2018年11月26日

脱脱脱脱17 #2616

2016年 日本 108分

 松本花奈監督の17歳のときの作品。高校生にこんな映画作らせる制作スタッフなんなの??って思ってしまった。誰かプロデュースしてるんだろうけど、じゃあ高校生が映画作ります、でこれができちゃうっていう。才能は確かにあるだろうし、情熱大陸で見たけど、自分で考えてやってるみたいだし、すげーな最近の若者は。

 話は北澤ゆうほの歌とともに、おしゃれなところはおしゃれに、ダサくて人間臭いところはダサく進んでいく。ストリップ劇場でバイトしてステージ上がるときはドキドキしてもーたー(笑)今後も要チェックですね
posted by 映画のせかいマスター at 08:32| Comment(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚相手は抽選で(垣谷美雨ドラマ2018)#2615

2018年 テレビ東京系 全8回

大人の土ドラ枠。原作者の垣谷美雨さんはまだマイナーなのかもしれないが、ほとんど読んだ。どれも安定安心のストーリーで読み終えてホッとする。今回はSFチックと言うか、でも近未来本当に起こってしまうんじゃないかという強制的に結婚相手を決める法律が通ってしまってそこで巻き起こるドタバタを描く。4人の登場人物、野村周平と大谷亮平、高梨臨と佐津川愛美が段々と回を重ねるごとに近づいていくのが盛り上がってきて面白かった。野村周平は本当にオタクの情けないキャラに見えた!そこに絡んでくると思えた大西礼芳は意外な役どころで、担当大臣若村麻由美を揺さぶる。
posted by 映画のせかいマスター at 08:20| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

もののけ姫 #2614

1997年 日本 133分 スタジオジブリ

 石器時代を舞台に、もののけ=ばけもの??との闘いや、部族間の闘いを描く。弓で腕がぶっ千切れたり、凄惨なシーンも多い。133分、これまたいろんな解釈の出来そうな部分も多く、岡田斗司夫は冒頭10分だけでそーとー長時間解説入れてるw
冒険譚としては、見てる側が想像もつかない展開で面白かったが、きもちわるーww
posted by 映画のせかいマスター at 16:11| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハゲタカ(NHKドラマ2007)#2613

2007年 NHK 全6話

最近あった民放のとついつい比べてしまう。nhkのはかなり評判良くって、10年経ってるとは言えやりづらかったろうに。こっちのは鷲津が人間味があって、解雇されて怒り狂ったりしてるけど、最近の綾野剛のは冷静沈着で少しキャラが違う。企業のあり方もこの10年で大きく変わってきているようにも思うし、日本型経営がそのうち見放されるかもしれない。ハゲタカは時代時代で変化しそうなんで、シリーズ化して続いてほしいところ。
鷲津が大森南朋、芝野が柴田恭兵。テレビ記者役で栗山千明が出演
posted by 映画のせかいマスター at 15:56| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

紅の豚 #2612

1992年 日本 93分 スタジオジブリ

 飛行機乗りの物語。主人公はなぜか豚。ネット情報では自分で自分に魔法をかけて豚になったとかなんとか。そこはまあ宮崎作品ってことで。逆に素晴らしい発想!
 で、豚であること以外は糸井重里のキャッチコピー「カッコイイとは、こういうことさ。」にあるよう、ガッコいい主人公の話。フランス映画でも通用しそうなところをあえて、お笑いキャラも入れてアニメ風にしている感じ。飛行機乗りとか身近にいないんで親近感はないけども、豚ってことで親しみやすいキャラにはなってる。

声優もなにげに豪華で加藤登紀子、桂文枝、上條恒彦らが出演。
posted by 映画のせかいマスター at 09:35| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

ぼくのおばあちゃん #2611

2008年 日本 123分

 菅井きん追悼でBSでやってた。住宅の営業の岡本健一が現在の家族と、お客さんの新築でおじいちゃんを施設に入れるかどうかでぶつかってる家族を通して、自らの幼少期のおばあちゃんとの思い出を振り返る。現在と過去を代わる代わる写していく手法だが、途中過去が長くてあれ、現在はどうなってるんだっけっていうじかんがあったかな。
 高齢化社会で避けては通れないテーマ。
posted by 映画のせかいマスター at 15:25| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

ディスタービア #2610

2007年 アメリカ 104分

 不祥事で足に範囲外に出たらアラームがなる装置をつけられてしまった青年、身動きできない状況で、近所の怪しい男が犯罪を犯してるんじゃないかと嗅ぎつけ、捜査することに。しかし自らは動けないゆえ、仲間に頼んでITを使った駆け引きが始まる・・。

 身動き取れない状況ってのは興味深いし、やることないから近所を覗いてて怪しい男を発見するところまでお見事。10年経つとガラケーだったり、スピードが早すぎてすぐに古くなってしまうのが欠点。スピルバーグも参加してるらしいが、どことなくスピルバーグふうな感じも
posted by 映画のせかいマスター at 17:25| Comment(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

東京暮色 #2609

1957年 日本 140分 小津安二郎

 小津監督原節子出演なんで、ほんわかドラマかと思ったら、やたら重い話だった。笠智衆父の一家がまず複雑で、長男は死んで、長女は出戻り、次女が未婚で身籠り、父と折り合いが悪くなる。次女役の有馬稲子は笑顔もなく、ラストでも悲しい結末に・・。

 パチンコ屋マージャン屋、当時の遊びってこんな感じなんだなーとしみじみ。
posted by 映画のせかいマスター at 08:22| Comment(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

東京流れ者 #2608

1966年 日本 89分

鈴木清順監督、渡哲也主演。
テーマ曲、どこかで聞いたことのあるようなすぐ覚えられるいい歌。なんと作曲者不明の昔からある歌らしい。ヤクザの話で、昭和ムード曲みたいな雰囲気の映画。今見たら少し濃いけど。カラーが美しくって、白地の部屋に白のピアノ、白のスーツ、、、そこに滴る赤い血!みたいな独特の世界観が良かった

posted by 映画のせかいマスター at 13:56| Comment(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

けんかえれじい #2607

1966年 日本 86分

鈴木清順監督、高橋英樹主演。たしかに昔は喧嘩とかしてたなー(笑)現代では物騒でこんなことしたらすぐ逮捕だな。なんて書いてたら他に書くことなくなってしまう(笑)喧嘩の漫画とかあったしね。一つのテーマになり得た。
で、今回の主人公も喧嘩には強いが女の子には弱いっていうw
爽快な気分で見れた
posted by 映画のせかいマスター at 15:21| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする