2020年10月12日

オリエント急行殺人事件 #2752

2017年 アメリカ 117分

ご存知アガサ・クリスティ原作の映画の新シリーズ。ケネス・ブラナー主演で、この人知らなかったんで60近くなってこういうロケ大変だろうなーと思っていたが、最近映画の出演者も年配の人多い。オリエント急行が雪で止まってから、事件が動き出す。結末はみなさんご存知だろうけど、それをもう一回巻き直して映画にするんだから、スケール感すごい。列車は本当に動くやつを作ったらしい、映画の後もどこかで走らせたら一儲けできそう。自分が〇〇してなかったことにしよう、っていう人間味あふれた主人公の苦悩もあり、ラストはすでに次回作を示唆してナイルに向かうところで終わる。今年公開されるので、弾みをつけてシリーズ化かな?
posted by 映画のせかいマスター at 08:37| Comment(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵 #2751

2016年 TV特別版

金曜ロードSHOW!で放送されたスペシャルアニメ。高校生の工藤新一が登場し、遊園地のあの場所を経て、黒の組織に小さくされるシーンが描かれる。後半はなんかダイジェストみたいになっちゃった。最近のは登場人物が入り乱れて、映画版しか見てない私にはややこしいんで、これくらいのが丁度いいかなw
posted by 映画のせかいマスター at 08:42| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

DESTINY 鎌倉ものがたり #2750

2017年 日本 129分

三丁目の夕日の西岸良平の原作漫画を映画化。魔物や妖怪と共存するという鎌倉の町で、謎解きミステリーやほのぼのとした事件を扱ってる。一見くだらなさそうな設定だけど、原作も読みたくなった。映画は夢に出てくると気持ちよさそうな空飛ぶファンタジーや、夢に出てくると怖そうな魔物たちがちょいちょい出てくる。死人が乗っていく江ノ電ふうの黄泉の国への電車とか、生と死がそんなに隔たって無くて、死んだら魔物として甦ようっていう感じなのが、最初はつまらんと思ってたのがいつの間にか楽しく見れていた。
堺雅人、高畑充希主演に豪華出演陣が脇を固めまくっている。
posted by 映画のせかいマスター at 08:24| Comment(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月03日

半沢直樹(池井戸潤ドラマ2020)#2749

2020年 TBS 全10回

7年ぶりの続編。どんどん回収額が大きくなってくるw前半はIT企業の乗っ取りの話、後半は航空会社の立て直し。一般人には銀行がここに絡んでくるとあまり知らなかった。歌舞伎アベンジャーズ(笑)が要所要所で締める。誰かが裏切って、誰かが助けに入って、二転三転のピンチからの大逆転。シリーズの流れを汲んで、視聴者の期待通り、勧善懲悪がなされるところは今回もまた社会ブームになるくらいの名作だった。

香川照之の大和田常務は原作ではお役御免なんだけど、やっぱりTVシリーズには欠かせない。今回も悪なのか正義なのかどっちとも取れる重要な役どころで、アドリブ?の名セリフは笑えた。東京03、アンジャ児島、江口のりこ、脇役まで、出てきた人はみんな得してるんじゃなかろか。職人ぶりがどれも良かった。最終回見てちょっとロスって、書くエネルギー減少、最終回前にレポ書いとけばよかった
posted by 映画のせかいマスター at 09:12| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

借りぐらしのアリエッティ #2748

2010年 日本 94分 スタジオジブリ

メアリー・ノートンの著書『床下の小人たち』を原作として、宮崎駿が脚本し演出している。人間に見られてはいけないと、人間が使うドールハウスを間借りして暮らしている小人の家族。ある日、人間の少年に姿を知られてしまい、、、。というジブリらしい展開。動物や魚との大小関係がファンタジー!実は家族の他にも小人族がいる事も知り、強く生きていこうとする矢先、母親が人間に捕まって・・・。

メインは少年との触れ合い。少年は小人が存在することを否定しようとせす、ラストは小人の少女がなんだか大人びて見えて、まるで恋愛シーンのようだった。不気味さのあまりないジブリファンタジーで結構好きだった
posted by 映画のせかいマスター at 17:24| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

7つの会議 #2747

2019年 日本 119分 
池井戸潤
NHKのドラマがなんか暗くて印象に残らなかったんだけど、この映画版は面白かった。ちょうど半沢直樹の主演者が出てるのも良かった。主人公はNHKでは課長の映画では及川光博がやってた役だったが、映画版は問題社員の野村萬斎が主人公。最初はどうしようもないぐうたら社員ふうに見させておいて、だんだんと会社の闇を暴くディテクティブ役ヘ。

だんだんと映画の視点が変わっていくのも面白い。最初は及川光博。退社予定の朝倉あき、飛ばされた岡田浩暉、営業課と対立している会計課の藤森慎吾などなど。。で、及川光博が真実に迫ってきて・・。
posted by 映画のせかいマスター at 09:51| Comment(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

コクリコ坂から #2746

2011年 日本 91分 スタジオジブリ

 原作はなかよし連載の漫画らしい、ちょっと意外!?仲良くなり交際に発展しそうな思春期の男女が、実は異母兄弟!ここから禁断の愛。。じゃなかった苦しみが始まり。。。といえば、やっぱり少女漫画的??話の展開よりも、時代を感じさせる歌や、背景に目が離せなかった。朝鮮戦争で父親がなくなっていたり、とか。

 結局父親が残したもの、反発するものばっかりだったけど、それに迷わされてしまう若者、そして立ち上がってく姿、形や大小はあれど永遠のテーマかな
posted by 映画のせかいマスター at 10:34| Comment(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

来る #2745

2018年 134分 日本 
中島哲也

ホラー。主役と思ってた妻夫木聡と黒木華が、中盤で姿を消し、岡田准一、小松菜奈(最後まで誰だかわからなかった^^;)も追い込まれていく。最後の砦の松たか子は全国から霊能師を集めて、一大バトル?になるのだが、、、。
消え方も謎を残してて、途中からはどんどんエスカレート。セットとは言え、あんなぶっ壊して血みどろにして、スタッフが次々呪われたりとかしなかったのかなーとか心配しちゃう。

ただただとにかく怖いのは間違いない!映像はすごいの一言!原作のタイトルを変えてまで映画化して、ぐいぐいの展開でした!
posted by 映画のせかいマスター at 19:53| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? #2744

2017年 日本 90分

ぺこぱふうに言えば「時を戻そう」なアニメ映画。実は1995年にドラマ版で岩井俊二監督が50分のifもしもを描いたののリメイク。ヒロインを巡って主人公が、こんなことならああしておけばよかった!ってのを巻き戻して再挑戦。でもやっぱり別の横やりが入ってなかなか理想通りにはいかない。2回め3回目の時間戻しで、どうなる??

少年時代のどうでもいいことに夢中になって、花火が横から見たらどう見えるとかを追求する主人公以外の友達と、それどころじゃないけど自分しか知らない展開に必死になる主人公。少年時代のつまらない喧騒が懐かしい。ヒロインは両親が離婚して新しい父親と転校することになるのだが、、、
結局最後どうなったのかなー??
posted by 映画のせかいマスター at 08:36| Comment(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

キングコング 髑髏島の巨神#2743

2017年 アメリカ 118分

今までの作品とは繋がりないけど、今までの流れを踏襲して進化させた最新作。巨大生物の島に取材に行ったチームが、巨大キングコングに出会い、他の生物に襲われつつ、ピンチを如何に脱するかてきなやつ。

なんと言ってもコングの大きさに圧倒される。生物学的にあれだけの大きさに成長するためには、その分の栄養をどう取るのか、もちろん架空の世界なので解明されることはないけど、もしかしたらいるんじゃないかとか、つい思ってしまうような映像のリアルさがいいかな。ありえないことを現実!にしてしまうのが映画。なのでちゃちだとお笑い草?とにかく圧倒される
posted by 映画のせかいマスター at 08:06| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする