2019年07月22日

万引き家族 #2678

2018年 日本 120分

小さい頃、昭和40年代の日本を思い出させるような、大家族。部屋はごちゃごちゃしてて風呂も小さくて、よくこういう空間にあんな人数暮らせるよなっていうくらいなんだけど、みんな仲良くて幸せそう。

でもこの家族には秘密があって、本当は家族じゃない。もう亡くなってる人の年金と、万引きで暮らしている。父リリー・フランキーは仕事で骨折するが、保険が出ない。母安藤サクラはクリーニング店で、規模縮小のため仕事時間が減ってる。長女松岡茉優は風俗店で、発話障害の男に癒やされる。新たに保護?した少女を家族に迎え、それぞれ社会的には厳しい中、特に悲しむことなく強く生きている。

是枝監督のリリーさんはいい人キャラが定着してて、この人どんな人なんだろうとか考えなくていいから、安心して見れた。がしかしやっぱりあることをきっかけにすべてバレて、家族はバラバラに。それぞれの人生を歩むのだが、それは決して今までのような幸せな暮らしではなくて・・・。

「誰も知らない」のような実際の事件をモチーフにした作品だそうで、なによりも人の温かさを感じられていい映画だった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:10| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

未来のミライ #2677

2018年 日本 100分

4歳の男の子が主人公。妹が生まれて親の注目がだんだん妹ばかりになっていって欲求不満。そんな中ミライからタイムスリップしてきた少女は、妹??いろんな未来人との出会いの日々。

男の子の視線から描かれた映画なんで、男子はちょっと懐かしいような感覚に。
posted by 映画のせかいマスター at 14:35| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

名探偵コナン ゼロの執行人 #2665

2018年 日本 110分

シリーズ22作目。スピンオフ作品が売れまくってる安室透が20作目に続き再登場。毛利小五郎が爆破犯人にされてハッカーにされちゃうんだけど、実はそれは安室の仕業で、なんでまたそんないたずらじみた真似を、、、ってのが最後に分かる仕組み。

東京サミットで東京湾に浮かぶリゾートを爆破される恐怖と戦いつつ、過去の事件との関連が明らかになり、という展開。

見た子どもたちは公安って悪い奴らなんだなーと思ったりして(笑)ドローンとかテロとか最近の話題も入れて、どっちかというとやっぱり安室目立ってたなー
posted by 映画のせかいマスター at 07:48| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

名探偵コナン 世紀末の魔術師 #2660

1999年 日本 100分

劇場版シリーズ三作目。ロシアの未解決事件をモチーフにラスプーチンとかの肖像画が出てきたりして、サスペンス度アップ!インペリアル・イースター・エッグやロマノフ朝にまつわるストーリーが恥ずかしながら知らなかったんだけど、これ見て調べておもろかった。
この作品からずっと興行収入20億を突破し続けてるって言うからすごい。コナン様様だね。
怪盗キッドの謎解きから始まり、コナンのヒミツにも迫っているけど、そこから20年延々引っ張ってるって。。。
posted by 映画のせかいマスター at 11:14| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

耳をすませば #2642

1995年 日本 112分 スタジオジブリ

 淡い恋の物語。。なんだけど、そこはジブリ作品、ちょっと変わった猫が登場したりして。。フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵は猫の恩返しにも登場。主人公の月島雫が書いた作品が猫の恩返し、ってことらしい。天沢聖司の声は高橋一生ってことで最近になって吹き替え変えたのかと思ったら、この人子役からずっとやってて14歳のときの声優だそうだ。

 カントリーロードがゆるく流れててよかった
posted by 映画のせかいマスター at 08:24| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

舞妓Haaaan!!! #2639

2007年 日本 120分

高校の修学旅行で舞妓さんに助けてもらって以来、舞妓を生きがいにしてきた社会人阿部サダヲが、とにかく舞妓のために人生を注ぐ!っていうコメディ。舞妓って謎めいた部分いっぱいあるし、ネタには事欠かないだろうからもっと映画とかで取り上げられてもおかしくないと思うけど、この映画は直球で舞妓さんを扱った舞妓映画ではトップ!ていうか他に見たことないし。。

展開は遊び心満載で、んなアホな的なとこは笑い飛ばして、日本のおバカ映画として気楽に見れる。あー京都行きたい!
posted by 映画のせかいマスター at 07:58| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

ミニオンズ #2630

2015年 アメリカ 91分

 怪盗グルーシリーズのスピンオフ。もともとミニオンズのキャラ造形で人気だったんでこっちをメインにしたほうがスッキリするかも^^;
グルーに出会う前(といっても恐竜時代へさかのぼってしまうw)のミニオンたちの活躍を描く。

 うじゃうじゃいるミニオン全て顔立ちとか名前があるのか、知らないけれど、今回はケビン、スチュワート、ボブが活躍する。怪盗グルーシリーズに全部出てるのはスチュワートだけらしいのだが、絵コンテ誰かチェックしたのだろうか^^;

posted by 映画のせかいマスター at 09:06| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

もののけ姫 #2614

1997年 日本 133分 スタジオジブリ

 石器時代を舞台に、もののけ=ばけもの??との闘いや、部族間の闘いを描く。弓で腕がぶっ千切れたり、凄惨なシーンも多い。133分、これまたいろんな解釈の出来そうな部分も多く、岡田斗司夫は冒頭10分だけでそーとー長時間解説入れてるw
冒険譚としては、見てる側が想像もつかない展開で面白かったが、きもちわるーww
posted by 映画のせかいマスター at 16:11| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション#2576

2015年 アメリカ 131分

ミッション・インポッシブルシリーズ第5作。着々と回を重ねてる。長期の人気シリーズは難しいんだろうけど続けてほしいシリーズだ。題名は死亡行方不明になったことになっているならず者国家(ローグ・ネイション)のスパイたちから取られている。
敵とラストシーンで対峙し、さあこれからというところからの意外な結末はお見事!パートナーのヒロインも登場してチーム戦みたいなとこもあったけど、内容の充実さは変わりなし、最新作も期待大!
posted by 映画のせかいマスター at 08:35| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

名探偵コナン から紅の恋歌 #2554

2017年 日本 112分 名探偵コナン

 去年の興行収入No1映画。すっかり定着して絶対ヒット間違い無しのシリーズになった。話は服部平次の小学校時代、かるたとりの試合で大岡紅葉と出会っている。が、本人忘れてる^^;そこから数年、かるたを現場に残す連続殺人事件が発生する

 前半のヤマ場の日テレ爆破シーン(コナンくんの脱出が見事すぎてワロタ)が、派手なアクションであとは地道な謎解き。大阪京都を舞台に安定した映画でした。そろそろ原作は終盤?なのかもだけど、映画はしばらく続きそう。
posted by 映画のせかいマスター at 07:52| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

真夜中のサバナ #2553

1997年 アメリカ 155分 クリント・イーストウッド

イーストウッドが出演せず監督した作品。法廷モノだけど、なんかいまいち。法廷でのやりとりもなんかオーバーだし、トリックもたいしたことない。の割には若き日のジュードロウが出てたりそこそこ豪華。こういう映画がのちの名作を生むのだ。
サバナは景色もいいし、行ってみたいとこではある。この映画のこと思い出すかな??
posted by 映画のせかいマスター at 08:48| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

名探偵コナン ベイカー街の亡霊 #2539

2002年 日本 107分

AIを先取りした仮想現実の中でコナンが活躍する異色の作品。野沢尚が脚本だそうだ。アニメも脚本家でいろいろ変わるから目が離せない。小学生でアメリカの大学院に渡った少年が開発したゲームの中で、100年前のイギリスを舞台に切り裂きジャックと戦うコナン達。見てる大人たちには何が起こっているのかさっぱり分からない中、うまいこと惹きつける場面設定は見事。そしてもちろん最後に出てくるのは開発者の・・

工藤優作が初登場。
posted by 映画のせかいマスター at 08:02| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

魔女の宅急便 #2531

1989年 日本 102分

今年は日本のアニメを見る!って思ってたらちょうど地上波でやってた。実はジブリ殆ど見ていない。で、この映画だけど、もう30年前の作品だったとは!やさしさに包まれたならがオープニングと思ってたら最初のはルージュの伝言だった。しかも主人公がラジオ付けたら流れてくるっていう洒落た演出。

13歳で独り立ちした魔女が主人公なんで、主人公が魅力的じゃないといけないんだけど、その点少女が主人公だと感情移入できる年代が幅広くてよい。起承転結の転がおこるのが物語後半なんだけど、うまく繋いでいける。そして前半にチョロっと出てきていた飛行船が強風で煽られる時、魔女の魔法は使えなくなっていて、ずっと仲良くなれなかった少年を助けるために・・・

っていうラストもよかった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:22| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

マザー 強行犯係の女 傍聞き #2516

2016年 テレビ東京

長岡弘樹「傍聞き」原作。連続通り魔事件から、刑事南果歩が以前捕まえた男が復讐のために近づいてきてんじゃないかという疑惑、4件のうち1件は違う犯人では?という疑惑、そして警察内部の犯行に至るまでm結構なボリュームの詰め込みだった。

マザーとタイトルにあるように、一人娘のシングルマザーの娘との付き合いも絡めて、以前の犯人の高橋和也も含めた人間ドラマに仕上がっている
posted by 映画のせかいマスター at 08:18| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

マリーゴールド・ホテルで会いましょう #2502

2012年 イギリス 124分

インドに長期逗留する高齢の男女7人(男女7人インド物語!)が夢見る青年が経営するオンボロホテルで異文化の中で過ごす間に起こる日常を描く。第2段も制作されている。
何処かで見たことあると思ったら、モノローグの女性は007の司令塔。あとはホテルのオーナー青年はどこかで見たような?
あとはよくわからないし、じーさんばーさんが恋愛っぽいことしても仕方ないんだけども、なぜか引き込まれてみてしまう。一つにはインドの風景や異文化がきになり、一つは高齢者と言えども人間味があって人生模様が深みがあること。こういう映画おもろいかも。
posted by 映画のせかいマスター at 14:06| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

麻雀放浪記 #2499

1984年 日本 109分

阿佐田哲也原作和田誠監督の名作。当時これにはまって、原作は続編などなど全部読んだ。監督の和田誠はイラストレーターや絵本作家もしてて、その才能を余すことなく発揮していた。

クセのあるメンバーの中で、主人公である坊や哲はどちらかと言うと未熟なメンバー。未熟ながらも成長し、他の面子の中で自己主張をしている。出てくるキャラがすべて個性的でキャラ立ちしてるし、そのキャラの立て方もうまい。

私が初めて見たのは自分が坊や哲だった頃だったが、今はすっかり坊や哲に投影する年代ではなくなってしまった。それでもついつい哲の立場で見てしまい、そういや、そんなことしてる場合じゃないんだとハット気づいた。今の自分は誰だろう?ドサ健?女衒の達?ましては出目徳???(は嫌だなあw死んでも裸にしないで)

昭和の時代のディテールも白黒の画面によく合う。今見たばっかりだけど、酒でも読みながらもう一回最初から見てみたくなる

posted by 映画のせかいマスター at 14:17| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

ミニオンズ #2498

2015年 アメリカ

怪盗グルーシリーズの番外編。そもそもこのシリーズ、ミニオンたちの動きが笑えて、こっちが本筋でもいいくらい。最後に若き日のグルーと出会うところで終わる。人類誕生よりはるか前から生息していたミニオンズたち、似たように見えて実はそれぞれ名前があるらしい。このシリーズはマジで受ける!第3弾やってるけど、しばらく続きそう!
posted by 映画のせかいマスター at 16:42| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

真昼の決闘 #2494

1970年 アメリカ 105分

通りすがりのイーストウッドが男に襲われていた尼僧を助けて、事件に巻き込まれる西部劇。死体を馬に乗せてダミーとして使ったり、鉄橋を爆破したり、地下牢に入るために捉えてきたと騙したり、策士なところを見せつけて、自分はしっかり美人の尼僧さんをものにするという、イーストウッド西部劇満載!
posted by 映画のせかいマスター at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

名探偵コナン 純黒の悪夢 #2487

2016年 日本 112分

20周年記念作にして最大のヒット作。どんどん人気が上がっていくって凄いな。ここまで来るともはや作者だけの力ではないんだろうけど、青山剛昌凄い。サンデーもコナン様様だろう。

記憶喪失の謎の女が黒の組織のメンバーでは?と睨んだコナンと灰原。No2ラムの右腕キュラソーだ。架空の東都水族館を舞台に観覧車などのアクションが満載。シリーズ続けて見ないとわからない設定も多々あるが、ファンはバッチリ掴んでる感じ〜
posted by 映画のせかいマスター at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

名探偵コナン迷宮の十字路 #2485

2003年 日本 107分

シリーズ7作目。京都を舞台に京都タワー・清水寺・蹴上インクライン・南禅寺・鞍馬寺・梅小路公園・先斗町など細かく描写されてる。そもそも碁盤状の街並みからクロスロードっていうタイトルが取られてて、それぞれの街を絵で表した謎解きとかあって、京都ファンなら涙目。

コナンのライバル服部平次が主に活躍し、刀でのバトルシーンが多い。その分いつもの少年たちはあまり出てこない。工藤新一が薬で一時復活。コナンと平次と消えた少年という作品のラストがこの映画に繋がるようにできているらしい。
posted by 映画のせかいマスター at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする