2013年12月19日

真夜中まで #1983

2001年 日本 109分

和田誠監督ってことでチェックしてみました。この人イラストから脚本から多彩な才能を発揮していて、名前が出てくるのはチェックするようにしている。

で、この映画も一個前の記事の映画と同じ日に見た、ってのもあるけど、ハイスピードの展開で面白かった。おそらく作品中の進行時間が実際とほぼ同じ、つまり約2時間分の出来事を写している。13年前の映画だけど、でてくる人、今と殆ど変わってない!

ヒロインのミッシェル・リーを覚えてないけど、岸部一徳、國村隼、六平直政、笹野高史、柄本明、ずっとこのポジションで日本映画界に君臨し続けているってことだな。主役の真田広之も今と変わらない!

たまたま巻き込まれた事件で、ジャズのライブを控えている主人公がついついヒロインを見捨てられずに、犯人(なんと警察)に負われる巻き込まれ型ミステリー。最初と最後はジャズのライブのシーンで、演奏してるのはプロの人。タイトルももちろん、あの名曲にかけてると思われる。

あースッキリした。映画はこうじゃないと。
posted by 映画のせかいマスター at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

ミヨちゃんのためなら全員集合!!#1947

1969年 日本 89分 ドリフターズ

「ミヨちゃん」っていう歌、忘れてた。駅のホームでドリフが歌うと確かに名曲!いかりやの低音が胸に響くぜ。

ってわけで、この歌をモチーフにしたと思われるドリフシリーズ第4作。ドリフ映画のパターンはいかりやと加藤がコンビを組んで一緒に住んでて、師弟関係になってるが加藤は目ざとくて仕方がない。今回も日記にゴリラを殺そう!とか書いてる(笑)仲本、高木、荒井注は3人でセットになってて、ライバルとか主要キャラは三木のり平とか俳優さんがでてる。今回はハナ肇が登場。クレージー映画じゃなくてもいいのかな。

マドンナミヨちゃんは倍賞美津子。加藤に恋され、他のメンバーと取り合いになる。なんとハナ肇の妹役。ドタバタコメディだけど、よくこんなドタバタハチャメチャできるよね。現代はこういうの、やらなくなっちゃったんで、ガス抜きできないんじゃないかな。
posted by 映画のせかいマスター at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

ミツコ感覚 #1942

2011年 日本 106分

久々になんか変な映画見た。あ、褒め言葉なんで、この先も読んでください。

特に事前に前知識を入れてたわけでもなく、wowowの番組表だけでとりあえず撮っておこう的に撮って、見始めたのはいいけれど、30分間わけのわからない男の話。なんじゃこりゃ、どーすればいいのだ、と、見続けて最後まで一気に行っちゃった。大きな柱はあるものの、不思議な世界だ。舞台の作品の映画化かと思ったら違うみたい。

ソフトバンクのCM作った山内ケンジが監督で、主人公の姉妹は初音映莉子と石橋けい。不倫相手が古舘寛治で、謎の男が三浦俊輔というそうだ。とりあえずチェックしとこ。
posted by 映画のせかいマスター at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い #1927

2011年 アメリカ 129分 トム・ハンクスサンドラ・ブロック

トム・ハンクスとサンドラ・ブロック初共演、と言ってもトム・ハンクスは最初の30分で同時多発テロで死んじゃう。息子がたまたま見つけた鍵の鍵穴を探してニューヨークのブラックさん472人を尋ねる話。ちょっとした冒険譚で、祖母の家を間借りしている口のきけない老人との友情ドラマがあったり、親子ドラマがあったり、ロードムービー的な部分もあったりしながら、実は一番○○に訪ねた先が鍵を握ってて・・。

なんとなくぼーっと見てしまったが、息子はアスペルガー症っぽくて、あまり表に出てこなかった母親の話もあったり、深い話ではあった。あっさり作って見やすくてよかったけど、別の角度から見なおしてもいいかなあ。

posted by 映画のせかいマスター at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

メン・イン・ブラック3 #1919

2012年 アメリカ 108分

全2作は見たけど全く覚えてないけど、特にそれが問題になることは全くなかった。3はすっかりマンガチックになっちゃって、まるでアニメを見ているようだった。トミー・リー・ジョーンズがアクションは疲れたのか?!タイム・トリップして1969年へ。若き日のKとコンビを組み、宇宙人の侵略を阻止し、死んだことになっているKを救う。

ここで彼らをサポートするのがグリフィン。いくつかの未来が見える能力を持ち、これから起きることをつぶやく。直前に(笑)

久々に何も考えずにダダーーっと見れる映画を見てスッキリした〜


メン・イン・ブラック #289
メンインブラック2 #290
posted by 映画のせかいマスター at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

マークスの山(wowow連続ドラマ)#1833

2010年 全5話

1995年に映画化もされている高村薫の人気小説の映像化。高村薫は何度か挑戦したけど、読み込めなくて断念した。映画はそれなりに面白いんだけど。ま、どっちみち読んでも覚えてなんで、ドラマで十分良かったw

一流大学の山岳部の仲間たちが起こした20年前の事件、今は5人とも巨大な力を持っていて、圧力をかけて隠蔽に成功、しかしたまたま発見された母親の息子に復讐される。

犯人役の高良健吾が、不幸な十字架を背負った犯人として、また戸田菜穂がその年上の恋人役で登場。戸田菜穂ちゃん若い!原作では年上ってところがミソなんだろうけど、見てて違和感なかった。

刑事役は上からの圧力にどう対応するかで、揉めている。上川隆也はいまいち感情の起伏がおもしろくない。で、被害者(であり加害者)たちの悪者っぷりが面白い。小日向文世が一番のワルにのしあがって?いる。
posted by 映画のせかいマスター at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

名探偵コナン 11人目のストライカー #1832

2012年 日本 110分

シリーズ16作目。サッカー場に爆弾が仕掛けられた。コナンの活躍で被害は最小限に食い止めたが、次なるターゲットがあるという予告状が!止める手段はセンサーに蹴ったボールが命中すること。爆弾はどこに?止めることはできるのか?

カズや遠藤など、現役選手も実名で登場。Jリーグの20周年企画とのコラボだそうだ。ラストはいつものメンバーの友情パワーが炸裂。
posted by 映画のせかいマスター at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

ミナミの帝王劇場版partXIII「リストラの代償」#1829

1999年 日本 

会社を辞めて私立探偵になった気の弱い男の借金を、萬次郎が支払われてない退職金を会社に迫って解決する。
一人の男のストーリーだけで進行するんでシンプル。主人公は森川正太!幸薄そうwついつい依頼人の人情にほだされて稼げない。最後は当たり屋で稼ごうとするが、防犯カメラに撮られてて、怪我するだけ損しちゃう。広島に残した家族と逃げようとするのだが・・。

今回はちょい役の石野陽子、よく見るとカワイイ!退職金を何とか支払わないですまそうという会社の上司に小西博之と斉藤洋介。今回は久々登場の森川正太で決まり!

posted by 映画のせかいマスター at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

マンハッタン #1802

1979年 アメリカ 96分 ウディ・アレン監督

42歳の主人公(ウディ・アレン)が17歳の少女と付き合う話。ずっとベラベラしゃべっている印象。評価が高いモノクロ映画なんだけど、私はいまいちノレませんでした。

posted by 映画のせかいマスター at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

ミッドナイト・イン・パリ #1800

2011年 アメリカ 94分 ウディ・アレン監督

第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞。パリに婚約者とその両親と旅行に来た小説執筆中の脚本家オーウェン・ウィルソン。夜ホテルまでの道に迷い、通りかかった車に乗ると、なんとそこはタイムスリップしたパリの世界だった。

タイムトラベルモノではあるんだけど、街の雰囲気がちっとも変わらないのでSFチックな感じがしなくてむしろオシャレ〜にできてる。車に乗る度に行く時代は変わるんだけど、その時代時代で昔は良かったみたいなことを言っている。今の僕達も100年くらい経ったらあの頃はステキだったなーとか言われるんだろうか。

反省すべきはヘミングウェイとかダリとか、ゴーギャン、その他詳しく知らない人たち大勢、人間関係とか作品とか知っていたらもっと面白く見れただろうに・・。がしかし、映画見る度にその他の知識を入れてたら何歳生きても追いつかないんで、適度なところ、名前だけ知ってるとかで満足するとするか(笑)


posted by 映画のせかいマスター at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

名探偵コナン 天国へのカウントダウン #1749

2001年 日本 100分

劇場版5作目。西多摩市に超豪華ツインタワービル(もちろん架空、田舎者の私は本当にあると思っちゃった)を舞台に連続殺人を解決する。ツインタワーがラストを盛り上げる。もちろんそこに行き着くまでの伏線もバッチリ。30秒カウントとか、毛利小五郎が当てた車とか。

やたら大人っぽい小学生(灰原哀)が出てきたり、コナンを巡って恋愛争いが勃発したり、本当に小学生?^^;シリーズをあまり見ていないので、人間関係がわからなかったりするのだが(悪の組織は何者だ?)、それでも面白かった。謎解き云々は、そうでもないのだが、毎回毎回場面設定がすばらしい。
posted by 映画のせかいマスター at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

ミッション・トゥ・マーズ #1729

2000年 アメリカ 114分

デ・パルマ監督のSF映画。これがなんたる期待はずれ。なにがしたかったのかサッパリわかんない。オチがどうのこうのというよりも、最初の展開からナニコレ的な。最初に火星に向かうのも場面転換していきなり数年後に火星についたところに変わっちゃうし、あとを追いかけて行く人たちもなにか緊張感がないし、リアリティが・・・で、最後の火星人(~_~;) 映画の中で宇宙人だしたら外しますよねー
うーん。パルマ監督の映画、先にこれ見てたら他の見てなかったな(笑


posted by 映画のせかいマスター at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

マネーボール #1717

2011年 アメリカ 133分

野球好きなら絶対見ておかないといけない映画。日本もそうだけど、金持ち球団だけがいい選手を集めて常勝軍団を形成していく中、セイバーメトリクスと呼ばれる分析で、年俸が安くてもいい選手を集めて、黄金時代を作ったアスレチックスのドキュメント。映画化に際しては、少しドラマ的な要素も入れて、実際の選手も実名で出てきたりしているが、もちろんそれが嫌で出て来なかったり別の設定になっているところもある。

野球はかつてはスポ根と呼ばれ、根性論で形成されていたが、最近は理論的なのが当たり前になっていて、中高生でも理論的な野球をしなければ監督が首になったりしてるみたい。野球マンガもリアルなの多いし、あなどれません。ドカベンとか好きだったんだけど、今は売れないかなー。

posted by 映画のせかいマスター at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

みんな〜やってるか!#1709

1995年 日本 110分

ビートたけし監督とクレジットされてるところからわかるよう(その前にタイトルでわかるけど)、コメディ、というよりギャグ映画。昔やってたコント番組、名前がどうしても思い出せないんだけど、ゴルゴ北野とかそんな殺し屋コントとかやってた、とにかくそういう番組を思い出した。下ネタさえなければ子どもにお勧めなんだけど^^;

ひとネタ三分以下のコントの繰り返しで、どんどん話が大きくなって行く。ダウンタウン松本の大日本人はこの映画の影響じゃないかな?単純に笑えるネタあり、超クダラナイねたあり。日本ではコメディ映画がなかなか出ないんで、こういうおバカコメディは貴重なのかも。

もしかしたら封印されそうな映画だけども、一度は見ておきたい作品です。

posted by 映画のせかいマスター at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

まほろ駅前多田便利軒 #1663

2011年 日本 123分

三浦しをんの直木賞受賞作。原作は私も読んだが、映画は原作の雰囲気をよく表している。便利屋の多田の所にたまたま現れた中学の同級生行天。名前のインパクトが消えぬままに、奇行を繰り返す。何かを失ったままの多田と、何も持っていないようで、実は持っている行天。二人の不思議な友情ストーリーは、引っ越して飼い主を失くしたチワワ、その新たな買主のコロンビア人ホステス、ホステスにつきまとうストーカー、そして裏で町を動かす若い男などを巻き込みながら続いていく。

不思議な感じの行天に松田龍平、時に熱血な多田に瑛太、他本上まなみ、柄本佑らが出演
三浦しをん映画は外れない。
posted by 映画のせかいマスター at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

名探偵コナン 天空の難破船 #1644

2010年 日本 102分

シリーズ第14作め。作者のマンガである「まじっく快斗」(現在も不定期連載中)より怪盗キッドが登場。テロ組織赤いシャムネコと戦う。大阪から服部平次と遠山和葉がコナンに味方し事件解決を手伝うんだけど、TVシリーズ見てないんで、新キャラばかりでよくわかんない(笑)

飛行船の中で細菌テロと爆弾、空の密室モノで、緊迫感があるけど、空に放り出されたり、外部から敵が侵入したり、外との連絡もあるので、密室好きの私にはちょっとマイナス。

この映画の予告編見てコナンシリーズ見ようと思ったんで、設定はなかなかイケてます。
posted by 映画のせかいマスター at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

マチェーテ #1616

2010年 アメリカ 105分 ロバート・デ・ニーロ

冒頭からダニー・トレホのバイオレンスシーン。スティーブン・セガールも出てくるし、これはもしかしてデ・ニーロ映画じゃないな⁈と思ってたら、命を狙われる議員の役で登場!主演作でなかったらずいぶんと映画そのものの雰囲気が違いますな〜。途中で見るのやめようかと思ってたら、ど迫力のままどんドン話が進むんで、一気に最後までみちゃった。不死身の殺人鬼、殺し方もウケ狙いとしか思えないようなの連発で、気持悪いったらありゃしない。これ、そもそも、偽の予告編を実際に作っちゃった映画らしいけど、もしかしてギャグ映画?みんな真剣なフリしてやってくれるよね、全く^^;次々に送り込まれる刺客、裸の美女、そしてやっぱりチョイ役で終わらないデ・ニーロ。

いやー久しぶりにパワーあふれるわけのわからない映画見たなー!

posted by 映画のせかいマスター at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

真木栗の穴 #1557

2007年 日本 111分

ちょっとB級っぽいホラーサスペンス。なぜかこの手の話、好きなんです。折原一の天井裏の散歩者とかね。覗き趣味ってこと?てへへ。

さらに、小説家が書いた話が本当になったり、現実と空想が入り乱れたり・・・。無駄な登場人物がほとんどいないのもいいです。あわよくば女編集員も話に絡んで欲しかった。

posted by 映画のせかいマスター at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

マザーウォーター #1540

2010年 日本 105分 小泉今日子

スローライフ・ムービーとして、食や暮らしを見直すような作品。

セツコ:小林聡美 - ウイスキー・バーの店主。
タカコ:小泉今日子 - コーヒー店の店主。
ヤマノハ:加瀬亮 - 家具工房の職人。
ハツミ:市川実日子 - 豆腐を作る女性。
ジン:永山絢斗 - 銭湯の手伝い。
オトメ:光石研 - 銭湯の主人。
マコト:もたいまさこ - 街を散歩する老女。
ある人:伽奈
(Wikipediaより)

ゆっくりした食事シーンとか、豆腐屋の前の椅子で豆腐を食べて帰ったりとか、ウィスキーしかおいてないバーで飲んだりとか、ベランダで食事したり、赤ちゃんの世話をその辺のおばちゃんがしてくれてたり、緩やかに流れる時間・時間・時間・・・。

こういう暮らしがいいよね、とよく思うんだけど、ついつい見てて退屈してしまった私は現代病から逃れられそうにない・・・!

posted by 映画のせかいマスター at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

毎日かあさん #1509

2011年 日本 115分 西原理恵子原作映画

小泉今日子と永瀬正敏の元夫婦が、夫婦役で共演ってことでも話題になった。やりにくくなかったんだろうか。だいぶ時間も経ってるし、プロだから・・??でも全然違和感なくって本当の夫婦みたいだった。小泉さんは普段通りの演技だけど、原作者の西原さんそっくり!

話としてはTVドラマ「崖っぷちのエリー」のその後編みたいな感じ。子供がボケててかわいいのと、なにか愛を感じる。この人の原作の話はみんなそうだけど、言葉はキレイじゃないけど、なんか愛があるんだよねえ。


posted by 映画のせかいマスター at 17:16| Comment(1) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする