2017年03月11日

ヘイトフル・エイト #2477

2015年 アメリカ 167分 クエンティン・タランティーノ

 大雪の中馬車に乗る男女、そこへリンカーンの手紙を持つという黒人が合流し、さらに保安官も同乗した。雪で服飾店に避難するがそこにはあやしげな男が3人。集まった人間たちはほぼ孤立した環境の中、お互いを信頼しようとせず、口汚く罵り合う。

 タランティーノ初の密室ミステリーという触れ込みで、実際は違うんだけど、雪の山荘で起こる事件を描いている。タイトル通りみんな悪者で(登場人物は9人なんで、誰か一人は悪くないってことなんだろうけど、それが誰かは見る人が決めるようになっている)、罵詈雑言、暴力が飛び交う。

 この部屋だけで十分タランティーノの世界観を味わうことができて満腹なんだけど、事件は一気に起こる。バタバタと殺し合う登場人物たち、そして最後に残る二人はこの映画初の?!共同作業をやりとげる。最後に読み上げられたリンカーンの手紙が虚しく響くのだ。

 長い映画だが、すっかりタランティーノの世界にハマってしまいあっという間だった。新作楽しみな監督の一人だ
posted by 映画のせかいマスター at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

ユージュアル・サスペクツ #2476

1995年 アメリカ 105分

アクロイド殺しを元にして計算された脚本でアカデミー脚本賞を取った映画。回想しーんとかラストのどんでん返しとか、よく練られているのはわかるけど、一回見ただけじゃよくわからなかったー。
こういうの好きなんだけどね。ぜひ日本映画で誰か挑戦してほしいわー
ラストになっても残る謎がたくさん、ネットで話題になりそう
posted by 映画のせかいマスター at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

お母さん娘をやめてもいいですか(NHKドラマ2017)#2475

2017年 全8回

斉藤由貴の娘離れができない母親役が話題になった。ホラーの対象って最初は謎の殺人鬼が閉鎖されたコミュニティを襲うってとこから始まって、最近のは隣人が怖いとか、ついには家族が怖いみたいなところになってきた。
このドラマではホラー一歩手前と言うか、完全にいってしまってたわけではなかったんだけど、それでも最初はインパクトあったし怖かったー。今後こういうの増えるかも。エポックメイキング的なドラマになる可能性はありますね。井上由美子さすが。

お父さん役の寺脇康文が仕事も大変ながらもそれまで向き合えなかった家族に向き合おうとするのだが、相手も大人だし今更大変みたいな部分が同性ということもあって共感できた。恋人役の柳楽優弥も普通でよかった。母と子を二股かけるかと思ったw
波瑠ちゃん輝いてるね
posted by 映画のせかいマスター at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

陽のあたる場所 #2474

1951年 アメリカ 122分

金持ちのご令嬢とそこ辺の女と二人の間で揺れ動く男が陥ったのは・・?
よくあるパターンでそこ辺の女は素直で性格よくってご令嬢はおしゃれで上品。私ならどっちを選ぶかなー(笑)で、そういう偏見がラストの悲劇を生むんだよね。逆だったら事故で処理されてたりして。

心理描写がうまいとかよく書いてあるけど、古めかしいよくある話、で終わってしまった。今だったらもっと裁判のシーン入れてサスペンス風になっちゃうかな??
posted by 映画のせかいマスター at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

アフェア2 情事の行方 #2473

2015年 全12回

シーズン3が最近終わって好評のシーズン2。前回シーズン1は、アリソンとノアに子供が生まれて幸せそうに暮らしてるけど、どうやらひき逃げ事件の容疑者になってるみたい、ってところで終わった。

1はなんだかノロノロ進んで不倫の話?なに?って感じだったのが、2はそれぞれのパートナーや親とかいろんな視線から話が膨らんできて面白さもスピードアップしてきた。ラストではひき逃げ事件の全容が明らかになる。
主人公のカップルそれぞれも裏の顔があったり、関係者も増えてきた。

この話3で終わったのかな??
posted by 映画のせかいマスター at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョン・カーペンターの 要塞警察 #2472 

1976年 アメリカ 90分 ジョン・カーペンター

劇場未公開のビデオ作品。2005年にリメイクされているので人気だった模様。移転が決まってスカスカな警察署に囚人の移送途中に立ち寄った警官と囚人、ストリートギャングに娘を殺され復讐した父親、移転準備中の警察官などが集まった。そこへギャングが襲ってくる・・。

ギャングたち、なかなか姿を表さず最後は一挙にやってきて、まるでゾンビ!人間模様もしっかり作ってて、囚人がいつ反乱するのかと思ってたら結構良いやつだったw
社会ドラマ的にもおもろい
posted by 映画のせかいマスター at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ズーランダーNo.2 #2471

2016年 アメリカ 102分 ベン・スティラー

2001年のズーランダー #149の続編。わざわざ続編作るほどの・・あ失礼。前回からの16年後を描いてて、相変わらずのおバカっぷりが面白い。アメリカ映画はこういうノリが良いなあ。

本人役でジャスティン・ビーバー、キーファー・サザーランド、なんとスティング!、スーザン・ボイルなどなど多数の有名人がゲスト出演してる。ミラ・ジョヴォヴィッチなんてマスク履いだらミラ出てきてそっからバトルシーンなんで、凄い扱い(笑)

場面場面の展開が思いもよらぬバカ展開なのが逆にすごくて感心した。
posted by 映画のせかいマスター at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

人斬り #2470

1969年 日本 140分 五社英雄

幕末物語を豪華キャストで送る・・のはいいんだけど、岡田以蔵=勝新太郎、坂本龍馬=石原裕次郎、武市半平太=仲代達矢で、仲代は結構似合ってるんだけど、あとは好き勝手に自分のキャラでやってる感じ。まあそれがいいんだけどね。裕次郎は龍馬っぽく見えないなあ(笑)

司馬遼太郎の原作を基にして橋本忍が脚色、五社監督の大胆な演出も光ります。田中新兵衛役で三島由紀夫が登場!この翌年割腹するんですよねえ。
posted by 映画のせかいマスター at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダーク・スター #2469

1974年 アメリカ 83分 ジョン・カーペンター

ジョン・カーペンター監督の処女作。2001年宇宙の旅が1968年で、その影響なのか当時こういうの流行ってたのか、コンピューターと掛け合い漫才的な会話して宇宙でトラブル回避してて笑える。スターウオーズのC3POみたいな、でもかなり安物チックな風船割ったら破裂するロボに殺されそうになったり、すげーピンチなのにどーでもいいような危機回避したりして、宇宙をさまよい続ける。4人の乗組員はそれぞれ個性的でもしかして島流し?みたいな。

宇宙人もでてこないがカーペンターさすがやな
posted by 映画のせかいマスター at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の中にいる他人(NHKドラマ2017)#2468

2017年 全7話

「黒い十人の女」に続き60年代の映画リバイバルブーム!?しかし60年代にこういう映画が作られていたってのは凄いな。初回から親友の妻と不倫しててプレイが行き過ぎて絞殺してしまい、帰り道にその親友とバッタリ会って酒を飲んで帰る。

妻にはかつて親友を裏切った過去があり、その親友がこの事件を嗅ぎつけて、夫婦はそれぞれの親友から脅されることとなる。逃げ切ろうとした夫婦だったが、動かぬ証拠が見つかり、翌日自首しようとした夫だったが・・・。

瀬戸朝香が復帰して、主役なんで板谷由夏をしのぐ悪さを発揮するんだろうと思ってみているが、なかなか悪の部分は表に出てこない。しかし最終話で明らかに・・。妻を殺されたのに親友をかばう石黒賢の思惑はすぐに明らかに・・。

なかなかおもろいドラマでした。
posted by 映画のせかいマスター at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする