2019年07月02日

ナミヤ雑貨店の奇蹟 #2675

2017年 日本 129分 東野圭吾

1980年と2012年が時空を超えて手紙のやり取りをする。過去から来た手紙に返信する現代の若者、未来から来た手紙に返信する過去の老人。お互い姿は見ることができないが、手紙を通じて話し合える。相談者が多様で、そろぞれ少しずつ接点があったりするところは、自分の好きな群像劇なんだけど、無理やりこじつけ?(笑)た部分もあるんだけど、面白かった。

子供を生むか悩んでいた母親の死を新聞で知り、無力だったと思っていた老人は、その娘にあうことで真相を知る。泥棒に入った若者三人組がアドバイスした娘はそのとおりに成功を収める。聞いたことがある歌を作っていた青年に、あなたの歌はきっと後世に残ると伝えるが、青年はあえなく死んでしまい。。。

などなど、現代では使われなくなった手紙というツールで織りなすドラマ。。昔は雑誌で文通相手募集とか、手紙って重要なツールだったよなー。私の文通相手今何してんだろう?^^

劇中歌のRebornが最後に山下達郎の歌で流れてきたとき、最初気づかなかったけど、驚いた!
posted by 映画のせかいマスター at 07:28| Comment(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

集団左遷(連続ドラマ2019)#2674

2019年 TBS系 全10回

日曜劇場枠。池井戸作品と比較されて、あまり評判は良くなかったみたいだけど、自分的には面白かった。福山雅治、前半と後半でちょっと変わった気もするが、爽やかでクールな支店長役が似合っていた。半沢直樹で敵役(今回で言えば三上博史)だった香川照之が福山の腹心の役で登場し、最初はなぞの人物だったんだけど、キーを握る役になっていった。あと、尾美としのり。端役かと思ったら最後に見せ場が!手帳を渡すシーンは感動的だった。

で、前半も後半も圧倒的な巨大な悪役として三上博史が顔芸含めて、暗躍した。一時は市村正親頭取まで巻き込んで、ネットでも話題だった。

原作は江波戸哲夫、読んではないけど、ドラマ化されるシリーズをまだ書いてほしいなー。後半の舞台が日本橋支店だったんで、この前日本橋行ったとき観光しにいっちゃった
posted by 映画のせかいマスター at 09:46| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

わるいやつら(松本清張連続ドラマ2007)#2673

2007年 テレビ朝日 全8回

黒革の手帖、けものみちに続く米倉涼子の松本清張連続ドラマ三部作のラスト。題名は「松本清張・最終章わるいやつら」
原作と大きく違うのは、原作ではあまり姿が見えない、でもキーを握る人物である看護婦が主人公で、米倉涼子が演じている。原作の主人公の医師が上川隆也で、愛人が余貴美子。原作の見事なラストは書き換えられて、医師の裁判シーンまで入っている。

普通の看護師だった主人公がだんだんと成長?していく姿は、逆にフレッシュでこれが三部作の第1作めじゃないかと思ったくらいだった。

ラストのどんでん返しはやっぱりしっかりあって、医院を乗っ取ったのが、これまたちょっと違った別の人物だったってことと、ヒロインが医師に再会し、その後の恐怖。。。!
posted by 映画のせかいマスター at 13:51| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

スパイラル〜町工場の奇跡(ドラマ2019)#2672

2019年 テレビ東京 全7話

 ハゲタカのスピンオフドラマ。原作はハゲタカ4.5から。ハゲタカで渋い役をしてた芝野が主人公。玉木宏よりもっと歳で渋い人を連想してたけど、まーそれなりだった。町工場マジテックが工学博士の死により娘の貫地谷しほりがあとを継ぐんだけど、赤字経営でうまくいかない。そこに企業再生家としてやってきた芝野だったが、銀行のときのライバル眞島秀和に狙われ、外資ファンドに買収されそうになる。今回眞島さん徹底的な汚れ役。ハゲタカにもたしか出てきたホライズンキャピタルは女社長の真矢みきが、虎視眈々と狙っている。

最終回までずっとピンチの連続で、最後の最後で著作権を公開することでピンチを脱するんだけど、ずっとストレスの貯まる展開だったなー。半沢直樹みたいに一話ずつ山場があって乗り切って、みたいな感じがいいのかも。でもその分リアリティあってよかった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:36| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

男たちの旅路第1部(NHKドラマ1976)#2671

1976年 NHK 第1部三話

 ガードマンを主人公に、戦争を体験した世代の鶴田浩二が、若者を嫌っていて、一緒に働く森田健作、水谷豊、桃井かおりらと交わっているうちに、自らの話をするようになる。セリフにもあるようにカッコイイことばかり言ってるんだけど、それを実直に行動で示してる。一生やり続ければ本当になる、とか、、。

第1部は森田健作の母と鶴田浩二の恋愛を軸に、自殺しようとしてその後ガードマンになる桃井かおり、サボってばかりの現代風の水谷豊の掛け合いが中心。万引き捕まえたり猟銃持った強盗に入られたり、事件のたびに、鶴田浩二と若者の意見が対立する。

今回BSプレミアムカフェで、ドラマのあと鶴田真由と脚本家のひとが作品の見どころやポイントを解説してくれて、面白かった。昔のドラマでやってほしいなあ。その都度見ようっと!
posted by 映画のせかいマスター at 15:40| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

白い巨塔(五夜連続ドラマ2019)#2670

2019年 

 おなじみ山崎豊子の白い巨塔、1965年の小説が未だに新しいという。ブログでも書いてた記憶するけど調べたら田宮二郎の映画版だけだった
http://eiganosekai.seesaa.net/article/32389229.html

今回は岡田准一。なんとなく田宮二郎っぽい?w里見が松山ケンイチで、柳澤が満島真之介。沢尻エリカが愛人のママの役で登場。5日間いいテンポで展開していってあきさせないのはさすが。今回特にわかりやすかったかな。教授になりました、医療事故ありました。自身がガンなりました。あっという間の展開だけども、じっくりのところはじっくり。最後の自分だったら治せる自分のがん、ってのは切ないなー。
posted by 映画のせかいマスター at 08:05| Comment(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒い看護婦(ドラマ2015)#2669

2015年 フジテレビ系

2002年に久留米で起きた実際の事件のルポルタージュをドラマ化。原作読んでないけどほぼ大筋同じと思われる。主犯格の大竹しのぶが、言ってみれば一番の悪人なんだけれど、よくもまあ残り3人騙されたものだ。冷静になる隙きを与えなかったのだろうし、事件は得てしてこういうものだ。ドラマではあえてそうしてると思うんだけど、ウソっぽい電話とか、あからさまな騙しが当人たちにはわからない。人間は一回信じたものをずっと信じようとするし、殺人まで絡んでくるともう一心同体にならざるを得ない。事実は小説よりも奇なりとはよく言ったものだ!
posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

ふぞろいの林檎たち(ドラマ1983)#2668

1983年 TBS 全10回


再放送あったら絶対見たいと思っていたんだけど、なさそうなんでYouT○beで見た。シーズン1は2.3.7.8.9の5回しか載ってなかった。飛び飛びだけど、昔の記憶もあるのでおおよそ流れはわかっている。

ふぞろいの林檎とは、形が悪くて出荷できないりんごのことで、四流大学の落ちこぼれ学生を示す。その落ちこぼれ3人組が、サークルの勧誘で看護学校の2人組と知り合い、恋をしながら就職活動をしていくのがパート1。どちらかと言うと、それぞれの家族関係に重点が置かれている。中井貴一の家は兄小林薫の妻根岸季衣が病弱で子供が産めず、母親の佐々木すみ江にいじめられてる。お手伝いできた女性と兄をくっつけようとまでしてる。この小林薫が良いんだこれがまた。

中井貴一は風俗嬢の高橋ひとみに惹かれるが、国広富之と奇妙な同棲生活を送っていて、国広は中井貴一と触れ合うことで次第に温かい人間味を帯びてくるようになる。石原真理子とはくっつくようでくっつかない。くっつかないようでくっつく(笑)

時任三郎も兄弟が優秀でひとり落ちこぼれてて家族関係がうまくいかない。メンバーの中ではいち早く手塚理美と恋人になるが、喧嘩ばかりしている。アルバイトの警備員で一流商社の部長に認められ、一時は内定をもらい、みんなとの関係がギクシャクするが、部長の失脚とともに取り消しになってしまう。喜んでいた両親ともまた疎遠になり・・

ラーメン屋の一人息子柳沢慎吾は、それなりに甘やかされて過ごしてる。中島唱子と成り行き上?付き合うことになり、お小遣いを貰ったりしている。学内では後輩のグループにいじめられてる。

ラストどこで終わったか確認できてないが、サザンの音楽(ほぼ同じ曲が何度もかかる)とともに切ない青春の一コマが非常に懐かしいドラマだった。再放送やってくれー!
posted by 映画のせかいマスター at 07:53| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

大全力失踪(BSドラマ2019) #2667

2019年 NHKBS 全4回

2017年のドラマの続編。http://eiganosekai.seesaa.net/article/454405718.html

今回は友人に頼まれて怪しいツボを運んだばかりにヤクザに追われて失踪することになる。娘の結婚話しと絡めて、御曹司が詐欺にあってしまい、結婚が破談になるかどうか最後までもつれていく。漁港の漁師になったり寺の修行僧になったり、今回もまたいろんな体験をするんだけど、寺の尼さんが娘の結婚相手の本当のお母さんだったとか、そんなあるわけない偶然もありつつ、楽しく過ぎていく。腐れ縁の手塚とおるもまた活躍し、続編も見たいけれども、もうネタ切れかな?(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 11:39| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

新・ミナミの帝王 親の心子知らず #2666

2019年 68分

千原ジュニアのシリーズ17作目。竜一が婚活サイトで出会った宮地真緒。きつい性格で破談になりかけたが逆に打ち解ける。その後彼女はサイトで出会った男に騙されて1000万円取られるのだが、萬田が嘘の資産をちらつかせてつなぎとめる。最初は復讐のつもりで経営を手伝うのだが、、、

一方で彼女の母親が詐欺グループに狙われる。シロアリ、リノベーション、騙しやすい人のリストが回って三重苦に。詐欺グループのリーダーの女を竜一がコマして、逆転を狙う。

千原ジュニアはすっかりいい人キャラになっちゃった(笑)し、大東駿介はお笑いキャラ(笑)とはいえ世間にはびこる身近に迫る悪を退治して注意喚起、勉強になります(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする