田刑事とうそぶきの対決まで楽しく見れた。
posted by 映画のせかいマスター at 08:29| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

ボーイズ・オン・ザ・ラン #2706

2010年 日本 110分 三浦大輔

花沢健吾の人気漫画を三浦大輔が脚本監督。原作通り全てというのは流石に厳しいが、ほとんど原作を重視しててそれでいてまとまった作品になっている。他人の原作を脚本するっていうのは三浦監督のイメージにはなかったが、きっと原作LOVEなんだろうなあ。
主演も原作が好きで志願したという峯田和伸。本当にダメ男を熱演。劇中、「夢をあきらめないで」を熱唱するシーンがあるけど、ヘタな歌というコンセプトなんだけどやっぱり本業ロック歌手だけあって尺長いけどしっかり聞かせる。

何をやってもダメ男、宮本から君へみたいな展開期待してしまうけど、結局最後までゴミ男で終わってしまう。が、なぜか共感するし感動するし、自分も頑張ろうと思える力作。そうそう俺もずっと一人で頑張ってきたのだこれからもそうしようとか思ってしまった。
posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

破天荒フェニックス(ドラマ2020)#2703

2020年 全3回 テレビ朝日系

眼鏡のチェーン店、オンデーズの再生物語を正月特番ドラマで。池井戸潤のドラマみたいなピンチに次ぐピンチで最後までどうなるかわからない展開。ビジネスドラマは面白い。勝地涼主演でちょっとB級感はあるけれども。

てっきり世間をなめた若造がテキトーにやってる会社(失礼)かと思ったら、結構熱いストーリーが隠されていたわけで。そうそう簡単にビジネスは成功しない。特に何十億円もの赤字企業の再生は、やはり数字が大変で、例えば話の中にあるよう他の企業の買収でもいろんな思惑があって、誰かにババを引かせようと魑魅魍魎が跋扈してたりとか、一回の失敗が何億にもなったりして、全く想像も付かない。

銀行との折衝、資金繰り、自分には到底縁のない世界かな??
posted by 映画のせかいマスター at 06:50| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

灰とダイヤモンド #2692

1958年 ポーランド 103分

 ワルシャワ蜂起後の1945年5月8日に、党権委員会書記のシュチューカの暗殺を依頼されたロンドン亡命政府派の青年マチェクが誤って別人を殺害し、翌朝、軍によって射殺されるまでの一日を象徴的に描く。
夜は同時進行でパーティーでの酔っ払った町長秘書たちが描かれて対照的だ。その中で働いてた女性を誘い、一夜の恋に落ちる。雨宿りに入った教会の壁に書かれていたノルウィドの詩「燃え尽きた灰の底に、ダイヤモンドがひそむ」ってのがタイトルになってる。
女と別れ、本来のシュチューカの暗殺に成功した瞬間、打ち上げられる花火。
そして明け方、ゴミ処理場の中で死んでいく。パーティーではポロネーズが踊られている。おっさんたちは酔狂に若者は無残に。
吊り下げられたキリスト像とか印象的なシーンも多い。
posted by 映画のせかいマスター at 06:44| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

星を追う子ども #2683

2011年 日本 116分 新海誠

 70年代の田舎の日本を舞台に、のんびりした物語が展開されるのかと思いきや、いきなり怪獣出現でびびらせ、助けに来たのはなんと地底人!そこから、新任の先生とともに地底の世界への冒険が始まる。
今までの作風とは一風変わった、どっちかというとジブリ風の作品。何が飛び出すかわからないところは見てて楽しいけど。
posted by 映画のせかいマスター at 09:29| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

ビッグ・アイズ #2679

2014年 アメリカ 102分 ティム・バートン

実在のモデルであるマーガレット・キーンがそのままの役名で登場。大きな瞳の子どもたちの絵を書いていた妻が、夫の名前で公表し、バカ売れして成功を収めるが、のちに夫婦生活が破綻、絵を書いていたのは自分だと名乗り出ることに。

実際にビッグ・アイズのコレクターでもあるティム・バートンが監督した伝記映画。今までの幻想的な部分はないけどその分ビッグアイの絵が象徴的に映る
posted by 映画のせかいマスター at 08:18| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

平成狸合戦ぽんぽこ #2663

1994年 日本 119分 スタジオジブリ

高畑勲監督のジブリ作品。宮崎駿は激怒したとかしないとか、でも完成品を見て涙したとかしないとか。。
たぬきを昭和40年台のニュータウン開発に絡めて独特の世界観で現代劇を完成させてる。ジブリっぽい気持ち悪いシーンもあるけど、なんだか暖かい映画
posted by 映画のせかいマスター at 08:05| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

ファースト・マン #2654

2018年 アメリカ 141分

 問題:月に初めて行ったのは? 答え:アームストロング船長!っていうクイズは私が小さい頃よくやってた。そのアームストロング船長の映画ってことに最初数分気づかなかった馬鹿な私(笑)
月に降り立つのも大変そうだけど、そこからどうやってロケット発射して戻ってくるんだろうと、今更改めて思いながら、はーそういう仕組なんだと感心しつつ、当時の技術はもちろん今とは違うので、試行錯誤いろいろ大変だっただろうし、マスコミ世論反対する人も多かったようだ。

 ラ・ラ・ランドに出てたライアン・ゴズリングが主演、ヒット作立て続けに出てるなー
posted by 映画のせかいマスター at 08:13| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホテル・エルロワイヤル #2653

2018年 アメリカ 141分

飛行機の中でたまたまみた映画。なんの基礎知識もなくてコメディかと思って見たら、これが大当たりの上質のミステリだった。監督脚本のドリュー・ゴダードはLOSTの第1部の脚本してただけあって、一箇所にバラバラの人が集まってくるっていう私好みの展開でそれぞれにスポットを当てつつだんだん話が収束してくる。

手下役の数人の端役を除けば登場人物は7人。最初に話をリードするおしゃべりの男は、なんとなくフラグが立ってる。やったらだめ、ということをやって、、、神父は最初のエピソードに関わっている。黒人歌手は唯一?見てる人が肩入れできそうな善良っぽい感じ。あばずれ女はどうやら少女を誘拐しているようだ。バイトっぽいホテルの青年はどこか頼りなく、神父に会ったのをこれ幸いと懺悔を始める。しかしそこにはこのホテルの衝撃の秘密が、、、

あともう一人は後半から登場。新興宗教の教祖っぽい若者。彼がこの話を推理してまとめていく。

偶然の出会いだだったけど見れてよかった。普通にBSでやってても見ないかも
posted by 映画のせかいマスター at 08:08| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

バーニング(NHKドラマ2018)#2637

村上春樹の短編、「納屋を焼く」を韓国の監督が映像化したドラマ。韓国では140分の長編だけど、30分位カットされて放送されたそうな。でも見てるぶんには気づかなくって、消えたヒロインのことをいろいろい考えつつ、その前の夕日をバックに踊るシーンの印象的な部分を出しといて消えてしまうっていう謎めいたところが見てて衝撃である。そもそも街で偶然再開して突然現れたヒロインが、旅行帰りに別の男と一緒に帰ってきて、3人の不思議な関係が始まる。女性の謎めいた部分ってほんとドラマだよなーー。
posted by 映画のせかいマスター at 10:42| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

blank13 #2632

2018年 日本 70分

 それまでの経緯を綴った前半と、後半は葬儀場での舞台みたいになってなんだ低予算のB級映画か、と思ったら、斎藤工の監督だったような。自身も長男役で出演してるが、物語の殆どは次男の高橋一生と父親のリリー・フランキーの思い出の物語。なんかいいとこまで行ってる気がするんだけど、ヤッパリ後半は、、、佐藤二朗を狂言回しの役で、いいんだけれども、彼のキャラに頼り過ぎでは??
しかもブランクのあった13年は、なんか普通というかよくありそうな感じだったし。まーいーや。せっかくの俳優監督なんで温かく・・
posted by 映画のせかいマスター at 07:50| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

ボヘミアン・ラプソディ #2621

2018年 イギリス・アメリカ 134分 
劇場で見た映画
 伝説のロックバンド「クイーン」の、特に1991年にAIDSで45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを中心に描いた映画。フレディがのちのクイーンとなるメンバーと出会うところから始まり、最初の5分はガールフレンドのメアリーと出会う程度であっという間にクイーン結成、学園祭を周り、唯一の財産だった車を売ってレコーディングして、その風景がレコード会社の目に止まり、映画の中ではあっという間に世界的なスターになっていく。プロデューサーに反抗して自分たちの音楽を貫こうとしたり、当時ラジオで3分くらいの曲しかかけないと言われていた中でボヘミアン・ラプソディは6分の大作を作ったり、非常識な?生き方を貫いてスターダムは続いていく。

しかしフレディがソロデビュー計画を持ちかけられたり、それに乗ったはいいけど、一人で音楽がかけなくて一日中制作して、パーティー三昧だったり、それと並行してゲイのエピソードあったりで、激動の時代になっていく。

最後はライブエイドの演奏をじっくり聞かせる。エンドロールの実際の本人たちの演奏も含めてトリハダだった。時代を超えて伝わってくる音楽だった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:46| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

遥かなる山の呼び声(NHKドラマ2018)#2618

2018年 NHKBS 

1980年の同タイトルの映画のリメイク。家族、故郷に続く民子三部作なのだが、幸せの黄色いハンカチに似た出演者でどっちかというとそっちを連想する。高倉健倍賞千恵子武田鉄矢っていう役どころを阿部寛、常盤貴子、筧利夫でカバー。
映画ほどは重厚ではないけれど、北海道のいい雰囲気が出てる〜映画では吉岡秀隆がやってた子役がいいポイントなんだよねー
黄色いハンカチは手渡さなかったけど、裁判所で独り言で伝えるラストもよかった。
posted by 映画のせかいマスター at 09:45| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

ぼくのおばあちゃん #2611

2008年 日本 123分

 菅井きん追悼でBSでやってた。住宅の営業の岡本健一が現在の家族と、お客さんの新築でおじいちゃんを施設に入れるかどうかでぶつかってる家族を通して、自らの幼少期のおばあちゃんとの思い出を振り返る。現在と過去を代わる代わる写していく手法だが、途中過去が長くてあれ、現在はどうなってるんだっけっていうじかんがあったかな。
 高齢化社会で避けては通れないテーマ。
posted by 映画のせかいマスター at 15:25| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

ハウルの動く城 #2578

2004年 日本 119分 スタジオジブリ

主人公が90歳の老婆で、魔法使いと恋に落ちて、焚き火の火が喋って、かかしみたいなのとか、そもそも動く城がなんだか迫力あって、・・と書けば書くほど何がなんだかわからなくなるストーリー。片手間で見てたら話を追うのさえわからなくなっちゃった。なんだかへんなキャラばっかりだけど、ジブリの真骨頂的な映画で、ポスター見たときも衝撃的だったなあ。

話が後だけに裏話もいろいろあるみたいで、本当は細田守が最初監督だったとか、宮崎駿が自信作だとあとづけしたとか、まー一番熱い時代のジブリなのかな。
posted by 映画のせかいマスター at 12:19| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする