2018年12月11日

ボヘミアン・ラプソディ #2621

2018年 イギリス・アメリカ 134分 
劇場で見た映画
 伝説のロックバンド「クイーン」の、特に1991年にAIDSで45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを中心に描いた映画。フレディがのちのクイーンとなるメンバーと出会うところから始まり、最初の5分はガールフレンドのメアリーと出会う程度であっという間にクイーン結成、学園祭を周り、唯一の財産だった車を売ってレコーディングして、その風景がレコード会社の目に止まり、映画の中ではあっという間に世界的なスターになっていく。プロデューサーに反抗して自分たちの音楽を貫こうとしたり、当時ラジオで3分くらいの曲しかかけないと言われていた中でボヘミアン・ラプソディは6分の大作を作ったり、非常識な?生き方を貫いてスターダムは続いていく。

しかしフレディがソロデビュー計画を持ちかけられたり、それに乗ったはいいけど、一人で音楽がかけなくて一日中制作して、パーティー三昧だったり、それと並行してゲイのエピソードあったりで、激動の時代になっていく。

最後はライブエイドの演奏をじっくり聞かせる。エンドロールの実際の本人たちの演奏も含めてトリハダだった。時代を超えて伝わってくる音楽だった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:46| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

遥かなる山の呼び声(NHKドラマ2018)#2618

2018年 NHKBS 

1980年の同タイトルの映画のリメイク。家族、故郷に続く民子三部作なのだが、幸せの黄色いハンカチに似た出演者でどっちかというとそっちを連想する。高倉健倍賞千恵子武田鉄矢っていう役どころを阿部寛、常盤貴子、筧利夫でカバー。
映画ほどは重厚ではないけれど、北海道のいい雰囲気が出てる〜映画では吉岡秀隆がやってた子役がいいポイントなんだよねー
黄色いハンカチは手渡さなかったけど、裁判所で独り言で伝えるラストもよかった。
posted by 映画のせかいマスター at 09:45| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

ぼくのおばあちゃん #2611

2008年 日本 123分

 菅井きん追悼でBSでやってた。住宅の営業の岡本健一が現在の家族と、お客さんの新築でおじいちゃんを施設に入れるかどうかでぶつかってる家族を通して、自らの幼少期のおばあちゃんとの思い出を振り返る。現在と過去を代わる代わる写していく手法だが、途中過去が長くてあれ、現在はどうなってるんだっけっていうじかんがあったかな。
 高齢化社会で避けては通れないテーマ。
posted by 映画のせかいマスター at 15:25| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

ハウルの動く城 #2578

2004年 日本 119分 スタジオジブリ

主人公が90歳の老婆で、魔法使いと恋に落ちて、焚き火の火が喋って、かかしみたいなのとか、そもそも動く城がなんだか迫力あって、・・と書けば書くほど何がなんだかわからなくなるストーリー。片手間で見てたら話を追うのさえわからなくなっちゃった。なんだかへんなキャラばっかりだけど、ジブリの真骨頂的な映画で、ポスター見たときも衝撃的だったなあ。

話が後だけに裏話もいろいろあるみたいで、本当は細田守が最初監督だったとか、宮崎駿が自信作だとあとづけしたとか、まー一番熱い時代のジブリなのかな。
posted by 映画のせかいマスター at 12:19| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

バケモノの子 #2575

2015年 日本 119分

今年は日本アニメを見ようと人気の細田守監督シリーズ。この映画が一番ヒットしたやつで、ネットを見るといろんな解釈があって深そうだった。が、片手間で見てたらなんだかよくわからないまま終わってしまった。インパクト強いとこだけが印象に残った感じ。しっかり見なくちゃ^^;
posted by 映画のせかいマスター at 10:04| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

ファインディング・ドリー #2569

2016年 アメリカ 97分 ピクサー映画

 ファインディングモからはや15年。子供も育ってしばらく子供映画からも離れていたけど、長男が生まれてまた戻ってきた。ら、かつての名作の続編が次々に出てて、正直すげーなーと思う。ディズニーとかヒーロー、ヒロインをずっと生み出し続けているわけで、ある意味世界をひっぱている企業だと思う。生み出された数々のキャラを生きがいに辛い経験をしのいできた子どもたちもきっと多いはず。

 ニモも名作だったが故、続編は難しかったと思うが、なんと主人公をドリーに代えて堂々の続編。生き別れた両親を探すんだけど、両親は水族館にいて、どうやってそこに戻るのかっていう普通に(人間目線で)考えたら難しい問題を、キャラクターの強さで解決しているところが爆笑。特にタコのハンクとかよく考えられてる。

 しばらく診てないうちに作られた作品もチェックしないと
posted by 映画のせかいマスター at 09:57| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

ブラックライダー #2568

1986年 アメリカ 100分 ジョン・カーペンター

カーペンター原案。でもなんとなく全編に渡ってカーペンター臭が漂う?B級っぽいけど、おもしろい、しっかりした作品。トミー・リー・ジョーンズとリンダ・ハミルトン主演。巨大な自動車泥棒一派から盗み出す小泥棒が主人公。なかなかうまくいかなかったり、最後ちゃんと逆転したり、マンガ的な面白さあり。
posted by 映画のせかいマスター at 08:15| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

ブルージャスミン #2550

2013年 アメリカ 98分 ウディ・アレン監督

主演のケイト・ブランシェットがアカデミー女優賞を受賞しただけあって、セレブから転落していく女性を見事に演じている。性格悪くて、唯一頼れるはずの妹にも悪態をついている。どこかで気づいて更正する物語かと思いきや・・・。

ウディ・アレン監督、こういう女性の一生を描くの意外だなー。現在と過去が交互に入れ替わるので最初戸惑ったけど構成みごと。
posted by 映画のせかいマスター at 13:33| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火垂るの墓 #2549

1988年 日本 88分 スタジオジブリ

高畑勲監督追悼でTVでやってた。初めて見る映画。めっちゃ悲しい物語。戦争で両親を亡くし、幼い妹と叔母の家に行くが冷たくあしらわれて防空壕に暮らす・・んだけども妹の体調がだんだん悪くなり・・・。

いろいろ深読みできる部分が多いようで解釈も異なるが、ただただ悲しい。兄も結局死ぬっていう噂だけど、TVでやってたのはその前に終わってた。(※冒頭のシーン見逃してました、失礼)一人で行きていくのもつらそう。さすがに現代では誰か手を差し伸べるんだろうけど、戦時中はそんな余裕すらなかったってことか。医者も診断だけして終わり!だったし。

なんて救いのない物語。
posted by 映画のせかいマスター at 12:08| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

秒速5センチメートル #2537

2007年 日本 63分 新海誠

3つの短編からなる映画。実は3つの主人公は同じ。転校族で惹かれ合った男女が1話めで、その後を描くのが2話3話。2話で最初の女の子を想ってることがわかった主人公男子が3話のラストで・・・

君の名はのラスト・シーンに近いとこでも似たようなシーンが有ったけど、こっちは切ない終わり方。がしかし、男目線ではこっちのほうが面白いかなw男は切ない!
posted by 映画のせかいマスター at 07:08| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

白日の鴉(福澤徹三ドラマ2018)#2533

2018年 テレビ朝日

遠藤憲一が痴漢の冤罪に巻き込まれ、逮捕した新人警官の伊藤淳史が冤罪を疑い、落ちぶれ弁護士の寺尾聰に相談する。そこで大病院の裏が暴かれることに・・。

ちょっと安っぽいドラマ風なんで途中で見るのやめようと思ったけど、痴漢冤罪と病院の殺人がリンクし始めるのと、警官と弁護士の交流が始まったあたりからそれなりに面白くなって見た。冤罪の捜査は警察に歯向かうのか、と立ち入らないようにする上司と、協力する警官、ドラマでは表面しか出ないだろうけど、原作はもっと面白いのでは?
posted by 映画のせかいマスター at 08:08| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム #2532

2005年 アメリカ 210分 マーティン・スコセッシ

 ボブ・ディランがノーベル文学賞取っちゃったんで、この映画の価値がズーーーンと上がったに違いない。もともとはアメリカのTV番組だけど、貴重なフィルムを元に色んな人へのインタビュー、そして本人のコメント、普通のミュージックビデオとしても楽しめるけど、一つの作品として仕上がっている。

 昔から権力に興味ないみたいで、賞とかもらっても、ここにいる人達が禿げてない(若い人なら)もっとよかったとか平気で言っちゃうんだから、そりゃノーベル文学賞とか興味ないわなw

 一線級を極めるとここまで行くっていういい例だった。凄い!スコセッシ監督はこのあと、ストーンズやジョージ・ハリスンもまとめている
posted by 映画のせかいマスター at 16:45| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

ブラッド・ダイヤモンド #2524

2006年 アメリカ 143分

アフリカのダイヤモンドを密輸して紛争資金に使うっていう、昔の話かと思ったらつい最近の話。リアルで淡々と進んでいくダイヤを隠したところが見つかって捉えられてしまった男と、それを横取りしようと企んだディカプリオ、そしてジャーナリストのジェニファー・コネリーが戦地で心のつながりが芽生えていく。
posted by 映画のせかいマスター at 08:55| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

麦秋 #2495

1951年 日本 124分 小津安二郎

 原節子が「紀子」役で出て来るのはこの他に全部で三作あるらしい。今回もまた美人の娘がなかなか結婚しなくて親が気をもむっていう話。笠智衆とは今回は兄弟の役。この時代として長男の嫁が義理の妹の心配したり、孫がおじいちゃんをからかって遊んだり、現代で言えば間違いなく大家族のいろんな人間関係が、一つの家の中で繰り広げられてて面白い。今だったら、同じことを違う家で距離も遠いところでやってたりするからややこしいんだろうなあ。
posted by 映画のせかいマスター at 07:49| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ #2492

2016年 日本 96分

訳あって、この歳でポケモン映画。最新作の前にBSでやってた去年のを見て予習した。ボルケニオンとマギアナのコンビのポケモンの活躍を描いた作品・・なんだけど、設定がいまいちよくわからない^^;
こういうのって人気キャラを編み出せば、それだけでグッズが売れてその後もずっと売れ続けるんだろうから、毎年大変なんだろうなあと思う。もう映画20年なんでキャラの数が凄いことになっているだろうし、使いこなせないキャラも多いんだろう。いきなり見ても「だから何?」みたいな・・。大人はダメだな(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

ヘイトフル・エイト #2477

2015年 アメリカ 167分 クエンティン・タランティーノ

 大雪の中馬車に乗る男女、そこへリンカーンの手紙を持つという黒人が合流し、さらに保安官も同乗した。雪で服飾店に避難するがそこにはあやしげな男が3人。集まった人間たちはほぼ孤立した環境の中、お互いを信頼しようとせず、口汚く罵り合う。

 タランティーノ初の密室ミステリーという触れ込みで、実際は違うんだけど、雪の山荘で起こる事件を描いている。タイトル通りみんな悪者で(登場人物は9人なんで、誰か一人は悪くないってことなんだろうけど、それが誰かは見る人が決めるようになっている)、罵詈雑言、暴力が飛び交う。

 この部屋だけで十分タランティーノの世界観を味わうことができて満腹なんだけど、事件は一気に起こる。バタバタと殺し合う登場人物たち、そして最後に残る二人はこの映画初の?!共同作業をやりとげる。最後に読み上げられたリンカーンの手紙が虚しく響くのだ。

 長い映画だが、すっかりタランティーノの世界にハマってしまいあっという間だった。新作楽しみな監督の一人だ
posted by 映画のせかいマスター at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

陽のあたる場所 #2474

1951年 アメリカ 122分

金持ちのご令嬢とそこ辺の女と二人の間で揺れ動く男が陥ったのは・・?
よくあるパターンでそこ辺の女は素直で性格よくってご令嬢はおしゃれで上品。私ならどっちを選ぶかなー(笑)で、そういう偏見がラストの悲劇を生むんだよね。逆だったら事故で処理されてたりして。

心理描写がうまいとかよく書いてあるけど、古めかしいよくある話、で終わってしまった。今だったらもっと裁判のシーン入れてサスペンス風になっちゃうかな??
posted by 映画のせかいマスター at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

人斬り #2470

1969年 日本 140分 五社英雄

幕末物語を豪華キャストで送る・・のはいいんだけど、岡田以蔵=勝新太郎、坂本龍馬=石原裕次郎、武市半平太=仲代達矢で、仲代は結構似合ってるんだけど、あとは好き勝手に自分のキャラでやってる感じ。まあそれがいいんだけどね。裕次郎は龍馬っぽく見えないなあ(笑)

司馬遼太郎の原作を基にして橋本忍が脚色、五社監督の大胆な演出も光ります。田中新兵衛役で三島由紀夫が登場!この翌年割腹するんですよねえ。
posted by 映画のせかいマスター at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

バンクーバーの朝日 #2457

2014年 日本 石井裕也

戦前のカナダで実在した野球チーム「朝日」をモデルにした映画。一攫千金を夢見てカナダに渡ったまではいいけど、肉体労働や貧困、差別に苦しめられる日本人たち、唯一と言っていいほどの希望は野球チーム朝日だった。が、肉体で負ける彼らはなかなか勝つことができない。しかしセーフティバンドや盗塁など足を絡めた攻撃で勝機を掴んでいく。

1900年はじめってこういう時代だったわけだ。今でこそ日本に世界中から人がやってくるけど、その頃は日本人が世界に旅立っていっていた。娯楽もないし辛いことも多かったろうけど、そういう中でこそ野球チームに夢と希望を見出して生きていたんだろう。

頭脳野球はこの頃生まれたのだろうか、日本人に向いてる作戦かも。
posted by 映画のせかいマスター at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

僕だけがいない街 #2456

2016年 日本 120分

大人気漫画の映画化、その前にTVアニメ化もされていて、原作がまだ終わってない時点で映画は何らかの完結にしないといけないことに。で、原作とは違うラスト。前半は原作に近かったけど流石に後半のエピソードは入りきれないから、ちょうどよい結末かと。

マンガはネットカフェで発見し、結構ハマって読んだ。続きが気になると思っていたら次女が全巻買ってきて家で読んだ(笑)タイムトラベルと80年代懐古もあってヒットの要素は詰まっている。まあおもろい
posted by 映画のせかいマスター at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする